砺波市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「砺波市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「砺波市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「砺波市」の項目を執筆しています。

砺波市(となみし)は、富山県砺波地方の中心都市である。

チューリップ散居村、そして住民がお互いの因縁を晴らすために血で血を洗う「夜高祭」でその名が知られる。「チューリップと散居村」は砺波市を紹介する際の決まり文句となっている。

概要[編集]

富山県の西南部一帯を占める砺波地域の中心地であり、どこぞの会社が毎年発表する「住みよさランキング」では上位に顔を見せているが、このランキングは気候条件を度外視しているため、まったく当てにならない。豪雪地帯なのでこの地に移住するにはそれなりの覚悟が必要である。

この地域の住民は集住を好まず、散居村と称する居住形態をとっている。隣の家が遠く離れており、騒音に煩わせられることがないため、それが住みやすさの理由とされている。

水田の中に家々が孤立しているため、風雪の影響を受けやすく「カイニョ」と呼ばれる屋敷林が欠かせない。カイニョの手入れを怠ったため、強風で飛ばされてしまう古い家も多かったが、現在では頑丈な家が増え、カイニョはただの飾りと化した。

チューリップ[編集]

チューリップの栽培が盛んで、町中チューリップだらけである。市章はお察しの通りチューリップをかたどったものを使用しており、マスコットも当然のようにチューリップの姿をしている。なお、砺波市と合併した庄川町のマスコットはユズの姿をしている。祭りにもチューリップの形をした行燈が登場するなど、市民のチューリップに対する情熱は並々ならぬものがある。

チューリップの球根を食べる習慣があり、球根コロッケ、球根の天ぷら、球根ビスケット、球根パイなどが名物となっている。隣の新潟県でもチューリップを用いた土産菓子が作られているが、チューリップを主食としている地域は砺波の他に存在しない。そんなチューリップも戦時中は敵性作物とされたが、チューリップを主食とする住民は丁重にこれを無視した。

地理[編集]

庄川が流れる砺波平野の真ん中、高岡市の南、金沢市富山市のほぼ中間にあり、大変便利であると宣伝されることが多い。日本海沿岸部が発展している富山県では数少ない内陸の市であり、砺波市発足当時は富山県唯一の内陸の市として珍しがられた。

砺波平野は「散居の里」といわれるだけあって、飛び抜けて大きな市街地や集落が存在しない。砺波市の中心部の出町は砺波平野最大の集落であるが、市街地と呼べる代物ではなく、様々な都市問題も存在しないため、大変住みやすい環境であるといえる。

富山市高岡市魚津市の富山県三大都市に砺波市を加えて富山県四大都市とする意見があるが、砺波市より人口の多い射水市氷見市も似たような主張をしており、知名度の高い黒部市からも異論が出ている。

歴史[編集]

市内東部の般若野は知る人ぞ知る古戦場であり、多くの血が流された歴史をもつ。やがて血を吸った大地から真っ赤な花が咲いたという伝説が生まれた。言うまでもない常識的に考えてその花はチューリップであると考えられている。

砺波市の旧称は「出町」といったが、住民は「いまいちパッとしない」この名前が気に入らなかったらしく「隣の郡にある戸出町京都出町柳と間違えられる」などともっともらしい理由を付けて、「砺波町」と改称した。後に市制を敷き、名実ともに砺波地域の中心地であるという印象を内外に知らしめた。

これに反発した石動町は砺中町と無理矢理合併して小矢部市となり、砺波広域圏から離脱した。砺波地域に二つの市が誕生したことで、それまで都市化に反対していた打杭主義者のドングリたちが妙な期待を抱くようになり、広域圏に綻びが生じた。

平成の大合併では、砺波地域南部の町村が合併し「南砺市」という砺波市のおまけのような名前の市が出来たが、南砺市の市名候補に「となみ野市」があり、一つ間違えば埼玉県富士見市ふじみ野市のような不適切な関係に陥る可能性もあった。現在では長崎県島原市南島原市のような微妙な関係を構築している。

最近の出来事[編集]

例の食中毒事件の影響で、あろうことかチューリップよりユッケの方が有名になった時期があった。まちBBS北陸甲信越板の雪ん子たちの間でも不謹慎厨をはねのけてユッケの話題で持ちきりとなり、「ネタのない街だな」と書かれる一方で、ユッケ事件についての都々逸合戦が始まるなど大いに盛り上がりを見せた。

 砺波ユッケで食べてはみたが
 ユッケの毒であの世逝き。 

 砺波ユッケは安くて美味い
 命をかけるにゃほど遠い。

 砺波ユッケは美味いが怖い
 犬や猫でも見向きせぬ。

 ユッケ食わなきゃ砺波はいいよ
 美人は多いし情けは厚い。 

交通[編集]

JR城端線は市内唯一の鉄道路線であるが、アーバンネットワークの一翼を担う路線でもあるため、北陸新幹線開業後の行く末が気にかかるところである。高岡市との間で呉西地域における新幹線駅争奪戦を展開していたが、力及ばず敗北し新幹線砺波駅は幻に終わった。魚津市から新幹線駅を争奪した黒部市のようにはいかなかった。

北陸自動車道や有名な国道156号が通じているため、広域交通には比較的恵まれており、大変住みやすい環境である。道路地図を開いてみると、市の中心部を取り囲む道路網がチューリップのような形に見える。もちろんこれは綿密に計画されたものであり、目の錯覚気のせいではない。

関連項目[編集]

この項目「砺波市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)