神聖ヒロシマ人民共和国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
9条国旗.png
九条を守れ!
ヒロシマ・ナガサキの悪夢を繰り返すな!!!!!!!!!
朝日新聞(ちょうにちしんぶん)認可
Asahi logo.jpg
本項の文章と内容は、完全に正しい事実として朝日新聞論説員により認定されており、

全ての自宅警備員と朝日新聞購読者に見せることが認可されています。

この資料を疑った場合は周辺事態法の定めにより逮捕され宮城刑務所に収監されます。

神聖ヒロシマ人民共和国
大琉球および広島・長崎連合人民共和国
9条国旗.png [[File:|100px]]
(国旗) (国章)
国の標語 : 九条を守れ
[[Image:|250px|神聖ヒロシマ共和国の位置]]
公用語 日本語広島弁(893言葉)
長崎(西九州)弁)、琉球語
首都 広島市
最大の都市 広島市
指導者 不明
国家主席 松井一實(広島市長を兼務)
首相 田上富久(長崎市長を兼務)
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第99位
9百万原爆ドーム平方km
9%
人口
 - 総計(
 - 人口密度
世界第99位
9百万人
世界第xx位
999人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 山村辰雄(山守義雄)、
美能幸三(広能昌三)、
中沢啓治(中岡元)、
山本浩二衣笠祥雄
達川光男津田恒実
有吉弘行アンガールズ
平和宣言 1947年8月6日
通貨 (JPY)
時間帯 UTC +9 (DST: )
国歌 【国歌】 ひろしま平和の歌
【軍歌】 それ行けカープ
宗教 9条宗、広島カープ
国際電話番号 99

神聖ヒロシマ人民共和国(しんせいひろしまじんみんきょうわこく、英名:People's Republic of Sacred Hiroshima、中簡体:圣广岛人民共和国)は日本列島広島地方、長崎地方、琉球地方などを飛び飛びに領有する宗教国家である。略称は神聖ヒロシマ共和国(しんせいひろしまきょうわこく)、または単にヒロシマ共和国(ひろしまきょうわこく)と呼ばれ、これらの表記が一般的である。連邦国家としての正式名称は大琉球および広島・長崎連合人民共和国(だいりゅうきゅうおよびひろしまながさきれんごうじんみんきょうわこく)である。世界中の人達に広島・長崎の悲劇を知らせるために、「ヒロシマ・ナガサキ」とカタカナで表記される。外人は漢字を読めないし、発音もできないからである。

宗教[編集]

神聖ヒロシマ共和国は反戦教九条宗を国教としている。これは九条を守れば国が平和になり九条に背けば国が滅ぶ、という仏教の日蓮宗に似た宗教である。しかし、九条宗徒は国民は日常のあらゆる場面において九条のお題目を唱える、という点で、仏壇の前くらいでしかお題目を唱えない日蓮宗より進歩的であるという。

神聖ヒロシマ共和国は、建国以降はゴジラ映画の劇中において破壊されたことすらないことからも伺えるように、神聖なる九条宗の力に守られた国である。神聖ヒロシマ共和国の国民は生まれたときから九条宗の洗礼を受け、人生のさまざまな場面で邪悪な日帝軍の事実や残酷な鬼畜メリケン帝国によってもたらされた原爆の悲劇を確認している。憎むべき敵は軍国主義の象徴である天皇教の教皇であり、帝国主義の象徴たるキリスト教の大統領である。宗徒はまた、日々地球国家の建国を願う地球市民でもある。

神聖ヒロシマ共和国では信教の自由は認められていない。ユダヤ教マルクス宗などごく一部の九条宗に近い宗教をのぞき(実際の所マルクス宗は武力を否定していないのだが)、他の全ての宗教を戦争を生み出す悪辣なカルトであるとし、厳しく排斥している。また思想の自由も認められておらず、特に九条の効力を疑うものは即時に村八分にされる。

教育[編集]

神聖ヒロシマ共和国の教育は九条宗の思想に基づき行われる。カリキュラムは日本と酷似しているが、日教組の中でもとびきりの進歩的文化人によって提唱された思想教育が追加されている。

九条宗では原爆が落とされた直後の悲惨な被害者の姿や、731部隊アウシュビッツ強制収容所で処刑される罪なき人々の生々しい姿、それに南京大虐殺を行う残酷な日本兵の映像や写真を使った教育が行われている。これは初等教育の段階から既に行われており、その痛々しい姿に泣き叫ぶ児童も少なくない。この教育法について、以下のような批判が出ている。

  • 残酷な場面を隠して判断力を奪うマインドコントロールに失敗しているのではないか。
  • 世の中に存在するグロテスクな事象を子供から隠して青少年の健全な育成に悪影響を与えないようにしているのか。
  • 事実であるとの国際的な共通認識が出来ているものを、事実かどうかわからないものとして植え付けている。

しかし、九条宗徒はこれら地球規模の犯罪の事実を次の世代へ伝えていくことが人類全員の責務であると考えている。これは見せたくないものを見せないことで青少年をマインドコントロールする権利や統合失調症患者が景観権という実体のない妄想を主張する権利よりも優先し、そのためには統合失調症患者が少しの児童が体調を崩したという妄想を抱くことができないのもやむを得ないというのである。

こうして教育された宗徒は、九条に基づいた正しい善悪の判断を瞬時に行えるようになり、それはいずれ地球国家の建国へと結びつき、世界は平和になるという。

聖地[編集]

九条教の聖地である原爆ドームや平和記念公園が共和国政府の手厚い保護を受けている。国民は最低でも年一回はその聖地を訪れ、「安らかにお眠りください。過ちは繰り返しませぬから」と祈りをささげる。

そして、毎年8月6日には首都広島市で平和祈念式典が開催され、その3日後の8月9日には副都長崎市でも開催されている。被爆65周年にあたる2010年の広島式典では、秋葉忠利こと姜玄徳国家主席(当時)が「ああやれんのう、こがあな辛い目に、なんで遭わにゃあいけんのかいのう」と、慣れない広島弁で高らかに平和宣言を読み上げたことは記憶に新しい(ちなみに秋葉氏は東京出身であり、帝国主義に激しく抵抗を繰り返した末にヒロシマに亡命してきた左翼で、数学者にして元キャスターという変わり者である)。

余談だが、過去に、平和記念公園の折鶴に放火した者や石碑に落書きをした者は逮捕され、共和国の裁判所死刑を言い渡されたこともある。この国の人々がどれほどこの聖地を大切に思っているかを示すエピソードであろう。

また、過激な九条宗の信者は、「日本共産党本部こそ真の聖地」と主張している。

外交[編集]

大阪民主主義人民共和国との関係[編集]

大阪民主主義人民共和国(北大阪)は、神聖ヒロシマ共和国と同じく日本から独立した反日・反米の社会主義国家であり、あらゆる面で利害が一致する。今や大阪民主主義人民共和国は神聖ヒロシマ共和国にとって一番の友好国である。神聖ヒロシマ共和国は、後述の大阪民国とはいろいろあって仲が悪いため、大阪民主主義人民共和国主導の赤化統一を支持している。

大阪民国との関係[編集]

大阪民国(阪国)は、お好み焼きの起源をめぐって神聖ヒロシマ共和国と激しい論争を繰り広げている。また広島カープの人気選手を阪神タイガースがFAでかっさらうこともあり共和国の嫌阪感情は強い。これに加えて近年では、平和記念公園の折鶴に放火した犯人が阪国人であるとの情報が出回った[1]。さらに石碑(慰霊碑)に金色のペンキを吹き付けた犯人も阪国人と噂されたため(実は北大阪人だったが)、神聖ヒロシマ共和国における対大阪民国感情は非常に悪い。このように、本来ならば日本という共通の敵国を持つ者同士として互いに協力し合うはずであった神聖ヒロシマ共和国と大阪民国は意外にも犬猿の仲である。

フクオ韓国との関係[編集]

フクオ韓国(博国)とは、「短気で気性が荒く、粗野で柄が悪い」、「目立ちたがり屋で自己主張が強く、非協調的」、「祭りや新しいものが好きで、熱しやすく冷めやすい」、「遊び好きで、後先のことを考えず無責任で他力本願な楽観主義者」など、神聖ヒロシマ共和国の国民(特に広島市民)と気質が非常に似通っていることから、良好な関係にあると言える。些細なことでもカッとなりやすく、瞬く間にヤクザに豹変する性格なんかはまさに一緒だ。また広島・長崎・琉球と飛び飛びに領有する神聖ヒロシマ共和国にとってフクオ韓国は山陽新幹線・在来線特急・航空機のいずれか一つで行け、しかもいずれも頻繁に運行しているため、先の気質の同一性も含めフクオ韓国側に合併を呼びかけている。

特定アジア諸国との関係[編集]

反日という面において、神聖ヒロシマ共和国は中華人民共和国(中国)・大韓民国(韓国)・朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と利害が一致する。そのためこれら三ヶ国とは友好関係にある。ちなみに、中韓朝は大阪民国とも関係が深いため、神聖ヒロシマ共和国は「中韓朝は大阪民国とは手を切るべき」とのスタンスをとっている。

シーサーなどにみられるように、琉球の文化は中国の文化の影響も強い。長崎には大きな中華街があり、長崎ちゃんぽん皿うどんなどの独自の中華風料理も生み出されている。このように、神聖ヒロシマ共和国の構成国である琉球や長崎は文化的な面においても古くから中国と深いつながりがあったことがわかる。

イスラム戦士との関係[編集]

2001年9月11日にアメリカで発生した同時多発テロについて、アメリカ政府はそれより前にアルカイダがヒロシマを計画しているというメッセージを傍受していたと発表した。これについて神聖ヒロシマ共和国政府は、アメリカならびに日本を攻撃目標とする核兵器は神聖不可侵たる正義の核であるとの声明を出し、イスラム戦士を賞賛した。

また、九条には法華経の斜め上方向の効力があり、九条を唱え続ければ非道な国は全て沈没させることも可能と説明した。神聖ヒロシマ共和国政府の関係者は、イスラム戦士はなぜアラーの神の定めた正義を信じきれないのかと首をかしげている。

テロ支援国家問題[編集]

2006年9月20日、大日本帝国の極右の首魁・安倍晋三が、神聖ヒロシマ共和国は東アジア反日武装戦線や日教組などのテロ組織を支援していると非難し、各国に波紋を呼んだ。これについて、神聖ヒロシマ共和国政府は、大日本帝国こそ悪の枢軸アメリカと世界制覇を目指し武力拡充を図っている軍国主義国家であると反撃した。

なお、神聖ヒロシマ共和国政府は中華人民共和国の武力拡大について過去「地球国家の建国を阻む悪魔どもをなぎ払う神兵のごとく見え心強い。早く日本を殲滅してもらいたい」とコメントしている。

軍事[編集]

九条教の思想の元、神聖ヒロシマ共和国下においては全ての軍事的行為が否定されているように見えるが、実はそうではない。終戦直後の無政府状態から国民を守った民間武装組織が今も存在し、その輝かしい歴史は映画「仁義なき戦い」に克明に記録されている。また他国の邪教徒を駆逐するための国営球団広島東洋カープが存在している。しかし国からもらえる軍事予算が非常に限られており、高年俸で有能な軍人を雇用することができないため、最近では永年Bクラスという弱小軍団である(かつてはスター軍人を生み出して黄金時代を築いたこともあったが、近年は有能な軍人を育ててもその彼らが阪神タイガース教に染まり、強奪され続けている)。

交通機関[編集]

首都ヒロシマには独立前の遺物である山陽本線が通っている。近年ヒロシマを走る殆どの電車の色が黄色一色になった由来については「9条が世界を平和の光で照らす象徴」とか「幸せを呼ぶ色だから」など諸説ある。ただヒロシマ地区の在来線を管轄する國鐵廣島鐵道管理局は数ある説の中でも「車両の塗装費を浮かしたいから」というものに関してはこれを全力で否定している。

脚注[編集]

  1. ^ 折り鶴放火事件 - Wikipedia

関連項目[編集]