立山連邦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「立山連邦」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「立山連邦王国」の項目を執筆しています。

立山連邦王国(たてやまれんぽうおうこく、Federal Kingdom of Tateyama)とは、富山県からの独立を宣言した連邦国家である。

独立[編集]

飛騨山脈黒部川からその西方にかけては、古来より日本第一級の山岳地帯であった。そこには独自の文化が栄え、富士と並び称されるほどの大きな山岳文化圏を形成していた。

1997年に富士が富士ガリバー王国として独立したことに刺激を受け、飛騨・黒部地域もまた独立の気運が高まった。とくにワープロ利用者の中に運動家が多く、他でもない富山県庁や日本国政府の中にも運動家が多数存在していた。

こうして2009年に生まれたのが立山連邦である。独立に際しては若手政治家による新時代国家経営戦略開発セミナー「高岡次世代経営塾(Neo-Generation-Tactical-Action-TAKAOKA)」が主導的役割を果たした。

加盟国[編集]

連邦というくらいであり、多くの国が加盟している。中心となっているのは「」と呼ばれる国である。立が初めて独立を宣言し、それに続いて他の国も独立していった。今日では国として成り立っていることことを「立国」と言うが、これは立に由来する。

また、野口五郎王国という国も存在する。新御三家の野口五郎を戴く国家である。他にも黒部五郎王国、太郎王国など、君主の名を冠する国がいくつかある。

政体[編集]

大統領・利長くん近影。

加盟各国の王の上に大統領前田利長)が君臨しており、それぞれの王たちは大臣に降格されるかもしれないプレッシャーでやきもきしている。また、政治顧問にデーブ・スペクター(建国の父)、文化顧問に滝田洋二郎(映画監督、日本国の国民栄誉賞を受賞した国賊にもかかわらず、利長の度量によって赦された)を迎えている。しかし、それらすべてをひっくるめて陰から支配し、強権的独裁体制をしいているの利長くんのファースト・レディである百万石ちゃんであると言われている

外交[編集]

外交についてはいまだ手探りの状態である。しかし高岡次世代経営塾が関東を中心に積極的は外交交渉を行っている。

また、以下の国々とは姉妹国であり、かつ目標としている。

都市[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「立山あるぺん村」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

首都は室堂。またかつては立山シェルパ村が産業の中心都市として栄えた。

2009年4月19日に立山あるぺん村を武力併合して以来、立山連邦王国の植民地として統治、村民は二等国民として差別的な待遇に喘いでいる。その事実について、日本国政府の閣僚たちは誰も気にしない

産業[編集]

かつてより狩猟及び観光業を基盤としていた。昨今では切手トランプの製造・販売を行って外貨を獲得している。いずれも「立山連邦」のロゴが入っているのが特徴である。

また、各王国でそれぞれが独自に交通網を整備した結果、連邦内でケーブルカーロープウェイ電気軌道バストロリーバスなどの様々な交通機関が生まれてしまった。それらを無理やり繋いで連邦内を横断するのが立山黒部アルペンルートである。

  • エコマイカカード(正式名称は「Ecomyca」)が有機米のギフト券みたいなものと勘違いされる事例が続出していることから、改名案の一つとして「立山連邦パスポート」(タテパス)というのが出されているらしい(外交かな?)。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]