社説

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

社説(しゃせつ)とは、主に新聞が掲載している記事であり、文学上の形式は随筆である。

概要[編集]

たいていの場合社説はあまり突飛なことは記載せず、同業他社と横並びで同じような当たり障りの無い内容が難解な文で書かれている。そのため、この記事の読者は通常極めて少ない。

この随筆として有名なものに朝日新聞の社説と、記事よりも社説に力を入れている産経新聞のものがある。この二社は非常に仲が悪く、社説で互いの揚げ足取りを行ったことでも有名である[要出典]

記述者[編集]

社説は論説委員会と呼ばれる組織の会議の結果をまとめた議事録であるとも言われている。

論説委員会のメンバーには通常メディアのトップなどが多く、結果として内容はアレなものとなってしまう。なお社説で有名になるのは、そのほかの記事がアレであると言うことになりかねないため、あまり目立たないのがよいとされる[要出典]

問題作成[編集]

また、それなりに小難しい文章で記述されており、たまに国語試験の問題として時々用いられている。しかし、通常、試験の問題に用いられる文章は読みづらい悪文である必要があり、当然、新聞の目的である「事象をわかりやすく他の人に伝える」と言うことに反しているダメな文章である。

つまり、何が言いたいのかと言うと「試験問題に採用!」と喜ぶべきものではないと言うことをここに記述しておく。

社説の実例[編集]

この項目では社説の実例を記述する。しかし、新聞等の社説の引用は当サイトでは禁止されており、なおかつ、以前刑されていた文章はアンサイクロペディア元老院によりクレームがつけられたため、今回新たに書き下ろした短めの文章をここに記述する。

Quote1.png

今こそ寛容さが必要だ

アンサイクロペディア日本語版において、過去のつまらない記事に対する風当たりが強くなっている。最近では歴史的記事に指定されていた文書類がすべて削除されたり、かなり昔に記述されていたこの記事の内容にダメ出しされたりしている。こうした事態が続いていることについて読者のほとんどは無関心である。しかし、無関心でよいのだろうか。

「成功している記事はいじるな」という原則がアンサイクロペディアにある。つまらない記事がそれまで削除されなかったのは成功している記事だったからだろう。またこうした記事はアンサイクロペディアの歴史を窺い知れる貴重な資料でもある。過去の記事の削除はアンサイクロペディアの歴史を改竄する行為に他ならないのではないか。

自由きままな百科事典として出発したアンサイクロペディアは転換点を迎えている。管理者は重い腰を上げて、削除主義者からアンサイクロペディアの歴史と理想、そして言論の自由を守らなければならない。

Quote2.png

—2011年6月17日付 ○○新聞

Quote1.png

クソ記事を放置するな

アンサイクロペディア日本語版において、過去のつまらない記事の削除議論が活発化している。最近では歴史的記事に指定されていた文書類がすべて削除されたり、かなり昔に記述されていたこの記事の内容にダメ出しされたりしている。

長い間、過去のつまらない記事は放置されるか包摂主義者によって削除を阻まれてきた。結果としてクソ記事が増加し、アンサイクロペディアのウィキペディア化といった深刻な問題が発生するようになった。削除主義者の怠慢を指摘する声も一部では聞かれるが、過去の事は水に流して削除主義者に協力することが急務ではないだろうか。

自由きままな百科事典として出発したアンサイクロペディアは転換点を迎えている。管理者は重い腰を上げて、アンサイクロペディアの精神をクソ記事から守り、包摂主義者の包囲網を形成すべきだろう。

Quote2.png

—2011年6月17日付 ○○日報

関連項目[編集]