神社

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、株式会社について記述しているばい! 秘密基地につ・い・て・は「神社 (秘密基地)」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神社」の項目を執筆しています。

株式会社神社(かぶしきがいしゃじんじゃShrine Co., Ltd.)は、神道金儲け精神に基づき、信者を初めとする参拝客から賽銭箱やお守り、おみくじなどの道具を使って現金をむしり取ることを目的とする株式会社。東証一部上場。

概要[編集]

創業当初は「かみじゃ」と読んでいた。これは「(我らは)神じゃ!」という創業者の名言に由来するとか

「じんじゃ」という読みに変更されたのは、検閲により削除為。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

起源[編集]

神社の創業者は不明である。

創業時は、的屋(てきや)で、の際の出店に於いてを設置し、が居ることにしてお守り等を売りさばいていた。


しかし、恒常的に金が欲しくなった同社は、後に寺からあるアイデアを真似た。そう、賽銭である。

社殿と呼ばれる建物を建て、そこに神が居るということにして、賽銭を払わせ、さらにはお守り等のグッズを買わせる。

氏子(しっこ、ミ濾しヲタの会会員もこれから取って氏子と呼ばれる)と呼ばれる店員たちは「エリート」と「信者」に分類され、前者は厳しい入社試験を通過し、後者は熱意を認められ、入社している。勿論エリートは祈ったことすらない。

支店[編集]

当初は伊勢神宮が本店であり、名前も無かった。

しかし、事業拡大に伴い支店が設置される。名前は「○○支店」ではなく、「○○神社」。本店以外は寺院に比べて質素な造りで、いわば「屋代(やしろ)」といえる。つまるところ掘っ立て小屋である。 しかし次第ににライバル意識を抱き、豪華な様式の「御屋(みや)」になっていった。

因みに参拝客がお参りすることができるのは拝殿までで、神体があるとされる本殿には足を踏み入れることができない。これは、内部の構造を安く作ったため公開するにはみすぼらしいからである。 つまり、仮に入ることができたとしても、せいぜい棚の上にが乗っていて榊の枝で飾りつけられている程度なので、特に面白いことは何もない。

寺をライバル視しているため、明確な区別がつくよう、鳥居をたて、玉垣をめぐらし、注連縄を用いて結界を張り、狛犬に監視させているという。

境内にはメインとなる神殿の他に多くの摂社や末社が賽銭を余分に取る為だけに設置されている。

神道金儲けの為に発生した新興宗教であるため、厳しい教義は有っても経典はない。

また、支店のデザインは支店設置時の支店長に委ねられているため、建物の外観、鳥居の形、狛犬、灯篭、手水舎など、それぞれの支店が好き勝手にデザインしてしまっており、全くまとまりがない。

祭り[編集]

祭りは出店等で非常に儲かる上、同社の原形が的屋で有るため、いつからか独自に祭りを開催することになった。

当初は、これといった目玉は無かったが、後に浅草神社にてミ濾しが開発され、そちらが目玉となっている。詳細は当該記事も参照。

また、それが起因したのか宗教行事としての祭りは、神社では盛んたが、寺などではすっかり衰退してしまい、だいぶ珍しくなった。勿論宗教に無関係なものは沢山有る。そちらに関しては祭りを参照。

因みに営業部祭実行課の社員は「神職」と呼ばれる。その語義は非常に曖昧で、課長のみの場合も有る。常に社長と他部署とのあいだで板挟みになるため、気苦労の絶えない部署である。

当課には、他にも宮司禰宜巫女という役職が有る。

支店の肩書き[編集]

支店の中でも、規模の大きい支店は神宮大社と呼ばれ、有力な神を祀るとされる

神宮
神宮とは、本店である伊勢神宮の正式名称である。近年は、主幹支店にも神宮という肩書きが付けられている。
大社
大社(たいしゃ)は、やや主幹な支店である。単に大社(おおやしろ)といえば出雲大社を指す。他には諏訪大社、住吉大社、宗像大社、松尾大社、富士山本宮浅間大社、伏見稲荷大社、南宮大社などが戦後社格がなくなったことをいいことに勝手に大社を名乗りやがった。ちなみに、人生の中で一度は訪れたい大社は新陳大社である。
神社
いうなれば、その他大勢の雑魚である。ただし、雑魚でも世界遺産、国宝、特別天然記念物、特別史跡、国立公園などタイトル総なめの厳島神社など影の実力者もいるので侮れない。

主な店舗[編集]

総本社(神社ホールディングス)※異説も多い
本社(本店)
支店

取扱商品[編集]

  • 大麻
  • お守り
  • おみくじ
  • お札(おさつ) - 株式会社神社は日本銀行ではないが日本銀行券を発券している。これが偽札であるということは口に出してはいけない。
  • 鏡餅 - 寄り代の一種。これは、山から下りてきた年神をもてなしご機嫌を取って、新年の豊作を無理にでも約束させるとされるものである。鏡餅はがとぐろを巻いた状態を模しているが、これは年神とは蛇であるとされるため

関連項目[編集]

Uporg659371.jpg 株式会社神社は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)