筑摩県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「筑摩県」の項目を執筆しています。

筑摩県(ちくまけん)とは、日本アルプスと諏訪湖を基軸とした内陸県である。県庁所在地は松本頚城県にある千曲市とは無関係。

地理[編集]

かつては諏方国(すわのくに)と呼ばれた。諏方国時代には伊那盆地も含まれていた時期もある。廃藩置県の一時期、木曽の一部と飛騨の全域を編入した事もある。諏方国という名称の通り、諏訪湖を中心とする地方だった事は容易に推察できる。しかし、諏方国も短命で終わって信濃国に併合された。

廃藩置県後の西暦1876年8月には、長野県は廃止され筑摩県に併合された。内陸側の松本や諏訪が、日本海側の筑摩県と相容れないのは自明の理で、何度も筑摩県復活運動が起こった。やがて、木曽郡が念願の美濃国に復帰したのに刺激されて、下伊那郡は天竜川共和国に加入し、下伊那郡を除く諏方国も筑摩県として分立を宣言した。

地理[編集]

大きく分けると、伊那盆地・諏訪盆地・松本盆地の3つの盆地に分かれる。

伊那盆地は、南部の下伊那地域が天竜川共和国に併合され、北部の上伊那地域だけが筑摩県に残留している。諏訪盆地は、かつては蚕糸工業の一大聖地だったが、現在ではエプソンの企業城下町へと変わっている。

松本盆地は、「あずさ2号」に乗って東京から来る観光客を集めている。中央本線愛知県なんか通らないで岐阜県滋賀県を縦貫していたら、「きそ2号」が京都から来ていたろうに…。

住民気質[編集]

筑摩県は、頚城県長野市への反対勢力の一つだが、そもそも長野県は県民性なんて存在しない県であった。なぜなら、長野県は多くの県が併合されて、内陸側の地域が日本海側の県庁所在地に冷遇されて出来た県だからである。ただし、東京ではやってることは、一年遅れてやってくるあたりは、頚城県でも同時見られることである(カラーギャングなど)。

実のところ、盆地毎に紛争は頻発している。最近では盆地単位で県にしてしまえとの過激派の意見がなくもないが、そんな荒唐無稽な話はまず出てこない。だって盆地に住んでるんですもの。閉鎖的であるため、お互い鎖国状態である。県民性は鎖国状態では調べられる訳がないということが一般的な見解である。

ご当地携帯[編集]

近年、地元出身の芸術家が、赤い水玉模様の携帯電話を開発、matsumotoと命名した。

その後、緑色のカエル形の携帯であるsuwa、便器にしかみえないina、木目調のkiso、軍国調のniitakayama、わさび味のazuminoなどを次々に発表し、筑摩県の町おこしに、と松本市美術館で展示されている。しかし、大人の事情から、蓮コラ電話などと呼ばれ商品化が見送られiidaのみが発売された。電車を追い越すほど早く走る地域住民に配慮し、EZ Run&Walkにも対応する。

関連項目[編集]

  • 宮田村 - せっかく町制施行したのに、駒ヶ根市と合併して独立した際に町の条件が変わり、村へ逆戻り。
いずれも筑摩県と同じ今川武田組の地域


この項目「筑摩県」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)