出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(たけ)とは、多年生植物の一種で、主に兵器を作成することに使われている。我が国では太平洋戦争中の主力兵器の素材として有名。

概要[編集]

イネ科の植物で、本来は単なる空洞である部分が固く強くなっている。また、中に節を持ち空洞をささえることができるため長い状態での使用でも自重で折れることがない。このように強さと軽さ、しなやかさを持ち合わせた絶好の素材といえる。さらに、十分に乾燥させたものはこの性能がさらに向上する。また、竹をそのまま加熱すると、空洞の中の空気が膨張し爆発する。このように加工するまでもなく兵器としての性能を持っている。

温帯から熱帯という広い範囲に分布し、また1日に最大1m以上も成長する特性を持っている。さらに根を介して増えるため高い繁殖力を持つ。そのため、資材不足に陥ることも少なく加工もなどに比べ容易である。

竹製品[編集]

ここに挙げるように竹は兵器や武具に多く使用されている。

竹光(たけみつ)
刀剣における業物の内の一つ。竹でできていながら鋼を紙やバターのように切り裂く。極めた者は大鋏に変えてもらえる。
竹鎧(たけあーまー)
竹製の強力な。スケイルアーマーのように大きさをそろえて割った竹を、並べ連ねた物。黒く塗ると金属っぽく見えるとか。カランコロンと音がするのが難点。
竹槍
関連項目参照。
和弓
日本で古くから使われている武器。弓、弦、矢とすべてを竹だけで作ることができる。
投石竹
竹のしなりを利用して石を飛ばす投石機のバリエーション。城の近くに生育する竹林を利用して雨のように石を降らす防衛手段が戦史には良く見られる。時には人間そのものを飛ばすこともある。
竹束
日本の戦国時代~江戸時代にかけて広く全国で使用された防具にして攻城兵器。
竹骨製集合住宅
中国ではメジャー。

関連項目[編集]

この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)