磁石

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

磁石(じしゃく)とはブラウン管のモニタに近づけて遊ぶおもちゃである。某団体が恐れているスカラー波とはまったく関係がない。

概要[編集]

とても昔に見つけられたものであり、今では生活必需品である。ブラウン管型のモニタに近づけると画面の色が変わってびっくり。大型テレビにやるとそんな知識のない親が本気で怒るので注意が必要。因みに電源切って放置しておくといつか直る。

ほかにも、磁石同士や鉄などをくっつける。
ボールの中の磁石が顔面の鉄分に引き寄せられた例

なお、先に言っておくが液晶テレビプラズマテレビには効果がないので、試してみてがっかりしないこと。

磁石の種類[編集]

磁石にはさまざまな種類がある。

永久磁石
  • フェライト磁石
のサビからできている磁石。メリットは安い、作るの簡単、硬い。デメリットは磁力が弱い、硬いが割れる。フェラチオではない。
  • アルニコ磁石
フェライト磁石に主役を取られたかわいそうな磁石。
  • ネオジム磁石
とっても強い磁石。ストーブに近づけると磁石が壊れる。結構高い。指にはさんで遊んだりもするが、誤って耳たぶや皮を磁石の端っこではさむととても痛い。
電磁石

コイルの電気を流すとできる。ただ、コイルの強力な電流を流すと自分の体がくっつき一生離れない。離してほしければ誰かに泣いて頼むしかない。

人磁石

電気[編集]

磁石は電気を取り出すのにも利用され、コイルを使って電磁誘導をすることによって微弱な発電をすることができる。あと人磁石が成立するのは、強力な磁石は血液中の鉄分にすら反応しくっつけようと磁力が働くためである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「磁石」の項目を執筆しています。