篠ノ井線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「篠ノ井線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「篠ノ井線」の項目を執筆しています。

篠ノ井線(しののいせん)は、長野県長野市の篠ノ井駅から長野県塩尻市の塩尻駅までを結ぶ東日本旅客鉄道の鉄道路線。しなの鉄道への経営妨害を行うための重要拠点となっているだけではなく、南信(松本)から北信(長野)への進撃を行うための兵站線となっている。

篠ノ井線という名称であるがその実態は松本以北は信越本線、松本以南は中央本線である。川越線や根岸線の置かれた立場と大して変わらない。

歴史・概要[編集]

1892年にそうでなくとも仲の悪い南信人が北信人の重要拠点である長野を攻め落とすために計画され、1900年に(中略)。塩尻まで全通したのは1906年。いかに南信人が北信人を忌み嫌っているか、先人の苦労が窺える。

長野オリンピックの開催に当たり、戦略性の低下を恐れたJR束日本が、しなの鉄道への経営妨害の一環として篠ノ井線と信越本線を一体運転(長野まで直通)して、今に至る。

運転系統[編集]

言うまでもないが、南信から北信への兵站線であるから、松本駅で運転が別れるのは当然の理屈。松本より南は「南信」であるから、運転本数も多いし、名古屋・新宿から直通列車もある。

その代わり、松本より北は、瘴癘の地「北信」であるので、全般的に列車本数は少なめ。貨物列車が通るのは、言うまでもなく、北信制圧のための軍需輸送(主に戦車を動かすための軽油)である。

使用車両[編集]

特急あずさにはE257系やE351系が使われる。特急しなのには(後略)。

普通列車は未だに115系が使われる。エクストリームスポーツ用にE127系が入った時もあった。115系も入っている。塗色を見ると、長野支社(いや長野人)のセンスの悪さがよくわかる。ついでに、JR東海の車輛も来る。中央西線には、旧国鉄型の115系を全滅させた313系2両が使われる。 最近はもっぱら211系ばかり。

列車の種別[編集]

特急[編集]

特急はあずさとしなのがある。

あずさは松本から新宿間を主とし、ワイドビューしなのは長野から名古屋・大阪を結ぶ。

それとたまに『はまかいじ』がくる。

快速・普通[編集]

日中はほとんど普通列車のみ。

「快速みみず」という列車もある。この列車は長野と南信地区を結ぶための列車であるが、篠ノ井線内では快速らしい姿を見せることはなく、路線バスの『みすずハイウェイバス』に完敗している。しかし、信越本線を走る「信州」に比べればどうということはない。

また、上りは早朝、下りは夜にあの特急を使った快速列車がある。これに乗れたらラッキー! 何時に運転されるかはお察し下さい

篠ノ井線の主要駅[編集]

塩尻駅(しおケツ)
篠ノ井線を始めとする中央東線や中央西線の駅。
ホームにブドウ畑があり、鉄オタが撮影の合間に盗んで食う。
現在の駅は元々ここではなくて、もう少し南にあったらしいが皆から忘れ去られている。
松本駅(あさはらしょうこう)
南信の首都。長野県最大の「若者の街」。大糸線事実上倒産したアルピコグループもここから発着する。乗降者数は長野駅に負けるが、駅弁の数だけは長野駅よりも圧倒的に多い。
ここから田沢まで単線となる。大糸線とは宮渕地区まで並行する。
明科駅(あかしな)
【固有名称】明科(めいか) - 元々名誉な植物に付けられた肩書きである。
当駅発車の列車も設定されている。いやというほどカラスが常駐していることが問題になっているが周辺の人以外は誰も気にしない
2009年に入って当線の旧線が安曇野市側だけウォーキングコースに指定されてトンネルも通れるようになった。夏になると蛇や熊が出てくるが鉄オタはそんなことは気にしない。
現行経路の片方は妙な余白があり、西条まで複線の計画もあるようだが今のJRはそんな事はしません。なぜならお金を賭けたくないからです。
聖高原駅(ひじりこうげん)
麻績村の中心駅。隣の駅はどちらも筑北村なので隣の冠着駅が飛び地ぽく感じる。
昔は『麻績駅』だった。周辺に高原はないのに。でも気にしない
「麻績」と読める人間が減ったほど、民度が低いということか。
ちなみに特急列車の停車駅です。しなのが一日二本も止まるというとても栄えた駅です。
姨捨駅
篠ノ井線内唯一のスイッチバック駅。
駅ホームから見下ろす風景はかつて『川中島の戦い』が繰り広げられたところ。三本の指に入るほどの絶景地。
稲荷山駅(とうかざん)
近くでキツネが祀られているわけでもないのに稲荷山である。本家の稲荷山地区にこの駅はなく、いまだ謎が多い駅である。ウィキペディアでも稲荷山駅項目の一部節を定義未満や要出典扱いしている。
篠ノ井駅(しののい)
一応篠ノ井線の起点であり終着駅、のくせに一部の快速が通過する。でも特急は止まる。この駅を発着駅とする篠ノ井線の列車はない。
ここから長野まではしなの鉄道の経営妨害行為区間となり、多くの電車は、信越本線列車という名前で進入する。
JRとしな鉄の上りは一番線に止まる。なので東信地区で乗り間違いが続出する駅の一つ。
松本や小諸へ行くときに列車を待ってると新幹線が後ろを高速で走りぬけるためかなりうるさい。振動も伝わる! ついでに東側デッキの床も割れる(いや、マジで…)
なぜか新幹線は当駅に止まるわけでもないのに地面スレスレを走行する。おかげで踏切が作れないでいるらしい。

おまけとして[編集]

(ここから先は「しなの鉄道」への経営妨害区間)

川中島駅(せんだいちゅう)
夜な夜な、武田信玄と上杉謙信がぴー
長野駅(ながの)
信越本線飯山線しなの鉄道長野電鉄の駅。長野ということもあって特急や新幹線が到着すると改札にはエクストリーム・満員電車が開催される。篠ノ井線の列車が何食わぬ顔で入ってくる。
昔は何か寺っぽい駅だったが、「新幹線が来るから」という理由で(田舎モノらしい)非常につまらない駅舎になってしまった。
ここを通過駅しようとする電車は跳ね返される。
長野電鉄は隔離されている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「篠ノ井線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)