稲葉篤紀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「稲葉篤紀」の項目を執筆しています。

稲葉 篤紀 (いなば あつのり、1972年8月3日 - )は北海道日本ハムファイターズ、所属するLである。 もとはふにんき球団の、選手だったが、うん、無謀にもね、メジャーをね、志してね、渡米した。 ところがね、どこからもね、誘われずね、帰国してね、公に拾われる。 貧打にね、あえぐね、ファイターズの中にね、あってね、コンスタントにね、3割20本打ってくれるね、貴重なね、存在。 2014年9月にね、引退を発表したのね。

エル・ローライト稲葉[編集]

稲葉篤紀はね、甘い物がね、好きらしい。その繋がりね。ただね、それだけ。

日本代表としての活躍[編集]

北京オリンピックとかね、第2回WBCとかにもね、代表としてね、呼ばれたんだよね。特にね、WBCではね最年長選手としてね、現人神のね、世界制覇に貢献したんだよね。

イチローとの関係[編集]

イチローとはね、同郷でね、おなじバッティングセンターに通っててね、イチローにね、「あれが中京高校で4番を打っている稲葉か。」ていうね、わかりやすくね、説明してもらった。

稲葉ジャンプ[編集]

札幌ドームのね、名物。スコアリングポジションにね、ランナーがね、いる時にね、稲葉がね、打席に立つとね、うん、観客全員がね、ジャンプする。 稲葉ジャンプとね、人々は言うがね、L稲葉ジャンプとね、言った方がね、よい。 揺れがね、すごい。震度4~5をね、観測するほどのね、揺れ。 観客はね、「揺れを感じない」とね、言うがね、それはね、感覚障害。 由来はね、「因幡の白ウサギ」らしいがね、因幡てゐとはね、関係ないとね、思われる。 しかしね、時折ね、繰り出すね、トリッキーな外野守備はね、まさにね、兎詐欺をね、思わせる。 最近になってね、鈴仙・優曇華院・イナバとね、同一人物であることがね、うん、判明した。 でもねその振動を利用した悪徳蓄電もやってるんだよ

さわやか稲葉[編集]

稲葉はね、独身(バツイチ)でね、札幌のね、おばちゃんたちの間ではね、うん、すごい人気。 本人もね、「おばさんファンは裏切らない」って言ってね、大事にしてる。 でもね、ヤクルト時代はね、わりとぽっちゃりね、してたんだよね。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「稲葉篤紀」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)