石巻市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石巻市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「石巻市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「石巻市」の項目を執筆しています。

石巻市(いしのまきし)は、宮城県北東部(南三陸地域)に位置する都市である。

破壊神・オクターノル[1]の率いる悪の軍団「ヒメラニアン帝国[2]」の侵略にさらされており、石巻の海を帝国の魔の手から守るため、我らがヒーローシージェッター海斗」は立ち上がったのである。

概要[編集]

宮城県では仙台市に次ぐ都市規模を誇るが、その知名度は仙台と比べて遥かに劣っていることは否めない。「杜の都」に対抗して「水の都」を名乗るが全く浸透しておらず、さらなる知名度向上策が練られている。

宮城県に属することから古くから伊達家の領土だと思われがちだが、平泉遠征から豊臣政府成立までは葛西家東京の葛西が発祥地)の領土であり、この石巻は葛西家の本拠地の一つであった。葛西家の本拠地だった城が石巻城(別名:日和山城)である。葛西家が豊臣秀吉に潰される前には、伊達家は信夫山(福島市)や霊山(伊達市 (福島県))の辺りから米沢にかけての地域を本拠地にしていた。同じく、宮城県でも中村は相馬家の本拠地だったし、古川は大崎家の本拠地であった。

近年では、萬画家石ノ森章太郎が提唱した「マンガッタン計画」によって、北上川の中州の中瀬地区にある造船場に「石ノ森萬画館」という名の巨大な宇宙船が建造され、「いしのまき萬画王国」に仕立て上げられた中瀬地区は一大聖地となったのである。石巻中心街から石ノ森萬画館に通じる「マンガロード」には、アシスタントを総動員して壁画が制作され、巡礼者が絶えない賑やかな光景が広がるようになった。そして仙台と石巻を通ずる仙石線なる鉄道の快速車両には、ロボコンだらけの列車もある。

そんな矢先、世界を汚穢と暗黒で支配しようと目論むヒメラニアン帝国によって、萬画王国はたびたび攻撃を受けるようになったのである。帝国の戦闘員・ミャーガノイドの石巻上陸を阻止するため、全国からヒーローが集結し戦隊が編成され、市街地の至る所にサイボーグロボットが配備され、侵略者に対して目を光らせている。

果たして海斗は悪の軍団を打ち砕くことが出来るのか!?つづきは「シージェッター海斗」の項目にて、乞うご期待!!

地理[編集]

東北最大の流域面積を誇る北上川の河口に発達した港町である。三陸海岸や石巻湾に面する水上交通の要衝である石巻は地政学でいうところのシーパワーに優れているが、対する仙台は強大なランドパワーを有しているほか、仙台の南隣である名取仙台空港の開港によってエアパワーをも手に入れており、石巻は劣勢に立たされている。

また、資源地域である女川は電源三法交付金などの補助金で潤っているために財政破綻状態の石巻市にはなっておらず、「誰が仙台の電気を稼いでいると思ってんだよ!!」という酔っ払いの亭主関白のようなことも言えないのが現状である。さらに、自衛隊基地のある矢本町にも振られる始末。矢本町+鳴瀬町=西石巻市とはならなかったが、松島市の一部のような市名になった旧町民は不満タラタラだった。実はこの市名、将来的には松島の名物を強請りたい市上層部の思惑が見え隠れしており、合併が成功した折には「東」の文字を外す事を前提にしている。

太平洋に伸びる牡鹿半島の周囲には、ショッカーアジトがあるとの疑惑がもたれている金華山や、「猫の島」として知られている田代島がある。田代島は漫画家がデザインした猫の形をしたロッジが建設され「マンガアイランド」と呼ばれるようになった。ロッジは巡礼者の宿として活用されている。

石巻市中心部以東は地盤が固く、2004年に隣町を震源とした宮城県北部地震の翌日は、慌ただしく買い出しに行く矢本町民と「なんでこんなに混んでるの?」と疑問に思った石巻市民で大街道の某スーパーが混み合ったり、あまりの地震のひどさに市外の高校生が部活を休むも市内の高校生や教師は何事もなかったかのように登校し、後日休んだ生徒は休んだ分練習させられたり、といった数多くの茶番をもたらしてきた。

歴史[編集]

石巻の古名は「いしのみなと」と呼ばれ、古代貝塚からは釣針や魚の骨が出土しており、古くから漁業が営まれていたことがうかがえる。「いし」とは古代の王国の名であり、北上川の下流に多くの牧場があったため「いしのまき」と呼ばれるようになったという。現在でも平野部では畜産業が盛んであり、良質なマンガ肉が生産されている。

石巻の北に隣接する佐沼には「石森いしのもり)」という地名が残されており、新田開発が行われる以前の佐沼一帯には、ジャングル都市・仙台を凌駕するほどの大森林が広がっていたと推測されている。

伊達氏による北上川の改修や新田開発が行われて以来、石巻は奥州最大のの積み出し港として急速に発展し、江戸時代には、日本海側酒田とともに奥羽二大貿易港に並び称されるまでになった。今となってはとても信じられないことだが、奥州経済の中心地として栄華を極めたのである。

交通[編集]

古くから水上交通の要衝として栄えた石巻であったが、鉄道が開通すると水運は急速に廃れてしまう。東北の国土軸に位置づけられる東北本線から外れた石巻は鉄道の重要性を痛感させられたのである。その後、小牛田より石巻線が開通するも、半島部ゆえの陸路の不便さを克服することは出来ず、一辺境に落ちぶれることになった。

仙石線では、仙台方面に石巻の名を広めるため、4両編成の列車にそれぞれ「サイボーグ009」・「仮面ライダー」・「ゴレンジャー」・「ロボコン」を描いた「マンガッタンライナー」なるものが走っており、巡礼者に好評である。また、仮面ライダーやロボコンが描かれた「マンガタクシー」をチャーターすることも可能である。

東日本大震災により市内に敷かれたレール何割かが流失したで管理するJR東は「必ず復旧して見せよう」と宣言したが、あまりの被害の酷さから半ば悩んだが、レール0で運行したほうが安上がりになることに気づき、線路跡にアスファルトをザーーーーーと敷き伸ばして、列車とバスを兼ねるDMVを走らせることにした。この復旧方法ならいけると思ったJR東は他の被災路線でもやる予定だという。

名物[編集]

  • 笹かまぼこ
    • 石巻湾一帯は「笹かま漁」が盛んであり、石巻港に水揚げされる笹かまの量は、仙台港や塩竈港を大きく引き離して第一位となっているが、県外では専ら「仙台名物」として宣伝されるため、石巻市民は悔しい思いをしているそうである。
  • たらこ
    • 石巻のたらこ生産量は日本一を誇るが、一般には北海道白老町虎杖浜が最も有名な産地として知られており、石巻市民は悔しい思いを以下略
  • 黄レンジャーのカレー
    • 石巻の新名物の一つであり、萬画王国内でのみ食べることが出来る。巡礼者は必ずこれを食べて帰るといわれているほどの人気を博している。
  • 寿司
  • 牡蠣
牡蠣の養殖法は石巻で開発され、世界中に広まったという。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りである。
太平洋沿岸の都市では随一の焼きそば王国。宮城県内では、石巻と浪江が焼きそばバトルを繰り広げている。
  • ドキュン
    • 海の街らしく、喧嘩っ早いヤンキーが市役所以東の高校で量産される。
    • 仙台市内を暴走していた暴走族をパトカーが「石巻に帰りなさい」と怒鳴りながら追い回していた件は、全宮城県民の間で公然の秘密とされている。
    • マンガタウンの由来はウシジマくんとかエリートヤンキー三郎のコスプレをした奴等がうようよいるためである、
  • 仙台辯
    • 仙台市内では話者が少なくなった仙台辯であるが、石巻ではほとんどの人間が仙台弁を話している。石巻市民が話す言葉を仙台市民は理解出来ない。

脚注[編集]

  1. ^ その正体は明らかでないが、一般にはタコの怪物ではないかといわれている。
  2. ^ ヒラメニアン」に非ず。なお、帝国の戦闘員はヒラメではなくヒトデが変異したものである。

関連項目[編集]


この項目「石巻市」は、執筆者が漫画家だった可能性もありますが、未だネームの段階です。本原稿に仕上げて下さるアシスタントを求めています。 (Portal:スタブ)