社会問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「どげんかせんといかん」
社会問題 について、そのまんま(笑)

社会問題(しゃかいもんだい)とは、一般に広くその存在が知れ渡っていないにも係わらず、マスメディア政治家動物自然などの愛護・保護団体などが、ことさら大げさに個人的問題や懸念を主張する祭りである。

概要[編集]

このように形容される問題・懸案事項(解決が求められる問題点)は、一般の人々にとって「言われて始めて知った」という場合が多く、大半は3日もすれば忘れてしまい、祭りが終息する。

これに属するものは、ちびっこ・大人・知ったかぶりの芸能人など広範囲に影響を与えようとしているもので、多くの人が祭りの盛り上がりを望むが、解決に尽力する人は皆無である場合がほとんどであり、少数ながら尽力する人には「空気が読めない」という不名誉なレッテルが貼られる。

これの原因となる物は、その社会に普遍的(何処にでも存在する)であったり、なかなか手を出し難い存在(健康おたくムツゴロウ王国・祭りになりそうな悪寒)であったり、古舘伊知郎ですらどうでもいいと思っている事柄が大半を占める。そんなものを無理矢理祭り上げるため、中には自作自演を発見される輩も確認されている。

このほか、複数の民族間(阪神ファン巨人ファン、とんこつラーメン派とみそラーメン派など)で各々の価値観の違いから、双方が問題視しているにも関わらず、なかなか合意点に達せない問題も多い。場合によっては野球の試合や彦麻呂の判定で勝敗をつける事もある。

また人気司会者のみのもんたが、この祭りに燃料投下を行う事もあり、多くの場合フリップと焦らし戦法を用いる。稀に生電話も行うが大抵は途中でCMが入る。

過去の主な社会問題[編集]

太ったおばさん(河原美代子)がラジカセで大音量を流し、引っ越し~引っ越し~と叫びながら布団を叩く問題。愛らしい笑顔が評判で、ネット上には無数のFLASHが出現した。一時期は布団叩きの品切れが続出する騒ぎも。またこれを番組でパロった極楽とんぼの山本が、函館市で未成年に対し何か変な事をやって逮捕されるという二次被害も報告され、流石の萩本欽一も万歳無しに終わった。
  • パロマガス湯沸器問題(結構前)
ガス器具販売大手のパロマ名古屋市)が間に合わせに作った製品を売った上、けっこう軽い気持ちで改造を行い、そんなに真剣に謝らなかった事件。詳細が明らかになるにつれ取締役会を開いていないなど、ずさんな体制も批判されたが、世間のほとんどの中小企業に「取締役会ってやらなきゃいけないんだ」と認知させた功績もある。回収を呼びかけるCMは松下産業のオマージュが評価され、また国中の怒りを買ってから、急に真面目に謝り始めた変わり身の速さは、その後の東横イン事件や米山豪憲くん殺害事件の秋田県警の対応に脈々と受け継がれている。尚パロマの師匠はヒューザーのオジーと噂される。これは改心したパロマから日本国民に向けて送られた真剣なメッセージの映像である。
  • メタボリック・シンドローム問題(継続中)
内臓脂肪動脈がメタル化し丈夫になったり、メタモルフォーゼ!と叫んで変身してしまう状態。
  • 156cm問題(それは言わない約束でしょbyウィキペディア)
ヴォーカリストのhydeによく似た人の身長が156cmだという問題で、ウィキペディア上で比較的大きな祭りが起きた。代表的な4つの意見(150,152,154,156cm)があり真相はつかめないが、157cmに満たないことでは国際的に一致しており、もう156でいいんじゃないか?との意見が多数を占める。

関連項目[編集]


この項目「社会問題」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)