福島正則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

福島 正則(ふくしま まさのり、1561 - 1624年)は、CRAZY野郎の多い戦国武将の中でも最も狂った男である。

概要[編集]

彼は戦闘民族であり、一時間に一度は先駆けをしないと死んでしまう「先駆けしなきゃいや~ん病」であった。そんな彼にはミスター先駆け、突進命、福島県のテポドンなどの異名がある。同僚の加藤清正が割とインテリっぽく描かれるのに対し、髭もじゃののような風体で描かれることが多い。晩年は自らが「」になってしまったと勘違いし、無念の死を遂げた。自殺だったともいうが、理由としては愛してしまった豊臣秀吉が実はサル(又はハゲネズミ)であり、これでは獣姦になってしまう、と絶望したことを今更思い出したからだという。要するに馬鹿だった。ちなみに福島県民ではない。

武士になった動機[編集]

元々彼は尾張海東郡福島村にある製造業の一大企業の「The Fukushima Okeya」の社長の市兵衛または善兵衛(成政)の御曹司である。秀吉の異母兄弟であると大ボラを吹き、幼少の頃から小姓として秀吉に接近。幼名は市松である。「The Fukushima Okeya」は百人乗っても大丈夫な桶を製造しており、彼の前途には一大ベンチャー企業の社長の座が待っていた。しかし彼の友人の助作(片桐且元)の一言で彼の人生は変わった。「桶屋なんて、風が吹くだけで儲かるダッセー職業だぜ! 今の時代は武士だろうYO! 」と彼に言い放ったのである。彼はその言葉に憤慨し、幼なじみの虎之助(加藤清正)の従父(いとこ)であり、当時まだ足軽頭だった中村弥助藤吉(木下藤吉郎)つまり、後の豊臣秀吉の配下となった。

後に正則は「俺は鎮守府将軍源満政の末裔だ!」と自称したが、これは同じく満政流と自称した水野氏同様に系譜の仮冒である。

活躍[編集]

彼の最初の武功は秀吉と柴田勝家が雌雄を決した賤ヶ岳合戦だった。無論先駆けである。彼は日本号という戦闘機を駆り、柴田軍に突進、敵将三十人以上を討ち取った。賤ヶ岳七本槍の筆頭となる。加藤清正?まともに働いてないじゃねえか!豊臣近世大名としては初の大名となり、朝鮮出兵でも愛機日本号を駆ってチョウセンヒトモドキを多数討ち取る。しかしこの後文官である石田三成らと対立。関ヶ原合戦にはもちろん先駆けとして出陣…のはずだったのだが、徳川赤軍井伊直政により先駆けの手柄を奪われてしまう。これは黒田家臣母里太兵衛に愛機である日本号を奪われてしまっていたことが最大の原因だったという(後述)。しかし合戦中は二倍の兵力をもつ宇喜多秀家勢に斬りこみ活躍する。西軍敗北後、逃亡を図った島津義弘隊にも突進しようとするが、部下に引き留められてしまった。しかし後ろを向けるのはカッコわりいと、前を向いたまま下がってきた。おいおい、そっちのがカッコわりいぜ。

晩年[編集]

関ヶ原合戦で活躍したものの、徳川家康は武勇の誉れ高い正則を警戒していた。大坂の陣では出陣を見送られ、江戸で飼殺しとなった。戦闘民族である正則はたまらずに槍を齧り、挙句の果てには全部食ってしまったという。豊臣滅亡後、雨で雨漏りした広島城の修理を行おうとした所、幕府から「あれれ~?」と言われてしまい、時計型麻酔銃で眠らされているうちに改易されてしまった。代替地の川中島でかつての初恋の人、豊臣秀吉を思い出し、しこってエクスタシーした後、虚しさのあまり自殺した。享年64歳。別の説として、「俺は弓だ。弓は太平の世にはいらねえんだ。」と間違って死んでしまったという説もある。だが、どちらかというと彼は弓ではなく不器用な斧だった。

豊臣秀吉との恋仲[編集]

豊臣秀吉はよく「サルのようだった」と風貌を馬鹿にされるが、獣ののような男であった正則には小動物系の可愛さを感じたらしく、恋心に火が付いてしまったらしい。関ヶ原合戦で戦った石田三成に対しては秀吉のお気に入りであったために激しい嫉妬心を抱いており、東軍に味方する大きな理由となったという。しかし秀吉は三成にも正則にも興味は無く、興味があったのは女だけであった。

日本号を失う[編集]

正則は酒が大好きで、八丈島に流刑となった宇喜多秀家にも「俺はこんな旨い酒を飲んでるんだぜ」と自慢しに部下をやるほどだった。ある時、酒好きの黒田家臣、母里太兵衛がやってきた所、「この酒飲んだらこれあげる」と日本号を賞品に「イッキ飲み大会」を開催した。しかしイッキ飲みを太兵衛に強要したため、脅迫罪として逮捕。日本号はドサクサまぎれに太兵衛が持ち去った。天下無双の戦闘機、日本号はこうして黒田家で「呑取」という有り難くないお名前を付けられてしまうこととなった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福島正則」の項目を執筆しています。