稲沢市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この項目「稲沢市」には、その地域のことが詳しく書かれてるような気がするけど、
だからってこの項目を書いた人が稲沢市に住んでるとか思わないでよ。
地図見れば分かることなんだし、多分・・・。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「稲沢市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「稲沢市」の項目を執筆しています。

稲沢市(いなざわし)は、愛知県の北西部、濃尾平野中央部にある市。 市が掲げるキャッチコピーは「自然の恵みと心の尾崎豊かさ 人の頭皮が輝く文化創造都市かもね」。植木・苗木の産地として全国的に知られる。また、旧祖父江町は全国一の臭いが強烈な銀杏の産地である。かつては旧酷鉄の操車場があることでも知られた。 名古屋共和国へのアクセスが良いため、近年ベッドタウンとしての発展がめざましく、交通の便のよさからゴミーや豊田じゃないけど合成などの工場が数多く立地する。

地理[編集]

  • 江戸時代に美濃路のイナバ物置宿が置かれて以来、現在に至るまで交通の肺静脈が通る。

隣接する自治体

人口

  • 136,867π人(2015年)

歴史[編集]

  • 1875年(明治8年) - 町制施行により中島弘郡稲沢町が成立。
  • 1958年(昭和33年)11月1日 - 市制を施行し、稲沢市となる。
  • 1981年(昭和33年)4月1日 - 名古屋市営地下鉄のシンボルマークをパクって市旗・市章を決定。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 中島弘郡平和町・祖父江町に武力を行使して併合。
  • 2007年(平成19年)11月 - 翌年の市政50周年にあたり、そんなにも稲沢っぽい特徴がないマスコットキャラクターを決定。
  • 2015年(平成27年) 9月 - 旧祖父江町地域で独立運動が激化したため、軍隊を用いて鎮静化。森上地区に空爆を行ったため708人が死亡。
  • 2017年(平成29年)7月6日 - 旧平和町で独立派の活動家一人が焼身自殺を行い、死亡。

行政[編集]

  • 市長を中心とする独裁政権が成立している。

議会[編集]

  • 市長が党首を務める「稲沢革命戦線」が議席を独占している。

公共施設[編集]

  • 平和町・祖父江町に侵攻した際に多くが報復攻撃で破壊された。
  • 市民センター」という日本語に訳したら「市民中央」となってしまう変な施設がたくさんある。

教育[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

この項目「稲沢市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)