天璋院篤姫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
篤姫から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天璋院」の項目を執筆しています。

天璋院 篤姫(てんしょういん あつひめ、天保6年12月19日(1836年2月5日)~1883年11月20日)は、江戸幕府13代将軍徳川家定の3人目の正室。13代将軍没後は14代将軍徳川家茂、15代将軍徳川慶喜の時代と、幕末江戸城大奥の最高責任者として君臨した、江戸時代最後の女帝である。

鹿児島での篤姫[編集]

13代将軍家定は徳川歴代将軍の中でも、結婚運に恵まれない将軍として知られている。最初は鷹司政煕の娘任子(天親院)、その次は一条忠良の娘秀子(澄心院)と、お公家さんは五摂家の娘を正室に迎え入れていたのだが、誰も彼もが家定に嫁ぐとあっという間に死んでしまうので、京都のお公家さんたちからは「死神家定(しにがみいえさだ)」とまで呼ばれ、娘がいる家はできるだけ将軍家から声がかからないよう、あの手この手で婚姻話をチャラにしていた。ちなみに「13代」という代数が不吉だという声も後を絶たず、「十三日の金曜日将軍」とも呼ばれていた。

しかし外様の大藩・薩摩島津斉彬の考えは違っていた。初代家康の時代から日本の端鹿児島に押し込められ、外様大名ということで冷や飯を食わされ、しかも参勤交代で辛い日々を送っていた島津の殿様にしてみれば、これこそが江戸城ひいては大奥に食い込むチャンスである。「死神家定」なんて言ってはいられない。さすがは島津斉彬、この時代誰もが“魂を取られる”と恐れた写真機で、恐れることなく初めて写真撮影された殿様である。しかし、家中の者は誰もが「死神家定」を恐れて名乗りを上げない。斉彬は島津分家の姫を仕方なく自らの養女として、ようやく家定に嫁がせることに成功したのである。後の天璋院 篤姫である。

将軍家定は病弱であったとされている。そのため島津斉彬が養女に選んだ篤姫もことのほか頑健な姫であった。燦々と南国鹿児島降りしきる太陽の光のもと、日に焼けた黒々とした肌を持つ篤姫は健康そのものであり、若き日の西郷隆盛を投げ飛ばしたというすこぶる快活な女性として育っていた。しかも鹿児島の大地に生える薩摩芋を、篤姫は三度の食事にはの代わりにバクバク食っていた。その食いっぷりは鹿児島特産の黒豚にひけをとらぬものであり、薩摩芋をほうばる篤姫の前を黒豚の群れが通り過ぎるときには、黒豚の群れに混じって篤姫がどこにいるのだか判別できなかったとも言われている。

薩摩芋そして黒豚の角煮そしてさつま揚げがそろった篤姫の食事には、さらに芋から作ったアルコール度の高い焼酎がついた。鹿児島人の宴は凄まじい。宴席が設けられるたびに急性アルコール中毒で死ぬか、さもなくば酔っ払いどもの乱闘で脳天をカチ割られるか、どちらかしか選べないかのような大騒ぎである。しかし篤姫はどんな宴席にあっても、焼酎のビンを片手に、豚の角煮をぱくつきながら、女だてらにドスの効いたうなり声を上げてその場を仕切っていたと言われる。そしてこのドンちゃん騒ぎを見て、養父島津斉彬はこう思ったそうである。「この女なら徳川将軍を尻に敷ける…さもなければ、薩摩藩は幕府に潰される…イチかバチかの大勝負だ!」。

放屁将軍に嫁いで[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川家定」の項目を執筆しています。

ちなみに、篤姫の嫁いだ徳川家定とは実際どんな人物であったのであろう。どうやら、「死神」とか「十三日の金曜日」と巷間で噂されていたのとは異なり、性格がねじけて暗くて毎日が鬱のような将軍ではなく、どっちかというと「へらへらしている将軍」だったらしい。どうも江戸城にいた時の彼は、そもそも将軍をサービス業と考えていたらしく、堅苦しい老中大名を饗応するためにへらへら笑って、屁をかましていたらしいのである。通称「放屁将軍」である。 江戸城で恒例の正月参賀があった時も、例のサービス精神を発揮してふんどし一枚だけの格好になり、小島よしおのごとく「おっぱっぴ〜」と叫ぼうとしたところ、「ぴ〜」で屁をこくハズだったのが、タイミングをはずし誤って・・・・が出てしまったと言う話が伝わっている。

日米修好通商条約を結んだハリスと通訳のヒュースケンの記録によると、言葉を発する前に頭を後方に反らし、足を踏み鳴らすという行動をとったとあるが、これは屁をかます前のポーズだったらしい。幸か不幸か、動物性蛋白と脂肪分の多いジャンク・フード三昧のアメリカ料理になれていた彼らには、将軍家定の屁のニオイは感じられなかったようであるが、野菜と干し魚と大豆製品しか食べなかった日本の女性にはキツかったらしく、どうやらこの屁が、篤姫が嫁ぐ前の二人の正室を続けざまにあの世に送ってしまったようなのである。

そんなところを見越して家定の第三の正室となった篤姫は、健康的な肉体を武器に単身江戸城大奥へと向かったのである。黒光りする肉体だけでは放屁将軍の大奥では生きていけまいとの養父斉彬の判断から、薩摩の蘭学の粋を集めたサイボーグのコーティングが篤姫の肉体を覆っていたことは秘密中の秘密である。おかげで家定の屁なんて「屁とも思わず」篤姫は楽しい日々を大奥で過ごせるようになったのであり、家定よりも長生きできる秘訣ともなったのである。

ちなみに篤姫が持ってきた薩摩芋は、その名の通り当時倒幕にやや傾きつつあった薩摩藩の薩摩隼人達が作った生物兵器であり、案の定、家定は篤姫よりこの芋たちにたちまち夢中になってしまったのである。まるで自分の人体を実験材料にするかのように、薩摩芋と戯れる将軍家定・・・・。やがて屁を駆使してのそのプレイは、想像力ないしは妄想力を逞しくするものへと突き進んでいく。連続してどれだけ鳴らせるか、ドレミファの音階を奏でられるか、紙風船をいくつ飛ばせるか、火をつけるとどれだけ燃えるか、そして屁で空を飛べるかという風に夢は広がりんぐ、もとい広がってったのである。

家定は篤姫を本場鹿児島から現地直送された「放屁する女」と思ってはしゃいでいたようだが、そういったプレイに篤姫があまり興味を示さないので、かなり意気消沈し、ますます薩摩芋にのめりこむようになった。一方、最初はあっけにとられていた篤姫であるが、持ち前の気丈さと頑張りと非情さで、屁をし続ける家定の尻、その彼の尻を敷いてしまうことになったのである。家定が芋を食いすぎると、「はいはい、お尻に残ったガスを抜きましょうね」と家定の尻をぎゅっと毎日マッサージに見せかけて押しつぶしていたのは、誰あろう篤姫である。

さすがに連続芋食い、連続屁こき、そして女房の巨尻に押しつぶされる放蕩三昧の日々を過ごしていた家定は、おのずと体力を消耗し、「死神」と呼ばれた彼のほうが参ってきたのである。短い結婚生活の後、肛門が閉まる病を得て、家定はまもなく逝去したのである。篤姫が家定を毒殺したという説もあるが、実際はこのとおりである。

大奥君臨[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大奥」の項目を執筆しています。

ちなみに篤姫の顔を見ていただきたい[1]。この威厳に満ちた顔は、放屁将軍と戯れていた時の顔ではない。女性の強さ、逞しさ、豊かさが凝縮された顔である。一部では天才ラッパーmiyocoにも匹敵するほどの、芯の強さがにじみ出ているとも評される顔である。それもそのはず13代将軍病没後はまさしく篤姫を中心にして江戸城大奥が切り盛りされることになるのである。時あたかも幕末、京都で男たちの戦いが繰り広げられる一方で、江戸では女たちの戦いが始まろうとしていたのである。

この頃、大奥は江戸時代でもとりわけごったがえした時期に当たっていた。13代将軍の母本寿院、14代将軍家茂の母実成院、それに大奥御年寄の瀧山が居並ぶ中で、篤姫は13代将軍夫人として大奥を指揮したのである。大奥を説明するのは難しい。アキバ系オタクのみならずエロい妄想で頭がてんこ盛りになったおっさんにいちゃんは、薔薇百合の花が咲き乱れた庭園で、腰元たちがうっとりしながら抱擁している、あるいは宝塚の男役・女役が入り乱れてくんずほぐれつする景色を想像するかもしれないが、それは間違いである。大奥はエロな空間ではない。どちらかというと橋田壽賀子ドラマの渡る世間は鬼ばかりを想像してもらうと良いだろうか。そう、戦いの場なのである。言うなれば「女の園で」の戦いが毎日のように繰り広げられている。それが大奥の実態である。だいたい、赤木春恵泉ピン子が全裸で抱擁している絵面など誰が見たいものか。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「和宮」の項目を執筆しています。

大老井伊直弼桜田門外の変で凶刃に倒れた後、幕府をリードしたのは安藤信正久世広周の公武合体論を志向する政権であった。すでに篤姫の養父島津斉彬はこの世になく、薩摩を指導していたのは亡き養父の弟久光であった。その久光も幕府の公武合体論に同調し、この結果京都の朝廷から、孝明天皇の妹である和宮が14代将軍家茂夫人となって江戸へやってきたのである。さあ大変。ただでさえこじれやすい大奥の「嫁姑問題」が一気に複雑化して、大奥の女の戦いは熾烈を極めるようになったのである。

特に和宮である。「悲劇の皇女」と呼ばれるだけあって、確かに悲しい局面は多かったものの、天皇の妹という点はさておき、京都人である。イケズである。「まあぶぶ漬けでもおあがりやす」である。若い将軍家茂は若奥さま和宮にメロメロで、このスイートハニーにぞっこん惚れまくって、彼女に勧めるがままに甘いもの食いまくって、歯がみな虫歯になったという体たらくである。さすがに薩摩隼人の娘篤姫は、イケズ和宮の無礼千万にぶち切れまくったが、相手は皇女なので迂闊に手が出せない。篤姫は大奥の布団を出し入れする腰元たちに、「引越し、引越し、和宮、引越し、しばくぞ」と歌わせるばかりか、自ら布団を叩きながら、「引越し、引越し、和宮、引越し、しばくぞ!」と叫んだとも言われている。そういう時は和宮は「あの薩摩のおばはん、えらい剣幕やなぁ、お気の毒に」と軽く流していたという。 また家茂は「これはね~狂ってますよこの人は!! 顔見て御覧なさい![2] 目は釣り上がっとるしね、顔はボ~ッと浮いとるんですよ! これ気違いの顔ですわ・・・」と言う発言をし、それに対して和宮は、「いや! あの~そういった発言は相応しくないと思うのですが・・(家茂:狂ってますよ~)・・いや~そういった発言は相応しくないと思います、失礼しました!」と上手いフォローで篤姫とのバトルを回避した。

幕府崩壊と江戸城開城[編集]

慶応年間まではそれでも大奥は活気があった。13代将軍母本寿院が泣き言をぶつぶつ言うと、14代将軍母実成院がどんちゃん騒ぎまくり、大奥御年寄瀧山がピリピリしてイヤミを言おうとすると、イケズの和宮が「東女(あずまおんな)ははしたない」と冷笑する、ってな具合で、大奥はまさに混沌(ぐじゃぐじゃ)となってきたのである。特に新参の和宮は江戸城のしきたりをとことん無視し続けたため、薩摩女の天璋院は焼酎かっくらって和宮の側近にハリセンチョップを食らわすほどであったと伝えられている。

しかしこうした楽しい大奥の日々もいつしか暗雲が立ち込めるようになっていった。第二次長州征伐で幕府軍が惨敗を続ける中、14代将軍家茂がにわかに逝去された(篤姫が家持を毒殺したという説があるが、実際の死因はは前述の虫歯を放置したことによる病である)。続いて攘夷派でありながら幕府への信頼が強かった孝明天皇も崩御され、江戸城大奥における和宮の地位は低下した。しかしここで嫁姑争いを許すほど世情は穏やかではなかった。薩長同盟が成立するや、幕府の命運は危うくなりつつあったのである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川慶喜」の項目を執筆しています。

しかし大奥にはもっと問題があった。一橋慶喜が15代将軍となることであった。大奥の女性はみな昔から慶喜が嫌いであったが、とりわけ慶喜が嫌いだったのが天璋院篤姫である。フランスかぶれで洋食大好きの慶喜はとりわけ豚肉が大好きで、「豚肉好きな一橋(慶喜)」ということで「豚一(ぶたいち)」という仇名がつけられていたが、この仇名をつけたのは何を隠そう天璋院である。もちろん豚肉、特に黒豚の角煮は天璋院も大好物であり、大奥の食卓では毎晩のように天璋院と慶喜の間で豚肉の奪い合いが行われていた。どんな事でも非常に器用にこなしており、その事を司馬遼太郎に賞賛されている慶喜であるが、いくら彼が器用に箸を使おうとも、手づかみで豚肉に食らいつく天璋院には勝てなかった。

豚肉の奪い合い合戦に連敗を繰り返した慶喜は、江戸城大奥に立ち寄ると、「13代将軍の奥さんのなんて言ったっけ・・・・あの薩摩の黒豚みたいな女・・・・」とか、天璋院を愚弄したのでただでさえ仲の悪い両者の関係はかなり悪化した。それどころか「おれも豚好きだけど、あの豚は食えないよな」とまで言ったから後は推して知るべし。この両者の対立を「豚豚戦争」と呼んでいる。和宮が落ち込んで以来封印していたあの技を天璋院はまたも始めたのである。布団を叩いて「引越し、引越し、豚一(ぶたいち)、引越し、しばくぞ!」と。さすがの慶喜も荒れ狂う大奥までは手が出せず、さっさと江戸を後にして京都守護職松平容保新撰組の諸氏が集まる京都へと戻っていったのである。

関連項目[編集]