竜巻

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
竜巻。画面の向こうから轟音が聞こえてきそうな迫力がある。

竜巻(たつまき)は気象現象の一種で、発達して巨大化した塵旋風[1]

発生と成長の過程[編集]

強い日差しによって地表面が熱せられ、上昇気流が生じるにことよって塵旋風は発生する。[2]原因が日差しであるから夏に生じる事が多いが、地表と大気の温度差が十分に生じれば冬でも発生しうる。渦の巻き方は上昇気流や風の乱れ、地形等の影響を受けるものの、地球の自転によるコリオリの力の影響が強いためにこの段階で北半球ならば左回り、南半球ならば右回りに固定される。多くの塵旋風はそれほど大きく成長せずに消滅するが、一部はテントや椅子などを巻き上げて飛ばすほどにまで発達する。

大きく発達した塵旋風であっても、そのまま竜巻と呼びうる規模まで発達する事は無く、その過程には積乱雲の影響が不可欠である。おおよそ高さ100m程度まで発達した塵旋風の上空に発達した積乱雲があった場合、その積乱雲が引き起こす空気対流活動と塵旋風が一体化、急速に発達して竜巻となる。

竜巻となった後は積乱雲とともに移動をし、積乱雲が消失するとともに消滅する。

定義と種類[編集]

発生までの過程に未だ多くの謎が残るため、各国機関によって定義には多少の差があるものの、「積乱雲と一体化した時点で竜巻、それ以前は塵旋風」という点では合意がなされている。また、成長の過程で地表から離れる場合があり、その場合に竜巻に含めるかについてはいまなお研究者たちの間で意見が分かれている。

多くの地域では竜巻を細かく分類しない事が多いが、竜巻の被害の大きいアメリカなどでは幾つかの種類に分類されている。代表的なものは以下の通り。

多重渦竜巻(Multiple vortex tornado)
複数の渦がまとまって活動する竜巻群。最初に発生していた竜巻(親渦)から派生する形で複数の小型の竜巻(子渦)が発生し、まとまって活動している状態を指す。
衛星竜巻(Satellite tornado)
多重渦竜巻の中でも特に、子渦が親渦の周囲を回転している場合を指す。
水上竜巻(Waterspout)、海上竜巻(Seaspout)
海上で発生した竜巻。理論的には発生しうるが、非常に稀。
空中竜巻(Funnel aloft)
発達の過程で空中に浮き上がり、地上や水上に接しなくなった竜巻。前述のように「竜巻」に含めるかどうかは研究機関等により意見が分かれている。[3]
火災旋風(Fire tornado)
大規模な火災現場に竜巻が接触した際に起こる非常に稀な現象。竜巻内部に巻き込んでいる物に次々と火が燃え移り、竜巻が炎を纏った状態になる。ブログの炎上現場などで発生しやすい。

竜巻の規模[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「藤田スケール」の項目を執筆しています。

竜巻の規模をはかる尺度で有名なものとして、“ミスター・トルネード”こと藤田哲也による藤田スケールが挙げられる。この分類では、強度の弱い方から強い方へと8段階に区別される。

階級 風速mi/h 風速m/s 風速km/h 相対度数 被害状況
F0 軽微 軽微 軽微 含めない 塵旋風の段階。目立った被害はあまり無い。
F1 73未満 32未満 117未満 38.9% 被害は比較的軽い。まれに貼り付けておいた{{スタブ}}が勝手に剥がれて飛ばされる。
F2 73–112 33-49 117-180 35.6% 中程度の被害。ほとんどの{{スタブ}}や{{節スタブ}}は剥がれて飛ばされる。
F3 113-156 50-69 181-253 19.4% 大きな被害。一部の{{Fix}}や{{Expansion}}が勝手に剥がれる。
F4 157-206 70-92 254-332 4.9% 重大な被害。ほとんどの{{Fix}}や{{Expansion}}が剥がれ、一部の{{NRV}}や{{ICU}}も剥がれやすくなる。
F5 207-260 93-116 333-418 1.1% 深刻な大被害。ほとんどの{{NRV}}や{{ICU}}が勝手に剥がれ、一部の{{削除依頼}}や{{即時削除}}も剥がれ始める。
F6 261-318 117-141 419-512 0.1%未満 莫大な壊滅的被害。ほとんどの{{削除依頼}}や{{即時削除}}が勝手に剥がれてどこかに飛ばされる。
F7 319–379 142–169 513-610 ほぼ皆無 想像もつかないような被害。テンプレートを張る事すらままならない。また、ウィキペディアでは{{要出典}}が剥がれて飛ばされる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「竜巻」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「塵旋風」の項目を執筆しています。

[編集]

  1. ^ 塵旋風は一般には「つむじ風」と呼称される。
  2. ^ 上昇気流に乱れが生じる事で発生しやすくなるため、周囲に建物がある学校の校庭などで発生する場合も多い。
  3. ^ しかしながら構造等に大きな違いは無いため、単なる気分の問題でもある。