神奈川東部方面線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

神奈川東部方面線(かながわとうぶほうめんせん)とは、鉄道教徒による多大なる妄想が実現する一つの方法である。

概要[編集]

建設されるのは相鉄線の西谷駅から、今は使われていないはずの東海道貨物線の横浜羽沢駅の無理矢理近くに駅を置き、さらに混みあっているはずなのに快く提供してくれた新横浜駅、そして東急東横線は新綱島駅から日吉駅にかけて、JR線は横浜羽沢駅から東海道貨物線で鶴見線および横須賀線の線路に入り、湘南新宿ラインと同じ形で列車を走らせることとなっている。何がなんだかわからないので、詳しく知りたければ物好き辞書に頼ることを強く推奨する。

経緯[編集]

さて、なぜこのようなゴチャゴチャした路線を作ろうかと思ったのだろうか。一つにハマの人口減少がある。いままでバブルなどで横浜は常に最先端をゆく近未来都市として名を馳せてきたはずなのになぜこのような失墜が見られるのであろう。そんなことはともかく、横浜だけでは相鉄は生き残れないと悟り、今まさに副都心線によって東武線西武線とつながった東横線を標的としたのである。その際、つなげるのは大体大倉山駅であろうと予測されていたのにもかかわらず、「東急だけでは心配だ」などと思ったどうかはわからないが、ちょうど近くに東海道貨物線の貨物駅がある、鉄道空白地帯を通ろうと画策、いっしょにJR東日本とも直通しようと欲張ったのである。そして、この項目ではそれにより出来るルートを一つ一つ細かに解説する。

新路線について[編集]

  • 海老名駅から東海道貨物線、湘南新宿ラインを通り高崎線方面に至るルート
この場合、小田急小田原線と大きく内容がかぶってしまう。それどころか、小田急のほうがより速く新宿駅に着けるので、全く需要がないと思われる。
  • 湘南台駅から東海道貨物線、湘南新宿ラインを通り高崎線方面に至るルート
この場合であっても、小田急江ノ島線経由で小田急小田原線に乗れば確実に早く行けるのであるため、この路線を作る理由は川崎市渋谷区を通るだけである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、湘南新宿ラインを通り宇都宮線方面に至るルート
宇都宮線は昼間はあまり本数が多くないこともあり、需要は限りなく低いとされている。また、海老名も宇都宮線もベッドタウンであることに替わりはないため、根本的にいらないというのが現実なのではないだろうか。
田舎から田舎を結ぶ路線など、採算が取れないことは流石のJR東日本も承知のうえである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、上野東京ラインを通り高崎線方面に至るルート
最新路線を通り、高崎線に行く。それはいいのだが、この電車の利点は東京に出やすいだけである。別に東京に何かがあるわけでもないわけで。
そもそも、新幹線に乗るのならまさにこの路線の途中、新横浜駅で乗ればいいだけである。
  • 海老名駅から東海道貨物線、上野東京ラインを通り宇都宮線方面に至るルート
宇都宮線から新横浜まで行けるということはとても良いのだろうか?はたして、それに需要があるかどうかを考えること、それは時間の浪費であるかどうかはお察しください
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、上野東京ラインを通り常磐線方面に至るルート
ボランティアをするならともかく、常磐線に乗り入れるということは地獄に足を突っ込むことと全く変わらない。
観光目的とはいえ、その目的を達成したいのは鉄道教徒に限られ、ただの自己満足というだけなのである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、横須賀線を通り成田空港に至るルート
ついに成田に直結、相鉄。しかし、羽田空港のほうがより良いのではなかろうか?
海外便は成田空港が多いものの、普通に横浜から京急に乗るほうがよほど早い。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、りんかい線を通り舞浜方面に至るルート
埼玉からも、神奈川からも直結。ただし、そんなものを作って喜ぶ人はいるのだろうか。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、計画中の羽田新線を通り羽田空港に至るルート
新発想の計画。ただし、羽田新線は品川方から来るので、スイッチバックを余儀なくされる。
同じことをするなら、よほど京急空港線で行ったほうがマシというべきであろうか。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東急東横線、副都心線を通り西武池袋線方面に至るルート
東急東横線はただのベルギーとなってしまう。これで県央のサル園から秩父のクマ園に直通することができる。
だからと言って、それが何か役立つかといえば、それはないに等しいのは確定的に明らかである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東急東横線、副都心線を通り東武東上線方面に至るルート
東武東上線に入っても、通勤がより面倒になるばかりである。もう横浜には直通できるし、まったく理由が感じられないのが本音であろう。
旨味が感じられないため、東武鉄道も正式なコメントは止めているというのが現状である。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東急目黒線、南北線を通り浦和美園駅に至るルート
だがしかし、海老名駅から浦和美園駅に行くことの重要性がまるでない。ベッドタウンばかりをつないでも、特に功績は発見されない。
それとも、つなぐことでマネーが得られるのであろうか。相鉄の考えは意味不明といったところか。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東急目黒線、三田線を通り西高島平駅に至るルート
もともと、三田線は東武東上線につながる計画があった。その当時はとても高島平は賑やかであったからである。
しかしここ最近では高島平はすっかり廃れてしまったので、今更作っても意味はない。

結論[編集]

作っても無駄。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神奈川東部方面線」の項目を執筆しています。
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第33回執筆コンテストに出品されました。