禁煙ファシズム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この禁煙ファシズムは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
「まぁ、そもそも喫煙する事自体、中毒者だってことですよ。中毒で頭が残念になっているから、歩き煙草等で益々禁煙ファシズムに弾圧される事が理解できない。」
禁煙ファシズム について、中期患者
禁煙ファシズム(きんえんふぁしずむ)とは拝火教の中でも軽い段階で礼拝から脱落した人間が発症する疾患である
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「禁煙ファシズム」の項目を執筆しています。

概要[編集]

拝火教は、過酷な修行を強いる事から、その修行に耐えきれずに初期段階で落伍する物も少なくない。その落伍者が反転して、極端な拝火教批判を行い出す症状を指し示す。極端に過激な嫌煙者の半数は、この疾患を患っている。また医療関係者や新聞や雑誌記事に拝火教信者が接触することで、感染するケースも確認されており、その感染経路には謎も多く確実な治療法も確立されていない。

なお、礼拝の時に立ち上る煙以上に「煙たい存在」として重度患者は扱われる事が多い。

発症要素[編集]

比較的軽い段階の礼拝を行う信者が発症しやすい。逆に礼拝に慣れた親しんだ信者であっても、突然発症することがあることから、拝火教の信者はその信仰心を試されているとも言えるであろう。又、礼拝を辞めても信仰心を失わない人間も存在するが、これは遺伝子による発現差とも言われているものの、未だ解明されない謎である。紙巻たばこでの礼拝ばかり行うと、発症率が75%を超えるとの統計が記されている為、敬虔なる拝火教信者は、出来るだけ次の段階に移行するのが好ましいとされる。

症状[編集]

全般的に、礼拝だけに否定的になるのが特徴で末期症状まで進行すると、もはや不治の病となりうる。

初期段階[編集]

この段階であれば、再礼拝を促すことで病状が改善する可能性があるが、エビテンスはない。

  • 礼拝行為に疑問を持ち始め、礼拝をやめようとする。

なんと罰当たりな!

  • 礼拝に使用した金額を顧みて激しく後悔し、金の無駄と叫ぶ。

おやつ代が嵩んでも気にしない

  • 節約の為に礼拝代を倹約しようとする

ガソリン代は気にしない

中期段階[編集]

この段階は無理矢理礼拝させればいいかも。でも、やっぱエビテンスはない。

  • 他者の礼拝を避けるようになる。(忌避反応)

でも蒲焼きの煙は好き

  • 礼拝に関して「あんな物辞めるべきだ」と誰も聞いてないのに、わざわざ発言する。

凄くうるさい

  • 拝火教教徒に向かって、(特にネットで)攻撃的反応をしめすようになる

現実世界では静か

末期段階[編集]

そんなにカリカリしないで、一服付けろよ?

  • 拝火教教徒に対して礼拝を辞めるように、強い口調で強要をする

信仰の自由があるってば!

  • 礼拝行為を感情的に批判し、礼拝者の人格を否定する

求道者は非難されるのです

  • 権威があるとされる、他者の発言を引き合いに出し礼拝が危険とわめく

礼拝は体に悪いからこそ崇高なのです

  • 礼拝を過激な嫌煙思想で見る為、礼拝に関して際限なく持論を展開し言語が通じない

あいどんとすぴ-くいんぐりっしゅ!

  • この段階になると市民活動家になってまで糾弾をし出す

こわいよ!

関連項目[編集]


この「禁煙ファシズム」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png