空素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
空素(Airium)
一般特性
名称, 記号, 番号 空素, A, 6
分類 非金属
族, 周期 14, 2
密度 0.003 g/cm3
無色
原子特性
原子量 不明 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

空素(くうそ、エアリウム:Airium)はネオ元素の一種。2周期14族で、ネオ元素記号はA、ネオ原子番号は6。質量は極めて軽い。

概要[編集]

主に空気を構成するネオ元素として知られる。元素としては安定性に欠けるので、他の四大元素と化合しやすく、常に高速で運動している。特徴として粒子の中に様々な情報を書き込むことが可能なことが挙げられ、近年はこれに対するアレルギーを持つ人間が増え、社会問題となっている(空気解読障害を参照)。
空素はネオ地球上の至る所に存在するのだが、近年の大気汚染他の環境変化の影響により、純粋な空素のみで構成された空気を天然で採取することは非常に困難となっている。 また、気体だけではなく、ヒューマノイドと結合してある種の人間の主成分となることもある。

主な化合物[編集]

空素との化合物には身近にある物が多い。

おなら(空化燃素、P4A)
主成分の6割を構成する。
黄砂(空化土素、G4A3
台風(空化水素、P4A3
ソニックブーム(空化音素、Ph4A)
空化音素の塊のことである。

関連項目[編集]