祇園祭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
祇園祭(ぎおんまつり、ぎおんさい)とは、梅雨明け間近の京都で開催されるエクストリームスポーツの一種。八坂神社の祭りで、日本三大祭として著名であると共に、全国各地から観光客が押し寄せ、その数は京都市の人口に匹敵することでも名を馳せている。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「祇園祭」の項目を執筆しています。

概要[編集]

一般的には祇園囃子や静止した鉾の優雅な姿を思い浮かべる人が多いが、それは祭りの一側面にすぎない。祇園祭の真骨頂は山鉾巡行にある。その巡行スピードは屈強な男達の手により優に60km/hを超え、3つのカーブを曲がる際の"山鉾ドリフト"(一般に辻回しと呼ばれる)が最大の見所である。この山鉾ドリフトを行う際の障害となることを避けるため、京都市全域に建築物の高さ規制が敷かれている。

主な日程[編集]

  • 7月2日 祭りの命運を決めると言っても過言ではない"くじ取り式"が行われ、ポールポジョションが決定される。このくじ取り式で決まった順が巡行のスタート位置となる。
  • 7月14~16日 宵山。最も多くの人が訪れる期間で一年分の観光収入をたんまり稼ぐ。
  • 7月17日 運命の日、山鉾巡行である。

ルール[編集]

ルールは至って単純である。まず、四条烏丸周辺の各スタート位置に揃った山・鉾が午前9時合図と共に一斉にスタートする。男達の手によって加速した山鉾は時速60km/hを超え、四条河原町・河原町御池・新町御池の3カーブで最大の見所、山鉾ドリフトが行われる。このコースを走破し、一番に鉾町へ戻ってきた鉾を管理している町が優勝となる。

関連用語[編集]

  • 山鉾ドリフト
基本となる技であると共に、最大の見所でもある。時速60km/hを超える鉾のスピードを落とすことなく、カーブを曲がる。当然危険も伴い、毎年多くの鉾がドリフトに失敗しリタイアを喫する。このドリフトでの人的被害、また鉾への被害を最小限に抑えるために、山鉾は容易に解体が可能な構造となっており、ドリフトに失敗した際は壁面や人並みへの衝突寸前に瞬時にバラバラに解体される。
  • 長刀鉾
1000年を超える祇園祭の歴史上、最も優勝回数の多い最強の鉾である。頭頂に飾られた長刀から車輪に至るまで大変優美な姿をしている為、人気も高い。巡行においては、優勝回数が示す通りの実力を有する。また、山鉾ドリフトを行う際頭頂の長刀が凄まじい切れ味を有しているため、ドリフトの傾斜半径内に人が立ち入ることは固く禁じられている。この長刀による、建築物の壁面損傷などが遠因となり、京都市には建築物に対する厳しい高さ規制が敷かれたと言われている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


関連項目[編集]

この項目「祇園祭」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)