紅音ほたる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Bouncywikilogo.gif
ユーモア欠落症患者のために、性欲を持て余したウィキペディアの専門家気取りたちが「紅音ほたる」の項目を執筆しています。

紅音ほたる(あかね-)とは、日本を代表するAV女優である。彼女は元々クジラだったということはあまり知られていない。身長は157cmで1hydeを僅かに超える。

略歴[編集]

元々の姿。

1983年10月25日、雌のクジラとして太平洋のどこかで生まれた。本来ならそのままクジラとして過ごすはずだったが、山月記の逆で人間になってしまったのである。

とりあえず人間として生きていくしかなくなり日本に住み着いたが、人間になったときクジラ特有の潮吹きが何故か***の部分に機能が移っていたことに気付いた彼女は「AV女優になれば売れる!と考え、も悪くはなかったためAV業界に吸い込まれていった。

人間にも***から水が噴き出すという所謂潮吹きをする機能はあるが、量が対して無い場合が殆どである。しかし彼女は元々クジラであるため、人間離れした量の潮吹きができるのである。その特技(?)により世の中の男性の心を鷲掴みし、ある程度は人気のAV女優となった。

しかし2008年9月に、『週刊プレイボーイ』9/15号において元々クジラであることが判明。潮吹きがセコいだのなんだの言われたため、引退することとなった。今後は大人のおもちゃの販売に手を入れるということである。なお、大阪出身なのであと30年くらいたてば大阪のおばちゃんの1人となるであろうと言われていた。

だが2016年夏、クジラの姿に戻り海へと帰ってしまったらしい。その後彼女がどのような人生もとい鯨生を送ったのかは不明である。

数々の伝説[編集]

オナニーして潮吹きする幼少期の紅音ほたる。まだクジラなのでロリ画像には含まれない。
  • クジラ譲りの潮吹きパワーは超人的で、天井まで届くこともあるという。AVの企画でギネス記録に挑戦する予定もあったという。ただし元々はクジラなのでヘリコプターを落とすくらいはできるらしい。全盛期のイチローのようなものである。
  • その超人的潮吹きのおかげで幾度と無くカメラを水没させ、破壊してきたらしい。性欲を持て余したカメラマンが潮を被りたい一心で撮影していたのが原因だろう。時には防水カメラを使うこともあるらしい。
  • 頑張れば潮吹きビームでイージス艦を沈めることもできるらしい。アメリカ軍にスカウトされたこともある…らしい。
  • 重度のポカリスエット中毒者であり、ポカリスエットが無いと不機嫌になることはAV関係者によく知られている。
  • なぜかは知らないが女性にも人気がある。
  • 何気に彼氏がいたことがある。しかし潮吹きは見る分には非常にいいがあれをやるときは非常に邪魔なためか別れてしまった模様。

出演作品一覧[編集]

ウィキペディアの方を参照してください。

Nayuki.jpg この節を書こうとした娘は途中で寝てしまいました
あとはファイト、だよっ。(Portal:スタブ)

その他[編集]

  • 有名な割には陵辱モノみたいなやつにも出演してたりする。
  • 何気にテレビや映画にも出ている。
  • 間違っても「あかおと」とか「こうね」とか「べにね」とか詠んではいけない。潮吹きビームでこの世から抹殺される恐れがある。

関連項目[編集]


この項目「紅音ほたる」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)