筑紫哲也

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

筑紫哲也(ちくしてつや、1935年6月23日 - 2008年11月7日)は、日本における史上最高にして至宝の、たぐいまれなる才能を存分に発揮して日本に広大なお花畑を作り上げた、真の、いかんともしがたいジャーナリストである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「筑紫哲也」の項目を執筆しています。

来歴[編集]

1935年、大分県日田市に生まれる。残念ながら正真正銘の日本人であり、筑紫の祖母は滝廉太郎の妹である。よく「筑紫哲也の本名=朴三寿」というコピペを見かけるが、これは2004年6月頃に作られたデマだそうで[1]、一人歩きの結果あっという間に、まことしやかに都市伝説となった。このデマがああも広く流布した原因は、この説を聞いた大衆(ねらー達)が「あ、だからいつもあんな論調なんだ…」とすっぽりまるっと納得してしまったためである。それほどこの説には説得力があり、今なお信じている連中さえいる。しかしこれは逆に言えば、「それがもし真実だったとしたらすべての謎が解ける」、というほど筑紫のジャーナリスト魂が偉大だった証拠である。なお、Wikipediaでこのことに言及するとたちまち削除厨が湧いて人気者になれるので、良い子はマネしないように。

いきなり話がそれたが、そんなこんなで筑紫は早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業、朝日新聞に入社してジャーナリストを目指す。記者として返還前の沖縄に赴任、地獄絵図だったという沖縄戦の余韻に浸り、脳ミソを真っ赤に染めた。その後ワシントン特派員として渡米し、外報部次長、編集委員などを歴任して着々と報道技術その1を習得、ジャーナリズムの帝王になる野望を涵養する。日本に戻ったあとは政治部記者として首相三木武夫の番記者を務め、自民党ハトにエサをやるなどして親交を深めた。

キャスターとして[編集]

1977年10月から1982年9月まで、『日曜夕刊!こちらデスク』のメインキャスターを務める。この番組の1979年4月1日の放送において「宇宙人との交信が成功した」と発表し、それにより生放送中に抗議の電話が殺到するという事件を起こす。もちろんオーソン・ウェルズの「火星人襲来」になぞらえた四月馬鹿であるが、それをやってのけられるほどの「報道技術」はまだ備わっておらず、かくして彼の最初の挑戦は大失敗に終わった。あとに残ったのは、公共の電波を使って冗談を言ってはいけないという言わば当たり前の教訓だけであった。しかしこのことはのちの筑紫の報道姿勢に少なからず影響を及ぼすことになる。

1984年から87年までは朝日ジャーナルの編集長を務める。そこでは「時代の気分を探る」という名目で新人類たちと対話。これを通して「まじめだけど話のわかるおじさん」という自らのイメージを作り上げるとともに、「新人類」という言葉を流行語に押し上げる実験を敢行する。「新人類」という語は思惑通り流行語となり、筑紫は先の失策を挽回して高い評価を得る。その後ますます報道技術その2に磨きをかけた筑紫は、1989年10月、TBSにヘッドハンティングされ『筑紫哲也 NEWS23』のメインキャスターに就任。ついにジャーナリズムの王座につく。筑紫はこの番組で「討論会に限りなく近い何か」を頻繁に主催し、司会として報道技術その1報道技術その2をいかんなく発揮した。ここでこの「討論会に限りなく近い何か」で使用された奥義をいくつか紹介しよう。報道を志す諸君はぜひ参考にしてほしい。

  1. 醜い言い争いが発生するのを防ぐため、自分と同じ思想の人間しか呼ばない。
  2. 稀に異なる思想の人を呼ぶ時は、司会でありながら片方のみに大いに肩入れし、その人を悪役に仕立て上げる。
  3. 自分はもっとも公平で、政治的にも中立であるフリをする。
  4. 番組の最後に大真面目な顔できれいごとをぬかし、一切の反論を封じ込める。

こうしたテクニックを駆使していることは無論バレてはいけないが、その心配はなかった。なぜなら当時の視聴者はカボチャ同然だったからである。かくして『NEWS23』は60年代に左翼運動に没頭したオヤジ連中(当時40代~50代の団塊世代)にバカウケし、「報道のTBS」という今では信じられない栄冠をほしいままにした。なお、この時開発された手法は今も一部のテレビ局で受け継がれており、報道番組や討論番組を作る際の基本となっている。さらに近年では「都合の悪いニュースは存在自体を無視する」という手法が加わり(スルーの手法=報道技術その4)、筑紫が最初に体現した報道技術の大系はまさに輝かしい進化を続けている。

なお、筑紫は報道技術その3をほとんど使用しなかったことで知られる。その1その2があればコト足りたので、その3を使う必要がなかったのである。このこともまた、筑紫の報道技術がいかに優れていたかを物語っている。

伝説の数々[編集]

ニュースキャスターとしての手腕を確立させた彼は、久米宏と視聴率をめぐり熾烈な戦いを繰り広げる一方、数々の伝説を作る。『NEWS23』以前のものも含めて、以下に代表的なものを列挙する。

  • 1977年に井上陽水マリファナでとっつかまった際に、「自分もアメリカでマリファナを吸ったことがあるが」と経験の広さをさりげなく自慢しつつ、「タバコよりは害が少ないことは医学的に明らかであるし」とぶっちゃけ、「これを日本で使用すると違法ではあるが」と保険をかけた上で、「そのことと絡めて井上陽水の歌まで否定する一部の意見は間違っている」と発言した。この発言は同席していた朝日新聞の論説委員日比野和幸を激怒させたが、元ヒッピーの連中からは熱烈な支持を得た。
  • 1995年の阪神大震災の際、被災地で焼けた建物から煙が舞い上がるのを見て「まるで温泉地に来ているようです、そこらじゅうから煙がまいあがっています」とウッカリ発言。ヘリの上から高見の見物を満喫した。
  • 1996年、TBSのワイドショー番組スタッフが坂本弁護士一家殺害事件の片棒を担いだことが発覚した事件(いわゆるTBSビデオ問題)に関連して、番組で「TBSは死にました」と明言。能書きを垂れるが、結局TBSはその後もノウノウと報道を続けた。
  • 2002年5月22日の放送で、広島で起きた「傘殺人」について「ひじょうにカサついて切れやすい、ビリビリした社会という感じがします」と大変茶目っ気のあるコメントをしたが、傘とカサをかけたギャグであることに気付いてくれたのはナンシー関くらいだった。
  • 2003年4月10日に井上陽水武田鉄矢らが中心となって開催されたコンサート「ドリームライブ in 福岡ドーム」のオープニングで「多事争論」の収録を行ったが、その時福岡ドームと東京ドームを間違えて言ってしまった。カメラマンを務めていた南こうせつは「筑紫さん、違う」と言ったが、本人は「細かい事をいちいち気にするのは心も器も狭い証拠だ」とコメントし心の広さを見せつけた。
  • 2003年の自民党総裁選で「小泉純一郎が圧倒的に有利」との分析を討論の前に行ったところ、当時、自民党の有力者だった亀井静香「ツクシさんね~」と間違えられた。これを根に持った筑紫は同年の総選挙の際に日本道路公団民営化について「玉虫色の結果になったと言われていますが…」と挑発し、小泉をプッツンさせ、当時民主党代表だった菅直人をおおいに慌てさせた。 なお、政治家の先生に名前を間違えられるという事件は、古舘伊知郎の身にも起こっている(参照:フルタテさん)。
  • 2004年の年金未納問題では激しくトバッチリを受けて、筑紫自身にも年金未納期間があったことを謝罪。当時ここぞとばかりに政界を糾弾していたマスコミを代表して、翌日から数日間自宅謹慎した。

愛煙家としての側面[編集]

禁煙に挑戦するニコチン中毒者の中には、このキャラクターを筑紫と重ね合わせ、鬱状態になる者も続出した

ハイライトマルボロの赤を1日3箱吸っていたというヘビースモーカーで、肺がんになって禁煙した後も、

  • 「一服できないと面白くない」
  • 「百害あって一利なしと言うけど、文化は悪徳が高い分、深い。(たばこは)人類が発明した偉大な文化であり、たばこの代わりはありませんよ。これを知らずに人生を終わる人を思うと、何とものっぺらぼうで、気の毒な気がしますね」
  • 「がんの原因はストレスで、たばこはきっかけにすぎない」

などと発言、真のジャーナリストとして世の嫌煙ファシズムに激しく抵抗した(これが筑紫の残したもっとも偉大な業績であると評価する者もいる)。嫌煙家たちが筑紫を悪の象徴に仕立て上げたのは言うまでもない。世の中の禁煙団体はことごとく筑紫を目の仇にし、中にはあらぬ噂を立てる者もいた。たとえば有名なのが、「私は、これで、会社を、やめました」という禁煙パイポのCMは、当時「朝日ジャーナル」の編集長をやめようとしていた彼に対するあてつけではなかったか、という噂である。もちろん真偽のほどはわからず、嫌煙家たちは日増しに不満をつのらせて行った。そしてそれは筑紫の死去の際にとなって噴出する。

闘病生活へ[編集]

2007年5月14日放送の『NEWS23』オープニング直後の「多事争論」で、肺がんになったことを発表。『NEWS23』を休演、タバコもやめ、治療に専念する。筑紫入院の報を受けて2ちゃんねるでは、嫌煙板の連中とオカ板の連中が共同で「筑紫哲也の一刻も早い死亡を祈るスレ」を立て、全員で加持祈祷を取り行った。極東板やハン板や政治板の連中が裏で糸を引いていたのは言うまでもないが、実際に踊っていたのは中二病の新参ネットウヨたちである。一方、傍観者たちは、たった5分足らずの多事争論でここまでウヨ共を動員できるものか、と改めて筑紫の人気に嫉妬した。無論一部には「(病人の死亡を祈るなど)さすがにそれはやりすぎでは」という声も聞かれたが、誰も気にしなかった

治療に入ったあともしぶとくスペシャルアンカーとして『NEWS23』に出演する。出演は数カ月おきではあったが、鬼籍に入る直前まで続いた。以下に最後の多事争論を引用する。

近ごろ「論」が浅くなっていると思いませんか。その良し悪し、是非、正しいか違っているかを問う前に。ひとつの「論」の専制が起きる時、失なわれるのは自由の気風。そうならないために、もっと「論」を愉しみませんか。

美辞麗句に飾られているため非常に意味が汲み取りにくいが、これを正しく超訳すると、意味は以下のようになる。

近ごろ印象操作の手法が浅はかになっていると思いませんか。麻生のバー通い、田母神論文定額給付金をあげつらう前に。ネガキャン一辺倒になるとき、国民は嫌気がさし、結果的に失われるのは自虐反日の気風。そうならないために、もっと世論誘導の技術を磨きませんか

と、つまりはこういうことである。要するに拙い後輩どもに向けた諫言なのだが、マスコミフィルターがかかってしまうと途端にイミフになってしまうから困りもんである。まあ現実的にはアレだ、偉大なジャーナリストが残した最後のきれいごととして、数世紀にわたって語り継がれることになるんである(予定)。

死去[編集]

2008年11月7日死去。73歳没。マスコミ各社は一斉に追悼特集を組み、「(裏読みな意味で)偉大なジャーナリストを失った」という論調で統一した。中には番組の後半を丸々使っての祭を組んだ番組(NEWS23)もあったが、その内容は非常に濃密で、とても死んでから急ごしらえしたものには見えなかった。闘病前から準備してたのではないかとの疑惑が持ち上がるとともに、筑紫の死去を最も待ち望んでいたのは後藤なんとかという後任キャスターだったのではないか、と取り沙汰された。

マスコミ各社の論調が追悼一色で統一されていたのに対し、ネット上では世論が二分した。「タバコ吸いまくって肺癌になった奴に同情の余地はない」と主張する嫌煙厨と、「戦後日本の過度な左傾化を象徴する奴がようやく死んだ、祝杯をあげよう」と主張するネットウヨたちである。両者の間で無意味な諍いが頻発したが、結局はとりあえず時間の無駄を省くために「ご冥福をお祈りします」という呪文で意見の一致を見た。もはや知ったことではない。いずれにせよ一つの時代が終わったのである。

業績と評価[編集]

筑紫に対する歴史的な評価はまだ下されておらず、今後の論を待つしかない。まあどうだっていいが、忘れないうちにやっといたほうが無難である。とりあえずは現段階で評価が確定しているものを以下に列記する。

  • 過激なお花畑として知られる某NPO団体でバリバリの運動家をしていた辻元清美に、政界入りを勧めたのが筑紫である。かの有名な「ソーリ、ソーリ!」というマントラが世に出たのは、実に筑紫のおかげであった。なお、辻元清美タイーホされた時、筑紫は裁判所に上申書を書いてやっている。ちなみに、ピースボートの推薦をしてやっている。
  • 滝廉太郎が筑紫の大伯父(滝の妹・トミが筑紫の祖母)であることは既に述べたが、筑紫は1993年から竹田市にある滝廉太郎記念館の名誉館長を務めていた。滝廉太郎にしてみればまことに迷惑な話である。
  • 田原総一朗に「右翼から諸悪の根源だとコテンパンにいわれてますね」と冷やかされた際、筑紫は「それを名誉に思わなければいけません」と答え、全国のお茶の間にフーン( ´_ゝ`)を大量発生させた。このような離れ業ができたのは当代で筑紫しかおらず、古舘伊知郎がマネしようとしてもm9(^Д^)プギャーが異常発生しただけであった。もっとも、筑紫と古館を同列に論じることには多数の異論がある(詳細は古舘伊知郎を参照)。
  • 低レベルな持論を展開。
  • どんなに残虐な殺人事件起きようと、悲惨な事故が起きようと、85歳の老婆が強姦されようと、「それでは、今日はこんなところです」と何とも他人事で間の抜けた〆の挨拶は、「さすが筑紫」と国民をうならせるに充分すぎるキメ台詞だった。なお、この〆の挨拶コメントは、1960~1970年代に活躍したアメリカのCBSイブニングニュースのキャスターだったリベラル派のウォルター・クロンカイトの「And that's the way it is.(では、今日はこんなところです)」を何も考えずに、ただ単に格好良いということで安直にパクったものであり、彼もこの世代特有の欧米かぶれの左翼にありがちな、自分で物を考えたり言葉を紡ぎだす能力に欠けていた。

脚注[編集]

  1. ^ 筑紫哲也(朴三寿)というデマ

関連項目[編集]