篠栗町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「篠栗町」の項目を執筆しています。

篠栗町(ささぐりまち)とは、福岡県糟屋郡にある町である。

大きな特徴も無く、今後の発展も期待できない、町とは名ばかりの山村のことである。

特産品[編集]

山ばかりの町でもあるため、特産品として、椎茸があげられているが、実際には、ほとんど採ることが出来なくなっている。実際には、地蔵豆腐のみが、唯一の特産品である。

八十八箇所巡り[編集]

四国の真似をして、税収アップを狙って作ってみたものの交通機関の発達、参拝用に道路整備を行った結果、日帰りで八十八箇所が廻れる事が発覚し、今となっては車で通過中にあたかも、KKKのメンバーのような装束を着た人が道路の真ん中を闊歩するという迷惑千万な状況を生み出し周囲の町村との軋轢を生む原因となっている。 町内の小中学校では無理やり参拝させて子供たちを洗脳する運動がさかん。

南蔵院[編集]

二度に渡り宝くじで高額当選を果たした坊主がいる寺である。仏門にありながら、宝くじを買い、あまつさえ、自らの手で高額当選を果たしてしまった。この二度の当選によって、南蔵院の改築工事が行われ、不気味に光る仏像のセンスの悪さに八十八箇所巡り同様、周辺町村との軋轢を生んでいる。

篠栗町の主な財源[編集]

主な財源として、地蔵豆腐の売上があげられる。他の財源は枯渇の一途を辿っており、潤っているのは、二度の高額当選を果たした南蔵院の坊主のみという有様である。糟屋郡内における町村合併問題においても、他の町村からの合併拒否は確実視されており「山は生きている」と言いながら、C・W・ニコルのように山に戻るしかないと町民達の多くが語っている。

鉄道[編集]

福岡市から桂川町まで篠栗線が伸びている。 鉄道に町の名前がついているだけでありがたい。 なんだか得した気分だ。 おまけに博多駅から篠栗行きの列車も頻繁に出ている。 周りの町に勝った気分になれる。 しかしながら、特急列車は通過する。 篠栗線を通っておきながら篠栗駅に止まらないとは、いい度胸である。 心の傷を癒したいときは、夜遅くに筑前山手駅に行ってみる。 車の音しか聞こえない、一人の空間である。 そこで気分を開放して、オナニーをする。 これを駅オナニーと言う。

こん項目「篠栗町」は、執筆者がクラックばキメとった可能性もあるけんが、今はまだクソの山ばい。より愉快にして下さる協力者ば求めているけん。さぁ、これば見とる貴方(貴女)も、恥ずかしがらんでん書き込んで見い! (Portal:スタブ)