福浦和也

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

福浦和也(ふくうらかずや、ふさふさ)は、千葉ロッテマリーンズに所属する内野手。通称、又は2323。今ロッテで一番神に近い男と称される。もうすでに神であると言う人もいる。ホームランが一桁なのに打点は、古木あーっと2003年の成績の軽く2倍は稼ぐ。古木あーっとよりいい意味で成績がアンバランスである。

神の概略[編集]

  • 最初は投手だった。しかしハマチュー並に肩を壊しまくり結局野手に転向。ここから初芝神の力を分けてもらいつつ、打撃の能力を上げていった。すると一軍デビューするとそのまま一塁のポジションに君臨した。それからというもの、チームのエラーは半減し、打率も格段にあがった。初芝神もスタメンだと手がつけられないほど強かった。
  • 最近は調子を落としているが、これは後継者に任命した根元羞恥心に力を分け与えてるからである。実際今年の根元は調子がいいと思ったら、だんだん下降してきた。おそらく、橋本に変えたものだと思われる。しかし、その橋本も球界のお荷物に行ってしまった。
  • 2010年シーズンは韓国の大砲の加入もあって指名打者での起用が中心となり、華麗な一塁守備が見られないばかりかベンチスタートになることも多くファンをやきもきさせているが、神は1打に力を集中させることが出来るようになった結果、6月7日現在代打での成績は14打席を終えて12打数6安打(うち本塁打2本)2四球で打率.500、代打成功率は.571というトラの代打の神様も霞んで見える好成績を収めている。
  • 2010年5月13日の横浜戦で代打逆転満塁ホームランをライトポール際に放った。一旦はファールと判定されたが神の力でビデオ判定に持ち込みホームランと訂正させ、神の力は未だ健在であることを示した。ついでに代打で出た後継者もちゃっかり代打ホームランを打っている。

特徴[編集]

  • スタイルがいい。モデルできそう。
  • 脚が速そうな体型だが、実は初芝神と同じ位に遅い。
  • イチローばりにヒットを打っている事もあるので、足が速そうに思われるが、実は足が遅い。でもファーストの守備はかなり上手い。
  • 髪型がイカス。テレビに映ったときのあの姿は輝かしい。
  • 前述のとおり試合に出るとチームの戦力が強力になる。チームの応援も格段に盛り上がる。
  • あの打法はイチローの振り子を彼自身が改良したもの。その名残として肩をクイっとやってる。かっこいいのでみんなが真似したくなる。
  • 福浦のときにチャンスがくるとどんなときでも必ず「禿頭失踪」のテーマになる。
  • 氏名をよく見るとサッカーの街で有名な、ファーム本拠地の名前が入っている。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福浦和也」の項目を執筆しています。