糸井重里

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「糸井重里」の項目を執筆しています。

糸井重里(いといおもり、もしくはいといしげさと、1948年11月10日 - )とは、C級コピーライター、マッドサイエンティスト。そして任天堂が初めて制作した「多趣味型RPGエロゲーMOTHERシリーズの生みの親。またエロゲー制作会社「東京糸井重里事務所」の社長でフィールズ株式会社社外取締役。現在はエロチックホームページ「ほも日韓イトイ珍聞」を運営、ダーリンを名乗り児童の新しいパパとなっている。

概要[編集]

糸井重里。鼻孔の大きさは随一で、両孔の幅は唇と同じ(橙色)、孔の高さは眼と同じ(赤色)である。

大学を中退した糸井は「楽な仕事で一生楽な暮らししたい」と思いつき、言葉で商売しようと思い「コピーライター」という職業を考案した。1982年に百貨店用に「スケベ、大好き」という強烈な言葉共にデビュー。その後「ヤラしい生活」などインパクトのある言葉で世間から注目を浴びる。

その後、卓越したセンスをロリコンで有名な変態宮崎駿に認められ、ロリコン系エロアニメ制作会社スタジオジブリに仕事を回してもらい食いつないでいた。

1989年、糸井に転機が訪れる。元から二次創作が好きい糸井はゲーム開発をしたいと思い、原稿用紙1000枚に渡り小説を書き任天堂に殴り込みした。しかし最初は「ぶぶ漬けでも食べてんか」と門前払いさせられた。しかしどうして諦める事が出来なかった糸井は箱が上げ底の和菓子を購入し、底になけなしの山吹色のお菓子を仕込み当時の首領の山内に直訴。山吹のお菓子に目が眩んだ山内はあっさりとOKを出し開発に着手した。

こうしてゲーム界に衝撃を与えたギャルゲー、「MOTHER」を発売しマザー信者を開拓した。この事でマザー信者からと崇められることに。ただし売れ行きはよくはなかった。

一時仕事に疲れ暫らく遊びたいを思い模索していたところ、たまたま見ていた雑誌に「キミも徳川埋蔵金を探してみないかい?」と胡散臭い徳川埋蔵金発掘サークルの広告を発見し、広告につられて徳川埋蔵金を発掘作業に私財をサークルに寄付して一緒に探す。しかし実は詐欺グループだと判明しまんまと騙されてしまい「世界唯一の土木作業」と自虐交じりのコメントを出した。

その後、「MOTHER2 ギーグの逆襲」の開発に着手。開発に時間が掛かったが当時の社員だった岩田聡が「エロゲーは時間が掛かっちゃいけないんだ!!」とプログラミングを一から造り直した。この岩田のさり気ない行為が糸井に「きゅん・・・」と甘酸っぱい気持ちを植えつけた。

また糸井は釣りが趣味で釣り関連のソフトを出すがMOTHERに比べたら全然売れず、ゲーム屋のワゴンコーナーでよく見かける光景を生み出す。

1999年、「MOTHER3 ~豚王の逆襲~」の開発に乗り出す。しかし前作を越えるボリュームに、当時の任天堂が開発した兵器、ゲームキューブの開発資金に回すため上層部の圧力により開発中止を宣告される。この事を知った多くのマザー信者が自殺をして社会現象になった。

12年後の2002年、山内から変わって社長に就任した岩田にトイレに呼び出され「時代遅れのジジイが去ったこの時にもう一回、糸井さんMOTHER3の再開発を、や ら な い か ?」とスーツを脱ぎながら糸井に言い。「ウホ!!良い社長」と禁則事項です

何はともあれ「MOTHER3」再開発が終了し「MOTHER3」を発売した。岩田との関係で糸井の性的趣向は変容し、その内容にさらに磨きをかけた結果、多くのマザー信者から「オッスオッス!!予想以上の最高淫作っスね!!自分、ヤっていいスか?」と過去最大級の絶賛が相次いだ。

糸井の有名な言葉[編集]

  • 「くう ねる オナる」
  • 「エンディングまで抜くんじゃない」(MOTHER

  (後に、一倉宏の考案によるものだった事が判明)

  • 「おとなもこどもも、だっちわいふも。」(MOTHER2
  • 「奇怪で、疑心暗鬼。そして、タツマイリ症候群。」(MOTHER3
  • 「愛は地球を巣食う」(堅物連中の陰謀により他人の言葉にされかけている。)
  • 「本当の主役は、アナルです。」 (24時間テレビ 愛は地球を巣食う)
  • 「犯たッ。」(RCサクセション・ポスター )
  • 「シコッて、ねむれ」 (パルコ・ポスター)
  • 「僕のアソコは世界一」(パルコ・ポスター)

ジブリ関係[編集]

  • 「この気違いは まだ日本にいるのです。絶対。」
  • 「輪姦(まわ)されたりもしたけれど、私はげんきです。」
  • 「ストーカーが、できました。」
  • 「死ね。」
  • 「目隠しのむこうは、北朝鮮でした。」
  • 「4歳と14歳で生きようと思った。」
  • 「二人で暮らした。」
  • 見えぬものこそ。」
  • 「猫になっても、いいんじゃないッ?」
  • タヌキだってがんばってるんだよォ」
  • 「私はワタシと旅にでる。」


デパート関係[編集]

  • 「性癖、新発見。」
  • 「スケベ、大好き。」
  • 「ヤラしい生活」
  • 「性欲発電所」
  • 「いいじゃない。」
  • 「ほしいものが、ほしいんやわ。けけ。」
  • 「いい悪臭(におい)がします。」

関連項目[編集]

この項目「糸井重里」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)