禁欲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

禁欲(きんよく)とは、インポテンツにひそかに悩み、性的に成熟した人々をひそかに妬む僧侶が、自己を正当化するために、発明した概念。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「禁欲」の項目を執筆しています。

概要[編集]

禁欲は、粗末な食生活(→菜食主義)でインポテンツを患った僧侶が、大衆どもがセックス自慰に耽る様を羨み恨んで、それらの行為が不浄で罰当たりな行為だと主張し、自己正当化し、大衆どもに罪悪感を植えつけために発明した概念である。一説には、ゲイロリコンSMスカトロ等といった変態行為でしか性欲を満たすことの出来ない僧侶達やローマ法王が、ノーマルなセックスにひたる大衆どもに嫉妬して、ノーマルな性行為を不浄と定めたというものもある。

本来、生物動物)の中でも有性生殖を行うものの基本原則として「ってて、してセックスする」というものがあるのだが、この禁欲では宗教の誤った解釈からこれらの行為を禁止し、不健康な状態に陥らせる。この禁欲を強いられた者は、夢精鼻血・あるいは持続性勃起障害(いわゆる「勃ちっぱなし」)など不健康な状態を引き起こし、いつ何時強姦痴漢といった犯罪行為を起こすか知れたものでは無い状態になる。

このため禁欲は多くの場合において嫌われているが、一部ではこの禁欲こそが少子高齢化などの問題を生んでいると考えられる。

別の側面[編集]

ただし過度のセックスや自慰は、精液濃度の低下を招くため、適度に禁欲することも必要だとする性科学者もいる。一般的な成年男子の場合、満タンまでにかかる時間はおよそ72時間である。これらでは、適度に我慢する事で男性は我慢汁が出やすくなり、女性は伸び切ったの締りが良くなると考えられている。

この辺りは、より良い戦争をするために一定期間の平和が必要なのと同じ理屈だと言えよう。

関連項目[編集]