福塩線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福塩線」の項目を執筆しています。

福塩線(ふくえんせん)とは、広島県の崖の上のポニョ国から亀さん王国に至る、西日本旅客鉄道の路線である。

概要[編集]

福山駅から塩町駅までの路線であり、頭文字を取って「福塩線」となった。なお、全ての列車が塩町駅の先の三次駅まで乗り入れる。このため福三線でも良さそうな気もするが、ありきたりな名前になってしまう。また途中の主要駅である府中駅上下駅から取った府中線上下線では場所も分からなくなってしまうため、やはり福塩線にした方が良さそうである。

府中駅で系統が分かれ、福山-府中間の福塩南線、府中-塩町間の福塩北線に分ける事が出来る。南には電車が走り、北は気動車が走るが現在では直通運転する列車がないので府中で降りなければならない。なお府中とはいっても東京都の府中市でも、マツダの本社がある安芸郡府中町ではないので注意が必要だが、間違って手紙を送ることはあっても間違って電車で行くことはないので心配無用だ。

全国的から見てこれといった観光地がないので知名度もなく、ましては乗ったことがあるという人はあまり多くはないが、鉄道教信者からすればそんなことはない。酔狂な信者のなかには、その先の三江線と通して行く事もあるが時間がかかりすぎるのだけは間違いない。

沿線[編集]

福塩南線(福山-府中)[編集]

もともと私鉄から国有化された鉄道であり、駅間距離が短い。また快速列車等も設定されていないため、距離に比べてかなりの時間が掛かる。それもそのはず、芦田川沿いを沿っていけば府中に行くのが近いのに、神辺によるため大きくカーブしている。軌間変えて中古のジェットカーなんて意地でもできましぇん。そのため途中の横尾駅からまっすぐ北に歩いたら早く着くような気がするが、そんなことはないだろう。また私鉄時代には福山城のお堀端を通って国鉄と直角に交わるようにホームがあったのに魔改造により国鉄と同じホームから出発するようになった。また私鉄時代には南に向かう鞆鉄道もあったが遠い昔に廃止されたので知らない。あ、私鉄時代だったのはそれより前だった。また学生をはじめとする乗客マナーはあまり良くないとされる。さらに沿線の福山平成大学の前に新駅を造ろうといった話もあるが、明らかにこれ以上の駅は必要ない。

福塩北線(府中-塩町)[編集]

閑散路線である。かつては下川辺駅まで電化されたことがあり(近くに工場があった為のような気がするが事情はしらん)電車がはしっていたこともあったが、半世紀以上前に電化が廃止された。この下川辺駅から先はひたすら中国山地を分け入って行く路線である。かつて八田原駅があったがダムの建設により沈んだため、長大な八田原トンネルが建設され迂回路線になっている。そのためこの路線が一番真直ぐになっているが、その後はグネグネ線路でありかつその前を含め必殺徐行なので時間がかかる。「駅間距離が長いんだから我慢しなさい(しR西日本)」しかも沿線でこれといった観光地もないので心配要らないが、途中下車したときに途方にくれる事もある。この路線が舞台のドラマとしては浅見光彦の「後鳥羽伝説殺人事件」があるが、福塩線の名前は出てこない。

まあ廃線の恐れがあるが、県北にはさらなる過疎路線の三江線芸備線(備後庄原-東城)、木次線(備後落合-出雲横田)があるため、まだ大丈夫だろうと思われている。しかし一括して整理される恐れもあるので、今のうちに乗っておこう。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「福塩線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)