稲葉一鉄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

稲葉一鉄(いなば いってつ)は、日本の戦国武将美濃三人衆の筆頭格であり、隣人の氏家卜全安藤守就らとは検閲により削除な関係だったために徒党を組んでいた。「頑固一徹」の語源になるほど頑固な性格だったらしいが、経歴や逸話を鑑みると、処世に長け教養も在り、機知の利いたところがあるなどむしろ変節漢柔軟な人物である。

来歴[編集]

稲葉一鉄(本名良通)は美濃土豪出身の武将で、斎藤道三・義龍・義興の三代に仕えた。安藤・氏家らと平和に検閲により削除なプレイを繰り返していたが、ある日織田信長による美濃侵攻が始まる。信長は一鉄に「日本中を見よ。その方、そのような検閲により削除なプレイを他の物にも味遭わせて見ぬか」と誘われ、寝返った。三人衆は各地を転戦し、特に一鉄は検閲により削除なプレイを駆使して活躍した。特に姉川の戦いでは浅井長政の脇腹をくすぐり、長政の攻撃を防ぐなど活躍した。しかし三人衆の仲間である氏家卜全は伊勢長嶋一揆鎮圧中に田んぼで転んで戦死、安藤守就は追放され、さらに検閲により削除なプレイをする相手の斎藤利三明智光秀のプレイに魅了されて出奔するなど、身辺は寂しくなった。しかし本能寺の変が起こるや否や、彼は蜂起し、美濃一帯を奪おうと画策するが、この戦いの間にセフレである安藤を殺害し、山崎の合戦で斎藤が刑死するなど、彼は孤独に陥り、頑固な性格になってしまった。1588年、寂しく自慰をしていたところ、ヌいた瞬間にショック死。享年74歳。

「一徹」の語源[編集]

彼は前述したようにセフレ達の相次ぐ死によって頑固な性格に成り果てたのだが、理由は他にもあった。人々は彼の名を「稲葉一発」「イナバ物置」「B'zシンガー?」などと呼び間違えたり、人違いなどを頻繁にしていたかららしい。「明星一平ちゃん!!」と言って呼びかけたものはその場で斬られたとか。結局これらが全て合わさって彼のセンチメンタルな心を蝕み、そのような性格にしてしまった。今で言う「軽いイジメ」であった。

逸話[編集]

稲葉山城陥落後、一鉄は信長の部屋へ招かれた。そこで信長は突如「正直、俺は武勇一辺倒だけの奴はいらない。武士たるもの、教養もなくてはならない。そこにある掛け軸の作者を言い当て、何か感想を述べろ、答えられなかった場合この場で斬り殺す」と脅した。一鉄はすぐに作者を言い当てた上、流麗かつ玄妙な絵画でありますと当意即妙の返答をし信長を感心させ、命拾いした。この逸話は晩年の一鉄自身が幼い頃の春日局に聞かせたもので、後年春日局が徳川家光や大奥の女中たちにその話を吹聴したことから膾炙した。無論この話は一鉄の作り話である。

この話のほかにも、一鉄は様々な逸話があり、美濃三人衆の中で一番逸話に恵まれている。何故なら、三人の中で家名を後世に残せたのが稲葉家のみ、つまり一鉄には逸話を捏造してくれる子孫がいたゆえ多くの逸話が今日に残っている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「稲葉一鉄」の項目を執筆しています。