石川県立鹿西高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

石川県立鹿西高等学校(いしかわけんりつ ろくせいこうとうがっこう)とは、石川県中能登町に存在する、公立の高等学校であり、中能登町唯一の高等学校である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石川県立鹿西高等学校」の項目を執筆しています。

進学校...?[編集]

鹿西高校はなんちゃって進学校ではあるが、能登地区で唯一の旧制中学校を前身としない進学校である。

だが、旧制中学を前身していないので、周囲からの評価は他の進学校とくらべると低く、入試の倍率が上がろうが、依然として旧制中学と鹿西高校の間には越えられない壁が存在している。

校訓の一つに「躍進」というものがあるが、実際に躍進しているのか、と言われると微妙なところ。鹿西の両サイドには、能登トップ校の七尾高校(旧県立第三中学校・旧制七尾中学校)とそれを追いかけるが、一向に追いつけない永遠のNo.2である羽咋高校(旧制羽咋中学校)が存在しており、本気で上位校進学したい奴はわざわざ何もない鹿西には来ないので、躍進しようにも出来ない。

進学実績[編集]

極稀に、トップ層が旧帝大に進学することもあるが、例年はせいぜい金沢大学どまり。次ぐ上位・中堅グループが新潟大学富山大学などの地方駅弁高崎経済大学都留文科大学などの公立大学推薦で進学することが多い。

国公立合格者は最高で160人中35人程(H21年度卒業生)。例年25人程度だが、年により30人を超える時もある。だが、その大半は推薦による合格者であり、実際に試験を受けて合格する生徒は少ない。

推薦組の割合が高い要因の1つとして、鹿西高校の生徒の実力が挙げられる(二次を突破するだけの力を有していない。)が、最大の要因は評定平均が他校と比べて割合高いからである。それ故、推薦入学を希望して鹿西高校に入学してくる生徒も多い。

国公立と一括りにしてごまかそうとしているが、国立大学進学者はそれほど多くはなく、国立・公立はほぼ同数。年によって公立進学者の方が多い時もある(逆の時もある)。

生徒構成[編集]

七尾・羽咋にいけたにも関わらず、最後に逃げた生徒

星陵高校を落ちたためにレベルを一コ下げざる負えなかった生徒

鹿西・鹿島・鳥屋などの地元の生徒

普通科に進みたかった生徒

弓道に情熱を燃やす女子生徒

推薦による進学希望の生徒

染織に興味をいだいた生徒

地方公務員になりたい生徒

とりあえず、高校に進学した生徒


……等々、鹿西高校に入学する生徒は様々な動機、理由を持って入学しているため、個性的な方々が多い。


だが、本質的に普通な生徒が多いために、周りに流されやすく、また進路に危機があることを知ると受験戦線から離脱し、いち早く専門学校の方へ逃走する生徒が存在する。

鹿高四方山話[編集]

第二情報処理室をつくろうと画策していたが、失敗している。その名残が情報処理室のプレートに残されており、情報処理室と書かれたプレートの下に、うっすらと第一情報処理室とかかれたプレートがあることを確認できる。

鹿西高校は、開校当初からある校舎(A棟)と、定時制(七尾城北高校鹿西分校)が使っていた校舎(B棟)の2つがあり、A棟は主に教室・職員室が、B棟は音楽室や美術室などといった特別教室が多くを占めている。

図書室は、昔、音楽室として使用されていたために、壁が防音使仕様となっている場所がある。