空気輸送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

空気輸送(くうきゆそう)とは、おもに交通機関における閑散区間を走行中の車両にて行われる空気の入れ替えや、ご当地気分を味わってもらうために行っている一種の慈善事業である。乗客がいないので空気が乗車している。

概要[編集]

空気輸送の一例

空気輸送とは、おもに鉄道などの交通機関の営業運転中、駅到着時のドアの開け閉めの際に駅周辺の空気の詰め込みを行い、目的地や経由地周辺に運ぶ業務を指す。通常の鉄道における貨物運送はコンテナや有蓋車を用いた貨物列車の運行によって行われるが、これは旅客列車の車両内で行われる。 空気輸送は空気の詰め込みを行うという点で、人間呼吸が入らない、いわば乗客の少ない時間帯および線区のみ可能である。したがって時間帯を問わず混み合う山手線では永久に空気輸送の列車は走らない。 営業運転を終えた後に回送として運行される列車は原則として空気輸送と認められていない。[要出典]

利点[編集]

空気は車掌(ワンマン運転の場合は運転士)がドアを開ければ勝手に入ってくる。[1]そのため立ち番と呼ばれるような駅員が常時配置されない駅(無人駅など)でも業務が可能な事から、広い範囲でこれが行われている。また、東北本線常磐線などの中距離列車では非常に広い範囲で空気の運搬が容易であり、鉄道のみならず自家用車やトラックでも業務の実行が可能な事から、活発な空気輸送が今日も行われている。
かつては、JR九州のように空気輸送の利点を宣伝するため、有名タレントを起用した例も存在した。[2]

欠点[編集]

輸送される空気。

輸送される空気にもともと需要がほとんど無い(現地での無料供給が豊富である)事などから、空気を運ぶことに建設的なメリットが見あたらない。また、空気輸送を行う路線は潜在需要も見込むべくもなく、行く先に廃止の憂き目にあうであろう路線がほとんどである。 今日、鉄道業務が斜陽産業と揶揄される理由の一つにこれをあげる評論家も少なくはない。

歴史[編集]

空気輸送は日夜問わず行われる

その歴史は古くはないものの、風潮としては各交通機関の整備によってマイカー需要が格段にあがった頃から顕著に現れ始めた。また、併走する道路などの整備や、モータリゼーションの波に飲まれ、鉄道路線において閑散区間が大量発生したころ、有効活用と合理化を建前とし、実態は廃止を免れようと虚勢を張る為に空気輸送は活発に行われるようになった。「鉄道会社や自治体にとっては恥ずべきこと」と懸念する声もあったが、鉄道路線の廃止やパーク&ライドの広がりなどの合理化の進展によって近年はそのような声が少なくなってきた。

なお、今後は「エクストリーム・空気輸送」として新ジャンルを確立しようという動きも出てきたが、協会は未だに「審議中」であり、正式な発表は出ていないまま今に至る。

空気輸送をする主な事業者[編集]

鉄道[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 八高線など乗客が半自動ドアボタンを押す必要がある線区では、例外とされている。
  2. ^ 書籍「日本のコピー500」に収録

関連項目[編集]

この空気は未だに輸送されていません。空気を輸送してくださる事業者を求めています。 (Portal:スタブ)