福留孝介

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福留孝介」の項目を執筆しています。

福留孝介(ふくどめ こうすけ、Kosuke Fuck You Do Me 1977年4月26日 - )は、阪神タイガースに所属するの屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツの選手。

背番号は1、たまに17、今は8。強肩・強打・ツンデレで有名。シーズン後やシーズン中のスケジュールが空いた際には、ブラックマヨネーズのボケ担当として活躍している。

通称は「ドメ」「銭ゲバ」「ブツブツ」「ドメボンズ」「裏切りの星」「ゼニキ」「ドメス」「ゼートン」「どちらさん?」

概略[編集]

プロ入りまで[編集]

生まれは鹿児島県。しかし九州男児にもかかわらず中日ファンであった。

高校時代はPL学園で暴れまくったんで、7球団による競合という1995年ドラフトの目玉になった。ところが、眼中になかった近鉄に引き当てられたため、即決で入団拒否。社会人野球へ逃避した。福留ツンデレ伝説の始まりである。

と言うのも、このドラフトで当たりクジを引き当て、興奮と感動のあまり「ヨッシャー!!」と叫んだ当時の近鉄監督・佐々木恭介を、容赦なく ふっていたくせに、後年になって、打撃コーチとして山田政権に参画してきた佐々木恭介からは、打撃指導を仰いでいる。これが福留流の焦らしによる、『監督としてのアンタにゃ興味ないが、打撃指導なら受けたい』という、ツンデレ行為の真相である。

中日在籍時[編集]

そして1998年、満を持して中日に入団。ワシが育てたと吹聴する鉄拳監督に可愛がられて、遊撃手のレギュラーに抜擢され続けた。ところが、壮絶にまずい守備を連発[1](ツン行為)。それでも打つ方では活躍(デレ行為。ただし三振の多さは、ツン行為に相当)とツンデレっぷりを如何なく披露。

しかし2002年から監督となった山田久志による、「グラウンドでツンデレは要らん」という起用方針のために、守備でツン行為の利かない外野へコンバートされる。これによりグラウンド上では素直クールという現在の福留スタイルを確立。代わりにグラウンド外でツンデレ行為を炸裂させる。この年のオフには、契約更改で揉める(ツン)が、ちゃっかり首位打者のタイトルは獲る(デレ)両面が顕著に現れている。

なお、契約更改で揉めるのは、この年以降も頻繁に見られた。

ウリナラ粉砕弾

2003年からは、佐々木による指導が結び、打率と長打が並存する打撃スタイルに変貌。リーグや球界を代表する打者としての認識度を上げ始めた。

2006年ワールド・ベースボール・クラシックに出場。一次予選、二次予選では極度の大不振で、準決勝で遂にスタメンから外れる。それでも代打で決勝2ランを放つという、ファンのヤキモキを誘うツンデレっぷり。世界の大舞台でツンデレの何たるかをまざまざと見せつけた。なお、この準決勝はこれまで2敗を喫している韓国戦だったため、福留のホームランは「3ドメの正直」という恐ろしくサムいシャレが流行ったとか流行らなかったとか。

チームに復帰してもWBCの余勢のまま活躍。だが、この年はオールスターにファン投票で選出されながら、怪我を理由に出場を辞退している。それでいて

後半戦の第1戦から何食わぬブツブツ顔で出場した上に、勝利に直結する貢献打を放っているというツンデレを披露。

さすがに、このツンデレは一般的な野球ファンからもヒンシュクを買った。だけでなく、オールスター収入をアテにしているプロ野球機構の怒りも買った。その結果「オールスターにファン投票で選出されたのに辞退したら10試合の出場停止」ルールが制定された。

そのヒンシュクを屁とも思わず、チームの優勝に結び付けたまでは、まだ良かったのかもしれない。ところがオフの契約更改で、手加減なしツンデレを炸裂させた。本人にしてみれば打率.351、31本塁打、104打点という成績に見合う要求をしただけだったのだが、『岩瀬を上回る金額なんて、けしからん!!』と言う球団に、容易く ねじ伏せられた。

おかげで、ゴネてまで入団したという球団への愛着は、いっぺんに吹き飛んでしまい、ふて腐れてしまった2007年は、シーズン途中からメジャーへの転職活動を始めだした。日本球界に対するツンデレであった。

メジャー移籍[編集]

2008年にメジャーへ移籍。現地のメディア、ファンから「FUKUDOMEはヤバい。これじゃファック・ドゥー・ミーだ!KOSUKEにしないのか」と言われたが、本名だからこれでいいの!とツン発言。

メジャーではファンからもツンデレ評価された

[1]開幕戦で3打数3安打、最終回には同点となる同点3ランを放ったが、現地ファンからは偶然だぞ」と冷ややかな声援を送られた。もっとも、ホームランを打ったときにさんざ声援を送ったことからすると、福留のツンデレを見抜いていた現地のファンが、ツンデレ性を持った応援で返した可能性も高い。実際、「偶然だぞ」の裏側には英語で「Its Gonna Happen」(奇跡か何かが起こる)と書いてあった。名前に続き、彼のツンデレさもファンに受け入れられたことを証明している。

2009年、再びワールド・ベースボール・クラシックに出場。一次予選、二次予選でスタメン起用されるも貫禄の見逃し三振を繰り返し、成績も打率2割とパッとしなかったため(ツン)、ついに二次予選決勝でスタメンを外れた。3年前の代打決勝2ランを知るファンは決勝でのデレを確信したが、残念ながら起用すらされなかった(ツン)。シーズンでデレる・・・のだろうか。

その後はお察し下さい

ダメトラ移籍[編集]

2012年オフに阪神タイガースに移籍。阪神ファンへのパフォーマンスとして「もっとお金くれないと入団しないんだからねっ」と言いながら結局一番はじめに提示された年棒で入団を決定するという、自身の得意なツンデレ&銭闘パフォーマンスを入団交渉の際披露し、阪神ファンへ(ある意味)強烈な印象を残す。このため、阪神ファンから2013年は「あのマッケンジー以上にやってくれるのではないか」と期待されているもちろん悪い意味で。 シーズンが始まると、打率1割台後半を1シーズンに渡り貫き通す。ゴールデンウイーク中には、同じくダメジャーから戻ってきたTUYOSHIからのライナーの打球をよけたことにより、膝を故障。和田は『最短10日で治すため。』と抹消。戦列復帰は8月までずれ込み、戻ってきてからも、素晴らしいバッティングと守備とツンデレぶりを披露。そして、また足首を怪我したとか何とか言って2軍落ち。ファンからは『年や、はよ辞めろ』や『マッケンジーの同類ね、ハイハイ』『不良債権』『6億返せ』『ハゲ、帰れ』など、ライトスタンドから痛烈なヤジが!

CSでも散々足を引っ張り、シーズン終わってみれば、打率は.198HR5本31打点。打点こそまだ見れる数字だが、クリーンアップを担っていたのにこれでは、ヒットが出れば「偶然だぞ」と言われるのも致し方ない。年俸10分の1の俊介に大体の成績で負ける始末。ぶっちゃけ去年で引退したヤニキのほうが活躍してた。このあまりの酷さに、阪神ファンからは『福留のライバルは打者能見』『代打で能見出せ』とまさかの投手扱い。参考までに、能見篤史のこの年の打撃成績は打率.145HR1本4打点。得点圏福留.254に対し能見の得点圏打率は.294もあるのでファンの期待値は能見のほうが高かった。

2014年になり、去年のことは「何もなかった」と逃げる始末。ファンからは今年も期待されていない。しかし、キャンプでは鬼のようにバットを振り、周囲を驚かせ、活躍するかのように見せていた。開幕して、初日、2日と全く持って良いことがなかったが、3戦目でついに福留流をやってのけるのである。2回の裏に大竹のフラフラッと上がった打球に西岡が追っていたところを、「俺が取る!!」と猛突進。結果、福留のていたらくによって西岡は、一時意識不明に陥るも、僕の方が痛い、と気にもかけずにプレーを再開。ファンからは「お前が逝け」と言われ、心配なんかされるわけない。その後は予想通り活躍できず、当然のごとく二軍落ち。しかし、ファンが「やっと落ちたか…」と大喜びしたのもつかの間、何者かの策略により戻ってきた。しかも、タックルをかました西岡と一緒に…。その後、西岡はAHRAの手助けにより復活したが、福留はお察し下さい

そして9月に入り、まさかの絶好調になってしまった。 だが打率は.253である。 いつのまにか鳥谷敬のホームラン数を超えていた。

エピソード[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「孝介カレー」の項目を執筆しています。
  • 2007年オフ、FA権によりメジャーに行く事を示唆しているが、これもメジャー行きをチラつかせつつ球団が近づくのを待つツンデレ行為の一環とも考えられている。
  • と思われていたが、あまりのツン行為に嫌気がさした球団に捨てられ、メジャーリーグへ移籍することとなった。
  • FA行使の際、「税金を取られるのが嫌」と発言したらしく、日本国へまでツンデレ行為をした。
  • 他球団に対しては徹底的にツンで、松井秀喜三冠王を阻止したりしている。
  • 非日本人であるとの噂もあるが定かではない。
  • 副業でカレー屋を経営しているがあまり知られていない。
  • メジャーでの登録名はFuk-u-do-me(犯し犯され)である。またFUKU-DOME(福ドーム)とも読む。
  • 頭頂部がすっかり寂しくなってしまった。

脚注[編集]

  1. ^ ゴロがジグザグに転がってきた、と言い訳している。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「福留孝介」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)