磐田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「磐田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「磐田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「磐田市」の項目を執筆しています。

磐田市(いわたし)は、天竜川共和国浜松県にある市である。

空から見るとでっかい草履のような形をしているが、これは巨人が踏みつけた跡が盛り上がったものとも言われる[要出典]

歴史[編集]

  • ずっと昔 - 現在よりも海岸線が北にあり、現在では磐田市の中心部にあたる地域は沿岸部のゴミ捨て場として使われていた模様。
  • 古墳時代 - 遠江国府ができ、「遠江府中」と呼ばれてこの地方の中心として繁栄していたとか。
  • 戦国時代 - 狸じじい(※当時は中年)が城之崎というところに城を建てるという計画を立てたが、井戸が掘れないという理由であっさりとあきらめてしまう。後年とは違ってなんと粘り強さのないことよ。結局、城はお隣の浜松市に横取りされてしまった。
  • 江戸時代 - 当時安藤広重なる画家が描いた絵によれば、磐田は東西を川に挟まれた砂浜で、住民は船に乗ってベトナム風の笠をかぶりつつ長槍で武装した水兵であったということが見て取れる。
  • 明治時代 - 西洋化ブームに合わせて、総社の西隣りに西洋風学校を建設する。やらまいか精神ここにあり?
  • 昭和時代 - 東の台地にオートバイメーカーであるヤマハ発動機の本社が移転し、のちに世界に誇るメーカーになる。しかし、その母体であるヤマハの本社はやはりお隣の浜松市にあるままである。
  • 平成時代 - 東日本大震災により南部に伝説のビックウェーブが来るかもしれないことがわかったため、一部の人が波待ちに集まってくるようになったという。

地区[編集]

  • 市中心部 - 北部に国府跡と遠江国総社があるが、その周囲には東から天神様、八幡宮、国分寺跡、旧軍駐屯地跡が、北には東名高速道路が境界をなし、また周辺には5つの高等学校が配置されており、国府跡と遠江国総社を皆で守護しつつ再建計画を練っていると言われている。また南部には東海旅客鉄道の駅があり、東西への駅伝ができる。
  • 福田地区 - 磐田市の外港。別名「磐田市のピレウス」。浜の公園で周辺住民が上陸訓練に勤しんでいるらしい。
  • 豊岡地区 - 暴れ川である天竜川と戦っているうちに知恵と根性がついた人たち。東岸には大洪水防止用の堤防が作られている。
  • 竜洋地区 - はるか北にある信濃国から流れくだる木材を受け止める商業港であるが、ふだんは港でレガッタと釣りをしているらしい。2つの大きな橋があり、豊田地区と共に浜松への玄関口としての役割を担っているが存在感は薄い。海沿いではでかい扇風機で台風の力を吸い取ろうと奮闘中。
  • 豊田地区 - 磐田市の副都心地区である。磐田唯一の娯楽施設のららぽーとがある。かつてあった内戦の名残りで国道1号を挟んで市街地が分断されているが、北部の住民は南下政策を採っているとかいないとか。また、磐田市民文化会館がアミューズ豊田の近くにできるらしいという噂が出ているが、現在調査中である。

スポーツ[編集]

サッカーチーム・ジュビロ磐田のお膝元であり、東部台地沿いにスタジアムが存在する。

ご当地グルメ[編集]

  • 磐田カレー
  • おもろ
  • ふぐ

他の市町村からみた磐田[編集]

  • 浜松市
    • 川向こうなんぞに用はない。我々が天下を取るのじゃ! ※アクトタワーのてっぺんから見下ろしながら
  • 掛川市
    • 磐田のみなさーん、新幹線の駅がある掛川に引っ越してきてはいかがですか? ※掛川城の天守閣から見下ろしながら

(袋井市の存在が消えているのは、気にしてはいけない)

これらの発言から磐田は過小評価されていることが分かる。

関連項目[編集]