米坂線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

米坂線(よねさかせん)とは、山形県米沢市新潟県村上市を結ぶ、日本の過疎田舎路線を全て凝縮したような、味のある路線である。名前の由来は米沢駅坂町駅から適当に取ったと思われがちだが、本当は「米が沢山取れる田んぼの中を走ったり、県境の山々を越える坂を上ったりする路線」という意味である。

概要[編集]

日本の一般的な田舎路線である。

上記の通り、山形と新潟を結ぶ路線である。田舎路線ということで当然、電化はされておらず、近年までは冷房もついてないような蒸し風呂状態の味のあるオンボロ気動車がもくもくと煙を上げて走る路線であったが、最近特に面白味の無い新型の車両に取り替えられてしまったため「これなら只見線の方が味がある」という評価も多い。しかしながら車両は変われど、日本が誇る田舎路線は健在である。

たいていの田舎路線と同様に、通勤・通学ラッシュ時の車両は慣習的指定席制度が導入されているため、ふらっと立ち寄った旅人は地元民に驚かれないように注意すべきである。

沿線風景[編集]

米沢〜羽前椿[編集]

周りには田んぼが広がる区間である。米沢を出てしばらくは住宅地が広がり、朝夕のラッシュ時にはそれなりな混雑となるが、これもまた日本の地方路線のよくある姿である。一つ隣の西米沢駅を出たあたりからは田畑が増え、成島や中郡あたりは「これぞ日本の田舎」というような、あたり一面に田んぼが広がる素晴らしき田園風景となる。隣を走る国道では車が爆走していることに目を向けてはいけない。その先も田園風景と適度に民家を見つつ、羽前椿まで快適な列車旅を満喫できるだろう。

羽前椿〜小国[編集]

ここからは徐々に山が増え、山登りの路線となる。これまた日本が誇る、「山の中に無理矢理線路を敷いてみました」文化をよく表した区間といえる。小国駅に近付くにつれて線路は険しくなり、もうもうと煙をあげて列車は登っていく。先ほどの田園区間と、この山間部こそ日本が誇る鉄道文化である。山をひたすら登り、小国駅に到着する。

小国〜坂町[編集]

小国駅を出るとしばらくは山を登るが、トンネルをいくらか抜けると下りとなる。ヒイヒイ言いながら(といっても新型車両は平然と登っていくが)登るのもここまでで、あとは下るだけである。越後片貝駅を出ていくつかのトンネルを抜けると、あたりは突然、田園風景となる。一瞬にして山間部から平野部に出た瞬間である。この急激な風景の変化もまた、日本が誇る素晴らしき地方路線の真骨頂である。後は田園地帯をのんびりと走り、終点の坂町駅に到着する。

車両[編集]

かつてはキハ40系キハ58系といった、日本の古き良き国鉄車両(鉄道教信者視点)が走っていたが、合理化主義を採るJR東の暗躍によって特に味も何もないピカピカのキハE120系キハ120系に取替えられた。

国鉄車両が消えかける頃には大量の鉄道教信者が押し寄せ、沿線はカオスな状況となったが、一部からは「こうなる前にさっさと撮っておけよ」という冷静な声も聞かれる。というわけで今の内にキハ110やらも撮っておいた方が、未来のためである。ただしあと30年は生きる予定の人限定だが。

快速列車[編集]

米坂線では一日一往復、快速列車が運転されている。しかしこの快速列車、快速といいつつ米坂線内では各駅停車という不思議仕様である。一応、羽越本線では通過する区間もあるが、米坂線内は各駅停車であり、あまり意味が無いように思える。

一説によれば「快速って言っておけばなんとなく速い気がしていい」という理由からだというが、実際には殆どかわらない。またある説によれば「昔は通過してた駅もあったけど、通過してた駅はみんな廃止されたので結果的に各駅停車になった」だとか、「日本が誇る地方路線というのは各駅停車だけだ」とか、様々な説が出ているが、結局のところ誰も気にしない

そして大半の人は、速いのか遅いのかわからない快速列車よりも、マイカーを使う。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「米坂線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「米坂線」の項目を執筆しています。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「米坂線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)