糞記事メーカー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

糞記事メーカー(くそきじ - )とは、糞記事を粗製乱造しアンサイクロペディアに投下する事でアンサイクロペディアに日夜貢献している、アンサイクロペディアの荒らしの一種である。時に皮肉を込めて英雄扱いされ顕彰されたりするが、糞記事メーカーと呼ばれるアンサイクロペディアンの多くは皮肉も理解できない幼稚低能な輩が多いため、自分は優良な執筆者として高く評価されていると勘違いし、戒めるどころかますます増長して糞記事の濫造に邁進するようになる。

概要[編集]

新規記事を見るたびにこう呟くのは、このサイトでは日常茶飯事である。

アンサイクロペディアは、編集に関する方針や規範こそあれど、基本的には誰でも編集できる自由な百科事典であり、なおかつ、姉妹サイトのウィキペディアのように著作権出典の明記削除の方針などにあまり口煩くないリベラルな立場を標榜している。しかし、ただ妄想を書き連ねればよいというわけではなく、一定水準以上の風刺諧謔、文章のセンスが要求される。何よりも百科事典という読み物である以上、読み手を喜ばせなければならない。ユーモアを売りにしているサイトであれば、なおさらである。

ところが、この点を理解しない厨房共がいる。彼らはアンサイクロペディアを自分の落書き帳やチラシの裏だと勘違いしており、自らの脳内で造成した醜い妄想をそのまま文章化して公のサイト上に垂れ流す。大勢の公衆の前にも拘らず路上で平気でオナニーして射精し、公衆にザーメンをぶっ掛けるような行為であり、こうした節度を逸脱した行為に、管理者をはじめ多くのアンサイクロペディアンは辟易するが、悲しいかな当人は気付く事は無い。彼らにも備わっているであろう羞恥心を喚起するべく、新着記事にそのオナニー文を晒してくれる優しい方々もいるが、彼らはそれを「受けが良かったから新着記事に載せてもらえた」と勘違いし、ますます天狗になる始末、救いようが無い。

また、{{NRV}}、{{fix}}などを貼り付けることで、恥を残さないように醜い行為の物証(記事)を削除してあげようとする優しい人達もいるが、そうすると恩知らずな糞記事メーカーは逆切れし管理者に食って掛かる始末であり、多くのアンサイクロペディアン達が扱いに手を焼いている。

一行記事や分量が少ない記事はすぐさま削除されるが、いくら文章が拙劣で、ユーモアを見出せない退屈な記事であろうと、ある程度(2500バイト以上あればまず安全圏)以上の容量をもつ長文は削除主義者達も削除を逡巡する傾向がある。その為、やたら長くて読みづらい(それらの記事は大抵稚拙な文体なので読むのに時間を要し、読んでるだけで頭が痛くなってくる)だけでちっとも笑えないという、どうしようもない記事が氾濫している。糞記事メーカーの中で一番厄介なのはつまらない長文を書く奴である。

糞記事メーカーの功罪[編集]

上述のように、糞記事メーカーはアンサイクロペディアにとって悩みの種になっているが、実は意外な形で彼らはアンサイクロペディアに寄与している。まず、彼らが糞記事を濫造した事で、管理者達の間に危機意識が高まり、アンサイクロペディアに求められる記事、ユーモアの質が向上、厳格化し、結果として低質な記事が淘汰され、サイトが洗練されるに至ったという点[1]、次に、これら糞記事メーカーの振舞や彼らが立項する糞記事が、「こんなユーザーになってはならない、こんな糞記事を書いてはならない」という反面教師になっている点、そして何より、彼らやヴァンダリストを含める厨房の存在が、削除主義削除主義者を正当化し、削除主義者はアンサイクロペディアに必要だと思わせる、アンサイクロペディアの保守化を促進、助長している点である。つまり、今日のアンサイクロペディアの秩序は、糞記事メーカー達が歳月を掛けて涵養したといっても過言ではないのだ。

脚注[編集]

  1. ^ 2007年ごろまでは架空国家、架空戦争の記事が氾濫し、織田信長(笑)やワンチン(笑)が秀逸な記事扱いされていた。

関連項目[編集]