競馬場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「競馬場」の項目を執筆しています。

競馬場(けいばじょう)とは、のみに特化した動物園である。

概要[編集]

競馬場とはJRAおよびNARが管理運営を行っている、馬のみに特化した動物園である。一般的な日本の動物園では動物の姿形を見せることに主眼を置いた「形態展示」が一般的であるが、競馬場では馬の最大の行動的特徴である「走行」を見せる「行動展示」を導入している。1997年から旭山動物園が同様の取り組みを行っているが、元祖は競馬場である。

また、一般的な動物園には「動物を狭い檻の中に閉じ込めており、動物虐待だ」などの動物愛護団体からの批判が絶えないが、競馬場は1周1000メートル以上の広大なスペースに最大でも十数頭がいるだけであるため、動物愛護団体も競馬場に対してはえびす顔である。

週末には、親子連れなどで大変な賑わいを見せる。しかし、なぜか18歳未満の児童が単独で入場する事は出来ないと言う、動物園の趣旨が分かっていないのかと思えるような規制がある。

イベント[編集]

主に週末に、馬たちによるパレードイベントが行われている。初めにパドックと呼ばれるスペースを馬たちがゆっくりと歩き観客たちはその優雅な歩きを楽しむ。その後、コースと呼ばれる広いスペースへと移動したのち、今度は馬たちは全力疾走して観客たちはその野性味溢れる走りを楽しむという、一回で二度美味しいイベントである。

パレードの最後では観客たちは予め用意したを投げ紙吹雪を起こす。このように運営者と観客が一体となってイベントを盛り上げるのが、他の動物園や遊園地には見られない最大の特徴である。

料金体系[編集]

競馬場は、その料金体系に特徴がある。入場料を来場者自らが決めてよく、最低価格すら設定されていないケースもあるため無料で入ることもできるのだ。2007年にロックバンドレディオヘッドが新曲を同様の料金体系で販売し話題を集めたが、競馬場はそれよりも前から行っている。そんなことでは競馬場の運営が成り立たないのではないかと思われるかもしれないが、実際には数万・数十万の料金を支払う熱心なファンも多く運営は問題無く成り立っている。

またそればかりか、競馬場は支払った入場料の平均75%を来場者に現金で還元するという、10%20%のポイントを付ける電気店も真っ青の出血大サービスを行っている。

関連項目[編集]