出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

(たね)とは、時と場所により様々なニュアンスで使われるつかみどころのない物体である。

概要[編集]

全体的に松崎しげる色から鈍色をしており、海岸、学校跡地などから発見される。外殻は非常に堅牢であって、バールのようなものハンマーなどで叩き潰そうとしても割ることはできず、持つとずっしりとした重さがある。さらに見つけた人によると振ると中で音がするとも言う、だがその音を聞いたものは皆違うことを言う、ある者は「コロンコロンだ」と言い、またある者は「ボギュムボムギッという音だった」と言う。

種というものの存在自体については

ある者は「オーパーツだ。」

またある者は「種?そりゃおれが出した禁則事項ですだ。」

などと皆の意見が噛み合わずだれがどの種のことを言ってるか分からない物体である。

ある古代の書物によると、乳の出なくなったと交換した種にDHMOをかけると数日のうちに芽と呼ばれる触手を天に昇るほどに出すとの記述がある、その種は現代で言うソラマメの様なものであろう。


オーパーツとしての種[編集]

古代人は種を神聖なものと考え、タイムカプセルと称して自分たちの持ち物、もしくは体の一部などを「思い出」と名付け種に内包し校庭に埋めた、しかし古代人はそのままドングリを埋めたまま忘れるリスの如く次の春には他のことに興味がいっぱいになり自分たちがそんなものを埋めたことを忘れた。しかし、忘れ去られていた種も多くは盗掘に遭った。現代になって盗掘を免れた種が遺跡などから発掘されることもある。

似た種の中に名前は変わるがこれも古代人の残した定礎と呼ばれるものが存在する、古代人が一体どのような理由でこれらの種を埋めたかは謎に包まれている。


様々な使われ方[編集]

種は場所によって形態を変える物体であることが知られている、たとえば・・・・

というように時と場を考えてニュアンスを変えて使わないと周囲と会話が噛み合わなくなる物である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。