タンゴの節句

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タンゴの節句」の項目を執筆しています。

タンゴの節句(タンゴのせっく)とは、タンゴを踊れるようになった男の子をお祝いする日である。

タンゴとは[編集]

情熱的なタンゴ

タンゴとは、強烈なスタッカートの効いたリズムにロマンティックで時にメランコリックなメロディーが組み合わさった情熱的な音楽にあわせて踊るダンスである。ダンスとしての難易度は高くないため、体格的に未熟な子供でも比較的容易に踊ることができる。そのため、社交ダンスを始める子供は必ずといっていいほど最初にタンゴを習うようになっている。なお、日本には、さして取り柄のない子供がたまたま素晴らしいことをした、という意味で使われる「黒ネコのタンゴ」という言葉があるが、これもタンゴを踊ることが簡単だと言われていることが発祥である。

由来[編集]

祝賀式典の様子

タンゴの節句の由来となったのはイギリスの風習であったと言われている。20世紀頃のイギリスでは、貴族の家に生まれた長男は5歳になる年に舞踏会に招待され、そこでタンゴを披露することで社交デビューをするのが一般的であった。

招待された舞踏会でタンゴを上手く踊れるか否かはそれぞれののプライドがかかっているという点において重要な問題であり、もしここで目も当てられないようなダンスを披露してしまった日には「ダンスの稽古もまともにつけられない貧しい家」との烙印を押され一躍街中の笑いものになるという非常にシビアなものだったと考えられている。

そのため、当時の貴族の長男は幼少時から家名にを塗ることを防ぐことを目的として、厳しいダンスの稽古をつけられていた。しかし、子供相手故にその稽古は難儀を極めたと言われている。家名や誇りといった大人の事情を理解できない子供に対して、タンゴに対するモチベーションを維持させることは簡単なことではなかっただろう。そのような悩みはどこの家庭でも同じだったようで、当時の貴族院は家にある提案をしている。それは、「年に一度、タンゴをマスターした子供たちを対象に国を挙げて祝賀式典を執り行う」という内容のものであった。貴族院からの強い要望だったこともあり、王家はこの提案を受け入れた。毎年5月5日を「Boy's Day」とし、タンゴを踊れるようになった男子を盛大に祝うようになった。これにより男の子にはタンゴをマスターして祝賀式典に参加するという動機づけが生まれたのである。これがタンゴの節句の元となった風習である。

これがどのようにして日本に伝わって現在のタンゴの節句となったのかは定かではないが、現在ではほぼ日本全国において広く知られる風習の一つとなっている。

風習[編集]

鯉のぼりのイメージ

日本では、タンゴの節句には五月人形やこいのぼりを飾り、菖蒲湯に浸かるなどの習慣がある。これらは元々異文化であったタンゴの節句を誤った解釈で取り入れたことから来ているとされる。

五月人形や鎧兜を飾るのは、欧米の貴族が普段から屋敷内に剣などの武器を飾っていたのを見た日本人大使が何かのお祝いとして飾っているだと勘違いして真似たことが発端だと言われている。後に勘違いだと発覚したものの、その頃には既に文化として広がっており、過ちを指摘出来ないまま現在に至っている。

鯉のぼりは、イギリス人の大好物である「フィッシュアンドチップス」のフィッシュ部分だけが何らかの形で伝わり、現在の形になってしまったのではないかという説があるが定かではない。この風習が始まった当時は生の魚を天日干しにするついでにそのまま吊るしていたとも言われている。

菖蒲湯は、イギリス紳士の嗜みであるハーブティーを真似ようとしたものの、資料の翻訳にあたった翻訳家が「湯」と「何かの草」という部分しか正確に翻訳できなかったため、風呂に当時その辺にたくさん生えていた草を入れたことが始まりである。

関連項目[編集]