紅一点

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

紅一点(こういってん)とは、新緑に咲く一輪の花である。

概要[編集]

紅一点とは、新に芽吹く一輪の赤い花を指し、一般的には男集にただひとり混じる女のことを指す故事成語として使われている。しかし、果たしてそれでいいのかは様々な見地から疑問視されており、その後の節でそれを検証する。

語源[編集]

紅一点と呼ばれるは万緑叢中紅一点とも呼ばれるザクロであるという説が有力であり、そのザクロはあの世とこの世の境目に生える樹木であるとされ、死人への餞別に贈られる果実であることから、もともと紅一点には生者のなかでただ一人死んで異彩を浮かびあげるという意味があったと考えられる。

紅一点をビジュアルイメージに起すと上図のように万緑叢紅一点のメジアンから中を茎と花びらのイメージとして用いており、茎から枝別れする様を中の一文字で指す。紅一点のイメージにも沿ういいビジュアル化である。

人物像[編集]

紅一点と呼ばれる人には、用例通り枯れ尾花となって色が変わり今にも死にそうな人や緑の中に紅をさすほどの目立つ人、男集団の中にいる女性など、語源通りなんか浮いている人物を指すことが多い。

ただ、紅一点と呼ばれる花は大変美しいものであるとされ、果たして美人度が低い女性に紅一点の称号をつけていいものかどうか疑問視されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「紅一点」の項目を執筆しています。