福井市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福井市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「福井市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「福井市」の項目を執筆しています。

福井市(ふくいし)は、災禍の多いことで有名な都市福井県の県庁所在地でもある。

概要[編集]

福井市は非常に災害の多い土地柄として知られており、空襲地震洪水など多くの災厄に襲われた歴史を持つ。

復興を成し遂げた途端に、また災害に見舞われることから、いつしか福井市は「禍井」と呼ばれるようになり、福井市民は、何度でも甦るといわれる不死鳥フェニックス)にすがるようになり、滅びたものもいつかは復活するという不死鳥信仰にどっぷり浸っていった。

現在でも、バカの一つ覚えのように「フェニックス」の名が多用されており、福井市中心部の行政区は「不死鳥ブロック」と呼ばれ、中心街に「フェニックス・プラザ」や「フェニックス通り」があり、毎年8月には「福井フェニックスまつり」が行われることから、市民の中二病はもはや末期であることがうかがえる。

福井市民の幸福度[編集]

福井市内には著名な観光地がなく寂しいと嘆く福井市民もいるが、うじゃうじゃ湧いてくる観光客に振り回されることがなく大変幸福である。また、福井市の人口は金沢市富山市より少ないと嘆く福井市民もいるが、福井県の中では一番多く極めて幸福といえる。

さらに、福井市中心街の空洞化を嘆く福井市民もいるが、「フェニックスの法則」により廃れた市街地もいずれは復活するため、必ずとも不幸であるとはいえない。このことから、福井市民の幸福度は高いと推測される。

地理[編集]

福井市は、北陸地方の県庁所在地の中では、最も格の低い特例市にとどまっており、中核市である金沢市富山市に大きく水をあけられた形となっている。平成の大合併では、中核市の称号を得るため、を釣ろうと試みたが雑魚しか釣れず、市勢に箔が付くことはなかった。

足羽山は福井市の象徴として名高いが、山頂付近の天候変化が激しいため、などとともに・災いなどが降りかかることもあり、近隣住民の畏怖の対象として崇められている。

歴史[編集]

福井市街の東南にあった一乗谷は戦国大名朝倉氏の本拠地として「北ノ京」と呼ばれるほどに栄えたが、織田信長によって攻められ滅びた。

滅亡の後には再生の時がやって来るという「フェニックスの法則」により、信長の家臣・柴田勝家によって北ノ庄城が築かれ、北ノ京はその名を変えて復活を果たしたが、豊臣秀吉に敗れた勝家は北ノ庄城とともに燃え尽きた

その後、徳川家康の次男・結城秀康が新たに北ノ庄城と城下町を建設したことで北ノ庄は再び甦った。さらにその後、藩主・松平忠昌が北陸の地にありながら「」の字を嫌ったため、「北ノ庄」は「福居」などという地味な名前となり、さらに「福井」となった。現在、福井城跡には福井県庁が建っており、藩政の中心は県政の中心として生き続けるのであった。

教育[編集]

幕末に建てられた寺子屋藤島高等學校は福井市におけるエリート養成機関である。群制度以降後、たった数年で高志高校にトップの座を奪われた為、毎年のように群制度解体による王政復古運動を行い、ついに念願成就してトップの座を奪い返した。

なお、同校の同窓会は県内の最高権力であり、民主党政権における小沢一郎のように全てを超越する存在である。中学生は権力に刃向いたい中二病な年頃なため、人気は高志の方が圧倒的に上だったりする。

関連項目[編集]