約一名

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

約一名(やくいちめい)とは、特定の人間を攻撃するためのイヤミである。

意味[編集]

字義は「だいたい一名」という意味であるが、1.1名や0.9名などの表記がありうる割合や平均などの話題では使われない。したがって整数であるはずだが、けして0名以下や二名以上ではなく、きっかり一名の遠回しな表現である。

用法[編集]

「みんなよく頑張った、約一名を除いては」「我がクラスにそんな不届きなやつはおりません、約一名を除いては」などと、「~を除いて」というフレーズとともによく使われる。この場合、頑張ったことや誠実なことを賞賛したいのではなく、ある一名が失敗したり、不行跡だったりすることを批判することが目的である。

若干名も同じ意味で使われることがあるが、これは二名以上であることもあり、約一名の方が辛辣な表現である。

実例[編集]

  • SMAP森且行がよくこのようないじめに遭い、オートレーサーになるという名目で離脱した。
  • テレビアニメ『みつどもえ』のキャラクターソングvol.5 A面の「悪霊さん いらっしゃい!!」松岡咲子(葉山いくみ)で、
「はい 先生 提案です 次の授業 除霊式! クラスの中に 約一名 取り憑いてます 豚の霊」
という歌詞がある。これは主人公、丸井みつばに対するイヤミであり、みつばと咲子のクラスメイトは全員彼女のことだとわかっている。
  • モーニング娘ハロープロジェクトにおいて、中澤裕子が最年長、しかも平均を大きく上回っていることは周知の事実であり、ファンのみならずメンバーからも、自分が平均年齢以下であることを誇示するため、あるいは平均年齢以上であるがまだ若いふりをするため、さかんに「約一名、人生経験の豊富な方がいらっしゃいますが」などいうイヤミを言われた。中澤自身、そう言われたらグーでつっこむことを売りにしている。ただし、ドリームモーニング娘ではほとんどのメンバーが年齢について触れられたくないため、露骨なイヤミは控えられている。
  • 以上のように、不特定多数では本当に一名なのかよくわからないいため、3、4名より多い特定少数の中で使われることが多いが、AKB48は単独でアイドルとして成立するメンバーがほとんどいないため、「約一名音痴」「約一名盆踊り」「約一名デブ」などという表現の宝庫である。このように特定層のみに支持されているという評価を逃れる称号が、選抜メンバーおよびセンターポジションであるが、その治世がおおむね短いことからも、AKB48が一人一芸の無頼集団であることがわかる。しかし、全員無芸のオールナイターズで荒稼ぎをしていた秋元康としては、こんな商法はまだかわいい方である。