税務署

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「税務署」の項目を執筆しています。

税務署(ぜいむしょ)とは、脱税偽札、怪しいカネの動き等を調査する機関。国税局の下部組織。日本列島各地に鎮座していて、企業の社長や大金持ちらの最初の敵である。

概要[編集]

典型的な田舎の税務署。やることがない

所得税を筆頭に消費税贈与税などを扱う機関で、確定申告などを受け付ていて、会社の得た利益を半分程度持っていくため中小企業にとっては鬼と言える機関。

上部組織には国税局と国税庁があり、税務署が行うものはどちらかと言えば軽い業務になるが、逆に一般市民が訪れる機会が多い税関係の機関といえる。職員の数も業務内容に比例していて、ただでさえ業務が少ない田舎方面での税務署では幹部が署長しかいないという事例もある。

業務内容などから終戦直後に署員が殺される神奈川税務署員殉職事件が発生するなど恨まれることの多い職業である。

権限・業務[編集]

業務の内容が税を扱うが故に、大きな収入を得て、脱税を画策する大企業の社長などにとっては敵となる。申告を漏らしてたり、所得隠しを行ってくることがある。税務署がこれに気付いたとしても大企業にもなると税務署にはとても手に負えないため、上部組織である国税局が強制捜査を行うなど権限は大して持っていない。中規模企業でも強制捜査を行える確率は半々と本当に権限がない。

また、税理士試験も国税庁で行われるなど、業務という業務も確定申告と偽札の監視、酒税系程度しかないため実質不要と言っても過言ではないかもしれない

関連項目[編集]