秋休み

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

秋休み(あきやすみ)とは、二期制の市町村において先生文部科学省および教育委員会夏休みを減らす口実を作るために設置した長期休みのことである。

内容[編集]

 秋休みは、二期制の学校には必ずあるわけではなく、したがって夏休みを減らすための口実であることは明らかである。 秋休みがあるからといって、夏休みの宿題が減るわけではなく、さらに秋休みの宿題が増えることにより、子供たちにとっては明らかな負担増である。

弊害[編集]

 これにより、夏休みの宿題を終われず暴動を起こす者が増加したが、相手は小・中学生であり、また暴動を起こすのはある程度の知性を持った人(総宿題量が増えていることに気付く人、単純に休みが増えたことで喜ぶやつが多い)に限られるため、(これは教育委員会の策略であるといわれている)秋休みは一見子供たちに歓迎されたかのように受け入れられた。
秋休みにおいてもこのようなことが起こる可能性がある。(→参照

対策[編集]

しかし、良心的な教育委員会は、子供たちのことを思い秋休みを導入しなかった。 この事態を重く見た文科省は2009年、秋休みのない二期制の市町村にスタッフを派遣。教育長の説得にかかる。 だが、「学期の節目には休みを入れるのが当然だ」という文科省の説得に従わなかった市町村が続出、文科省は次なる対策を練り始めたが、直後にその年の夏休みが終了し、また政権交代のせいもあってか、この議論はうやむやに終わっている。

結論[編集]

文科省は表立った対策をしなくなったが、いまだ水面下で対策が進められており、また議論が再燃する可能性は高い。 また、文科省のタカ派は、「学期の節目でもないのに休みがあるのはおかしい」と夏、冬休みをなくそうとしているが、これは出版業界(夏休みドリルや自由研究書籍が売れなくなるから)や日教組(休みが少なくなるから)の猛烈な反対があることが予想されるため、実現の可能性は低い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秋休み」の項目を執筆しています。