竹林の七賢

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

竹林の七賢(ちくりんのしちけん)とは、中国(三国時代)の時代末期に、河内郡山陽(河南省新郷市輝県市と焦作市修武県の間あたり)の竹林によくたむろっていたジャンキーのラッパーグループ。だがグループ活動より、メンバー個人によるソロ活動のほうが多くみうけられる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「竹林の七賢」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この時代、若者たちにとって、政治や世間に対する関心を絶ち、日々を無意味にだらだら過ごすことが彼らにとってカッコいいこととされる風潮があった。この時代の若者たちにとって竹林の七賢はある種のヒーロー像であった。竹林の七賢が行う行動にあわせ、若者たちもその行動を真似たとされる。このことからも彼らの影響力がわかる。ここまでの影響力を持ったのは、彼らのほとんどが官僚もしくは公務員という特異な社会的身分に支えられていたためだとする意見もある。

メンバー[編集]

  • Ore(本名:阮籍(げんせき))
父親は有名な文学者の阮瑀。白と青のカラコンを好んでつけていた。
  • Gwen(本名:阮咸(げんかん))
  • Keiko(本名:嵆康(けいこう))
通称ジャンキー詩人。権力者に対してなーんの対策もしなかったため、デュラハンにされてしまった。
  • King of liberty(本名:王戎(おうじゅう))
国家公務員でそこそこのエリート。でも国家が危機になったらエスケープした。
  • Gen(本名:向秀(しょうしゅう))
  • Mt.Too(本名:山濤(さんとう))
小さいころに父親を亡くしたためか「俺はDQN」なんて変な思い込みをしていた。だが努力し、最終的にはそれなりの社会的身分を手に入れた。しかし、その行動がKeikoを怒らせ「昔のお前はそんなんじゃなかった、もうお前とは終わりだ」とまで言わせてしまう。だがKeikoが死んだとき、その息子の後見人を任されている。そのため、一連の対立はメディア向けの演出ともいわれている。
  • Dragon- Ray(本名:劉伶(りゅうれい))

活動・伝説[編集]

  • 人生訓の語り合い

主に彼らにとって「神」とされた伝説のアーティストraw-seesaw-seeの影響が濃く見られる。押尾学もこの影響を受けているといわれる。

  • 飲酒
  • 新曲の発表

主な楽曲として「詠懐82's」「WrathPhantom-幽憤ノ唄-」など。これらは個人発表のものが大半である。

ジャンキーとしての竹林の七賢[編集]

彼らはジャンキーとしても有名である。特にKeikoが有名。五散石や麻沸散と呼ばれるドラッグでクラックをキめていたことが多数の情報源より確認されている。

関連項目[編集]

崩壊753.jpg 待て!貴様が今見ているこの項目『竹林の七賢』はまだ書きかけ項目だ。つまり、ただの執筆者には興味がない。それが分かったら、その命、神に返せ!ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)