窓際族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「窓際族」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「閑職」の項目を執筆しています。

窓際族(まどぎわぞく)とは、戦士に許された安寧である。

概要[編集]

戦乱の社会に生まれ、企業戦士として苛烈を極める泥沼の戦いに疲れたもののために窓際族という枠組みは存在している。媚びへつらい、いびられ、謂れの無い罵倒を受け、己の報酬すらも過小に評価される。そのような社会に肉体と精神をすり減らした企業戦士たちは、己の限界を感じて窓際族へと転向するのである。

窓際族とは[編集]

混沌の渦中に在る会社において、その手の及ばぬ「窓際」に座る事を許された精鋭を、畏敬の念を込めて窓際族と呼ぶのである。窓際族は会社のあらゆる争いとは距離を置き、欲をも捨て立身出世を必要としない仏門を叩いた僧侶の如き存在である。電話の鳴り響くオフィスや上司の怒号を尻目に、暖かな陽光を浴びながらコーヒーを啜るその姿は疲れを癒す戦士そのものであった。

引き際の心得[編集]

窓際族は謙虚である。常に第一線には出張らず、後ろに控えているのである。仮にトラブルを解決しろと言われたならば彼らは即座に企業戦士時代の力を行使し、即座に解決するだろうが彼らは黙し、後進に鍛錬の機会を譲るのである。のちの社会を担うものたちの育成に尽力し、上の者の顔を立てるために己の行動を良しとしない、これは彼らの引き際を心得た美徳である。

社内評価[編集]

彼らは下の者には過去の栄光に縋るかのように見られ、上の者からは何もしない給料泥棒であると考えられがちであるが、そのような事は事実無根である。確かに窓際族は肩を叩かれ易い。確かに窓際族は己の手を下そうとはしない。確かに窓際族は業務を行っていないように見える。しかし、これらを全て窓際族は栄光・栄誉を嫌い表舞台に立たないが故の誤解である。

民族への迫害[編集]

社内において彼らは非常に厳しい眼を向けられる事も多く、その一例をここで挙げる。

  • 早期に会社を退職するように要請される。
  • 陰口が増え、存在を認知されなくなる。
  • 執拗な自主退職要望が増える。

これらの他にも数多く存在するが、窓際族は決して屈すること無く、己が信念に基づいて会社への奉仕を続けるのである。

窓際族の未来[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「正規社員の解雇規制緩和論」の項目を執筆しています。

日本では正規社員の解雇が難しいため、窓際族は強制的に成立、いや、成立させられてきた。しかし、終身雇用制度の崩壊や正規社員解雇規制緩和論などにより窓際族という民族そのものが成立しなくなりつつある。整理解雇が容易になれば、いかに窓際族が一致団結し社会への奉仕活動を続けようとも、迫害はより一層厳しいものとなるであろう。窓際族が窓の外へと散り散りになってしまうのも、遠い話では無いのである。

関連項目[編集]