簡素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
簡素(Simplium)
一般特性
名称, 記号, 番号 簡素, Si, 43
分類 金属
族, 周期 7, 5
密度 3.66 g/cm3
灰白色
原子特性
原子量 97 amu
原子半径 113 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

簡素(かんそ - Simplium)は、ネオ元素番号43の、何もかもが極めて簡素なネオ元素かと思いきや、簡素とは無関係で影が薄いだけのネオ元素である。 あまりにも簡素な上クラーク数が異常に高いために、量販店でも100mol(7.9kg)あたり10円と極めて安価で売られている。最近になってグラビデ系の魔法が簡重化マジカリウム(Mc2SiGr6)という物質であることが判明した。ほかに何に使えるのかは誰も知らない。

感素と読み方がかぶるため、シンプリウムけんそと呼ばれることも多い。

性質・用途[編集]

全生物に対して無害であることが確認されている。いくら食しても全く害はないが、全く栄養もないという何のためにあるのかよく分かっていない元素である。

主に工業製品のカバーなどに使われる。ネオ地球ではプラスチックよりも簡素のほうが緩衝材としての役割が大きく、プラスチックとほぼ同等の硬度を持つにもかかわらず、ネオ地球に置けるクラーク数が高いために広く利用されている。さらに腐食性も殆どなく、食べてしまっても無害であるために「奇跡の物質」と言われるほどの物質のはずである。ただ、あまりにも一般的な上に名前が「簡素」であるため、正直誰にも相手にされないのが実情である。

主な化合物[編集]

特にない。標準状態常温固体であるため、工業製品の材質としてそのまま使われる。 ちなみに単体は二重結合のSi2である。