秋田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秋田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「秋田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「秋田市」の項目を執筆しています。

秋田市(あきたし)は、秋田県の中央部に位置する市で、同県の最大都市で県庁所在地である。

国内最大規模の油田である八橋油田を擁しており、石油の埋蔵量・採掘量ともに日本一の都市でもある。人口約32万人。

概要[編集]

秋田市の主要産業である石油採掘の様子

いわゆる裏日本にある都市として方言フランス語に似ているだの馬鹿にされているが、実際には石油産業のおかげで経済力がとても高い。そのオイルマネーを背景に秋田県植民地政策を展開している。

人口は32万人で、それでも北東北一の人口を誇り、政令指定都市化を目指していたがかなり前に断念。モノレール御所野区まで走らせようとしていたがぽしゃる。昭和75年までに全市上下水道整備の予定だったが未だ整備されず。最近市長新幹線空港がすべてあるは全国的にも珍しいと発言し、波紋が広がった。

の中心部には世界で一番大きいモグラ[1]が掘ったがあり、そこをが勝手に利用している。モグラからその穴を買う時に600億を優に超えた。そのため、もう一方の穴を買うのを断念した。など、激動の街である。また市内にナンチャッテ高速道路インターチェンジが5つあることを誇りに思っている。

秋田市民の特に若者日本語共通語と思いこんでいる秋田弁を堂々と話し、田舎者扱いを極端に嫌う。

最近では秋田市に対抗しようと他の秋田県の都市が合併により勢力を拡大しているものの、秋田市に匹敵する都市は未だに誕生していない。だがちょっと待って欲しい。たとえ人口の面で秋田市を超えたとしても、秋田県はおろか日本をも動かすオイルマネーを持つ秋田市には敵うはずがあるだろうか。絶対に有り得るはずがない

地理[編集]

秋田市民はそれほど大都市でもないのにもっぱら地域区分にうるさい。それは昔田んぼだらけの集落が団結して作った街だからだと思われる。

  • 中央区 - マンションの乱立が激しい一方で千秋公園のおかげで面積の50%以上が森林である。モグラの穴がある。時々カモシカが遊びに来る。
  • 大町区 - マンションの乱立が激しい。日銀支店がある。
  • 山王区 - 市役所と秋田総督府がある。市役所は常に総督府を監視している。また大きなレーダーもあり、秋田県を監視している。都市気取りの地下道路出口がある。
  • 八橋区 - オイルマネーで潤っている日本のドバイ。不純物が多い油は川に流すため、川は悪臭を放つともっぱらの評判。川の名をくそうづという。
  • 土崎区 - 加工貿易の典型。八橋油田で採れた石油を輸入し、加工製品を日本へ輸出している。巨大な火力発電所もある。土崎港はナウでヤングなスポット。
  • 勝平区 - 秋田市、秋田県で唯一の有人島。風車があり、電気を本州に輸出している。他の区に行く時には必ず橋を渡らないといけない。
  • 新屋区 - 巨大な電波塔が6本もある。ひそかに有名な大森山動物園がある。
  • 泉区 - 大住宅地。人より家が多い。
  • 茨島区 - 水運の拠点だったが、土崎に座を奪われた地。現在はパチンコ激戦区。
  • 牛島区 - 獣道しかない区。獣道を通る大型バスはなかなかの見もの。
  • 仁井田区 - 大道路と田んぼしかない区。かろうじて家がある。
  • 御野場区 - 人口密度がすさまじい。秋田市で1,2を競って一番最初に水に浸かる。
  • 御所野区 - 天空の城ラピュタ。区長はムスカ。気候はツンドラで、雪の量は中央区の2倍。
  • 東区 - 駅裏という軽蔑対照だった地。駅東と改名し今は見違えるほど発展した。区役所はアルヴェ。
  • 雄和区 - 空港がある。朝鮮航空一の赤字路線が就航している。
  • 仁別区 - 仁別リゾートという熊のためのリゾート地がある。
  • 四ツ小屋区 - 田んぼに四軒の小屋がある。区役所も小屋。
  • 下浜区 - 夏季限定の区。冬季に区は閉鎖される。
  • 河辺区 - 秋田県のほぼ真ん中ということで「へそ公園」がある。真冬でもヘソを出さないと入場できない。
  • 手形区 - 歴代の力士の手形が区内に展示され、区民の誇りになっている。
  • 飯島区 - 区長は飯島直子。そして飯島愛は名誉区民。女性に優しい区。

その他、外旭川区・金足区・新城区がある。

歴史[編集]

東北地方における日本海側最大の都市として名高い秋田市は、今でこそ日本では非常に珍しい産油都市としてその名を馳せているが、明治以降の大規模な油田開発がされる前の秋田は単なる寂れた地方都市でしかなかった。

秋田の歴史は、奈良時代蝦夷地攻略の拠点として現在の秋田の地を開発しようとした事から始まるが、当時の開拓者たちがこぞって「飽きた」と言ってしまったがために中途半端な形で開発がストップ。そのおかげで東北地方最大の軍都となるはずだったのが単なる一地方都市に落ちぶれ、それどころか開発を止めてしまった忌まわしい言葉である「飽きた」が形を変えた「秋田」がそのまま地名になってしまった。なんとも不名誉な話である。代わって従来の蝦夷地攻略の拠点である新潟が大開発され、現在では日本海側最大の都市にまで成長したといわれる。

秋田の地が大発展するようになったのは明治に入ってから……即ち油田の大開発が始まってからである。当時、「殖産興業」をスローガンにあげていた政府にとって、あらゆるものの燃料となる石油・石炭は不可欠主であった。そこで油田や炭鉱を擁する都市に白羽の矢を当て、燃料の採掘をするとともに開発を促したのである。このおかげで秋田は大発展。日清戦争の頃になると石油産業の興隆もあってか、秋田は市へと昇格している。

20世紀に入ると、石油輸送を円滑に進めるための鉄道として奥羽本線が開通。同時に秋田駅も開業し東京への鉄路も開かれた。大正昭和に入ると二度の大噴油、石油の燃料としての扱いやすさが知られてきたことからか、秋田の産油事業はますます大発展していく。おかげで太平洋戦争末期には、秋田の油田を狙った空襲も頻発している。

戦後になると秋田の石油採掘はピークを迎え、そのオイルマネーによって東北地方では有数の経済都市にまで成長した。外国産の安価な石油が大量輸入されてからも、秋田の石油は一定のシェアを得ておりその発展は衰退することを知らない。最近でもオイルマネーのおかげで秋田新幹線を誘致、開業し、さらに先に述べたモグラを使って東北で2番目の地下自動車専用道を完成させたことからも、秋田の経済力がまだまだ衰えてないということを国内に十分に示している。

しかし現在は秋田市は植民地の秋田県とブロック経済を行っており、他県との交流を認めていない。それゆえ、秋田県は日本から孤立することとなった。

産業[編集]

くどいかも知れないが石油の採掘が主要産業である。石油採掘に関わる企業からの税収だけで、秋田市は毎年莫大な金額の収入を得ているとされており、秋田における石油の偉大さがよく分かる。

湾岸部には小規模であるが工業地域が作られており、採掘された原油を精製する工場、あるいは大企業の生産拠点などが湾岸部に集積している。重要港湾である秋田港ロシア中国向けの輸出拠点となっており、ここでも大きな税収源となっている。

以上のように秋田市の産業は石油によって成り立っており、秋田では石油のことをと崇める人も少なくない。そう、秋田市の産業は石油にとても依存しているのである。もしある朝、目が覚めたら秋田の油田が枯渇していたらその時は秋田市は検閲により削除

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 愛称は「ほりたんぽ君」間抜けでしょ?