我欲の塊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は石原慎太郎だから。君は間違っていないよ。


Dokuro mark.gif
注意‼:この記事は発狂した利用者により書かれたため、読むと頭が腐ります‼
毛同志認可
造反有理!! 革命無罪!!!

本項の文章と内容は、完全に正しい事実として首都人民政府東京青少年・治安対策本部により認定されており、 全ての首都人民政府東京人民と、首都人民政府東京党員に見せることが認可されています。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は国家反逆罪の対象とされ沖ノ鳥島の労働教化所送りになりますので注意を。

Hali fakinatk.gif この人物は
物や命を大切に扱えません。
Hali atk.gif
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが眞ん中です。
首都人民政府東京の石原慎太郎主席。政治手法は毛嫌いする中共と大同小異であり、すなわち偉大なツンデレである
「都知事閣下のためにもらっといてやる。」
石原慎太郎 について、田中慎弥
「しょせん『猥小矮小ヒトラー』でしかない」
石原慎太郎 について、本多勝一
「前頭葉の退化した60、70の老人に政治を任せる時代は終わったんじゃないですか?」
石原慎太郎 について、お前が言うな
「母親は、子どものオチンチンの成長を讃えよ」
石原慎太郎 について、石原慎太郎
「ヌード画を隠すな」
石原慎太郎 について、石原慎太郎
「本を、読んでよいものとわるいものに分けるな」
石原慎太郎 について、石原慎太郎
「ああいう独裁政権というものは自分を維持するためには仮想の敵を作らなくてはいけない。それが・・ということになっている」
石原慎太郎 について、石原慎太郎
「・・にとって・京五輪は、ヒトラー時代の1936年ベルリン五輪と同じ意義を持つ。ヒトラーは軍事力を背景に示威行動をしたもので、・京も同じ構えを目指している」
石原慎太郎 について、石原慎太郎
「兄貴、もう十分だろ。早くこっちへ来いよ」
石原慎太郎 について、石○裕次郎

障子チンコマンこと石原 慎太郎(いしはら チンたろう、皇紀2592年9月30日 - 2671年1月3日)は永遠の軍國少年で、首都人民政府東京主席。一番多くまばたきをする我欲の塊で、戦後日本の破廉恥性風俗の世代かつ今や老害世代である「太陽族」の旗手でもある。中国に対する普段の激烈な批判とは裏腹に、本音では中国共産党言論統制青少年健全育成政策などの人民統治手法に憧れを抱く、偉大なるツンデレとして知られる。また、作家としての代表作は『スパルタ教育』。皇紀2671年1月2日に、自身の小説の中に登場する非実在青少年に対する猥褻物陳列罪誘拐監禁罪強姦殺人罪などで死刑が確定するも、我欲の塊なのでハンマーで室伏広治に砕かれる予定。

人物[編集]

口では批判しながら内心は「中共命」の娯楽エロ売文家文学者・石原主席

戦後、『太陽の季節』を初めとするエロ・鬼畜レイプ中心の娯楽小説家としてデビュー。陰茎勃起させ、射出した精液で障子を突き破る行為は石原主席の代名詞となった。まだ純朴であった日本の青少年の劣情を呼び起こして『太陽族』なる劣悪世代を作り出し、人材不足からが主演した一連の実写映画に感化された青少年によって強姦事件が相次ぎ、数多くの実在の女性たちが被害に遭ったのは、首都人民政府東京的にはお察し下さい

高度経済成長期に入り、娯楽文化が漫画やテレビのアニメに移って娯楽エロ小説文学の需要がなくなったことから、タレント議員ブームに乗って国政に転身。自身の節操のなさを過激な右翼的発言で誤魔化す手法で生き延びた。皇紀2659年の東京都人民政府主席選挙に当選し、以来3期12年間にわたり首都の政治を牛耳っている。この間、人民政府の名称を文学的に「首都人民政府東京」に改称して世間をあっといわせた。

都主席就任後も中国共産党を敵視する発言を繰り返して支持率の維持に努め、四男の検閲により削除だとか、糞銀行検閲により削除などの問題もはねのけて4選を果たした。しかし主席の政治手法を見れば、中共にべたぼれのツンデレさんであることは国際的に周知の事実であり、皇紀2670年に発生したウィキリークスによる米公電流出事件でも、米政府が同様の評価を下していることが確認された。

最近は漫画アニメ限定の規制条例の提出など、傘寿を目前にして老害によって脳が検閲により削除したと思われる行動が相次いでおり、ますます首都の中お察し下さい化に磨きをかけていた。また、小田急電鉄のドラえもんラッピング電車が気に食わないので、でたらめな条例をでっち上げて、小田急を脅し、わずか二ヶ月間で運行をやめさせることで、子供たちと、一部の善良な鉄道教信者の夢をぶち壊した事は、記憶に新しい。しかし、小田急もしぶとく、2012年7月からこの電車の運行を再開させる事に決めた。独裁者でさえ子供の夢を壊す事はできなかったのである。


石原ざまあ


またチック持ちである。記者会見で気に入らない事を突っ込まれるとまばたきが収まらなくなる。

晩年はFBIという言葉を聴いただけで体調を崩すなど、作家出身だけに大変センシティブな人物であった。

好きな鳥はオウムで嫌いな鳥はカナリア。

石原主席の中共愛あふれる政治実績[編集]

漫画アニメ表現規制[編集]

自ら汚らわしい小説を書いたことを忘れ、汚らわしいとされるマンガやアニメに対し怒り狂う石原慎太郎。

Ishihara oubou.jpg

東京(トンキン)の風物詩、首都人民政府東京青少年・治安対策本部(通称:石原軍団)の日常業務風景

姉妹都市である北京市に憧れて首都浄化を目指したこの偉業は、のちに「第二次トンキン文化大革命」として語り伝えられている。

屈折した「中共LOVE」の強い想いを抱く石原主席は、自らが中華人民共和国公安部にならって設置した首都人民政府東京の青少年・治安対策本部に命じ、皇紀2670年、各種メディアを管理下に置く高度な青少年の健全育成政策を実現している北京政府を手本に、まったく同じキャッチフレーズを掲げて条例の整備に着手した。

そして江戸時代に絶えた踏み絵という無形民俗文化財により、証拠集めなどの非効率な作業を行わずに検挙者数を稼ぐことのできる伝統の職人技をよみがえらせた鹿児島人民警察の元総警監によって、氾濫する鬼畜AVや現実の子どもたちの被害はそっちのけに、行政権力が空想上の犯罪から印刷物やモニター上の二次元少年少女を保護する次元の壁を越えた画期的条例案をまとめ、全東京都人民代議員大会(通称:都議会)に提出した。

主席は加えて、名作『完全な遊戯』などの鬼畜レイプ小説を数多く執筆した主席自身と、『西部警察』などの殺人爆破ドラマが生命線である主席の親族企業、石原プロに関わる部分に限り対象から外すという表現者らしい慈愛に満ちた粋な計らいを見せ、人民たちを感嘆させた。全東京都人民代議員大会では赤旗がたなびく中、人民代議員たちが起立し、涙を流しながら主席に万雷の拍手を送って条例は成立。練度の高いオタクでさえ困難な検閲により削除行為が公的な行政業務となり、「さすがJAPは予想の斜め上を行くやつらだ」と世界のオタクをうならせた。

主席が己の歪んだ愛情を一方的に注ぐ中国共産党ですら舌を巻く柔軟な立法姿勢であることから、条例によって実情に即した中国共産党的な青少年健全育成施策が期待されており、検閲により削除半島系新興宗教団体や自称保護者団体などが手ぐすねを引いてお察し下さい 条例成立直前にアンサイクロペディア管理者がこのページから慌てて塩爺の語録を検閲により削除したのもお察し下さい

石原主席はこれを皮切りに青少年・治安対策本部を紅衛兵本部に再編し、役人が都民に対して「俺がルールブックだ」と宣言すれば、根拠なくその場の独断で全てを処理できる「中華的人治政治」を導入して行政を効率化し、首都を浄化なさるお考えであった。そして首都の呼称を「東京(トンキン)」に改めることが主席様の検閲により削除だったという。

2011年3月12日に石原オンリーイベント二次元の季節』がアンチ石原の手によって開催される運びとなった。イベント最大の目玉は石原の著書100万冊焚書ファイヤーである……が、東北関東大震災により中止された。

日本語改革[編集]

石原主席は、文学者としての自らのすぐれた言語感覚を生かし、愛する日本語の改革に着手した。主席が手がけた銀行や大学が「新銀行東京(しんぎんこうトンキン)」とか「首都大学東京(しゅとだいがくトンキン)」などと命名されたのはその手始めである。言語に手を入れようとしたのは、もちろん石原主席が密かに耽溺する中国共産党の歴史的偉業「文化大革命」の再現を夢見たからである。しかし主席の人民愛にあふれた明晰な感覚が理解できない帝国主義的反動保守層の抵抗により、改革はこの2例のみで頓挫した。この主席の偉業は現在「第一次トンキン文化大革命」として知られる。以下に実行できずに終わった主な改革案を列挙する。

改革の俎上に上がらなかったもの

オリンピックの東京開催が実現した場合、主席は「オリンピック東京」と言い出すに違いないと期待されていた。

オリンピック招致[編集]

石原主席はある日、「次(2016年)のオリンピック開催地に立候補しよう!」と言い出した。それを聞いた東京都職員は、「わあ、それはいいアイディアですね! ぜひ、東京に招致しましょう!」と、大賛成。「環境五輪」という、とってつけたような安直なテーマを掲げる。本当に環境のことを考えるなら、そもそもオリンピックを開催しない方がいいと思うんだが。同じく立候補してきた福岡市検閲により削除して蹴り落とし、いざ選考へ。

結果はご存知の通り、リオデジャネイロでの開催が決定。落選の理由はお察し下さい。 開催地を知った主席は「リオでジャネイだロ! 東京だろ!」と猛烈な勢いでまばたきしつつ怒ったらしい。「得票数ではシカゴに勝った」と自分を慰めているそうな。この事態に主席は、国内選考で福岡を検閲により削除で蹴落としたことなど無かったことのように、「検閲により削除でも渡したんじゃねえの」と発言、敗因が自身にあることを文学者らしく工夫を凝らした表現で示した。果ては「ブラジルが裏工作したに違いない」とまで言い出し、国際問題一歩手前にした。

石原主席は帰国後、招致活動に投入された150億円の使い道について、「監査を入れて、(使途が)妥当だったかどうか、都民の目に明らかにすることが最低限の責任だ」と語った。文学者らしい表現である。さらに、「赤字分はJOCに負担させる」と発言。東京人民諸君安心したまえ。君たちの血税を主席様が無駄遣いするはずは無かろう……多分。え、もう無駄遣いされてるって? 東京人民諸君、君たちが選んだんだから仕方なかろう。電通に作らせた1分あたり1億のPVも負の遺産として東京都民は福利の一部として享受すべきであろう。近代美術館の映像ライブラリーにアーカイブされる作品として相応しいと言わねばなるまい。その内容は投資額に相応しく電通内部でも検閲により削除と評判が高い。

また主席はオリンピック招致に絡み、「築地の魚市場は汚ぇから豊洲に移す。跡地はオリンピックのメディアセンターにする」と妄想構想をぶち上げていたが、招致失敗で移転の必要がなくなった上、移転予定先の土壌からはシャレにならないほど汚ぇものが見つかってしまった。にも関わらず主席は2020年オリンピックへの再度の立候補をめざし、築地市場の移転も強行する方針である。人民の声を聞かないこのゴリ押しぶりは当然のことながら、主席のねじくれたリビドーの対象である愛しき中共政府にならったものである。

国内からヒロシマという新たなライバルが登場したが、もちろん検閲により削除する予定であったという。秋葉市長からインパクトの薄い市長に交代し、招致の話は検閲により削除によって立ち消え寸前である。知事は育児に理解度が高く育児休暇を順調に取得。しかし招致には消極的。さらにその後の新浜県新浜市との共同開催については前向きである。

ミレナリオ東京[編集]

石原主席は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と震災からの復興を祈念し、毎年12月に開催されている神戸ルミナリエの盛況をうらやみ、皇紀2659年(西暦1999年)に自ら実行委員会特別名誉顧問に就任して東京ミレナリオを開いた。「ミレナリオ」とは、ちょうど皇紀2660年(西暦2000年)前後にあちこちで聞かれた「ミレニアム」をもじったもので、実態は金に飽かせて見かけだけを猿まねしただけという、主席が屈折した愛を抱く中国大陸の公司お得意の劣化コピーパクリ商品と同レベルのイベントであった。

当然ながら被災の痛みを抱く神戸市民から大いなる反感を買い、日本国民全体からも東京人民の節操のなさと心なさの現れだと嘲笑侮蔑の対象となった。さらに皇紀2660年(西暦2000年)を過ぎると「ミレニアム」の言葉が急速に色褪せてしまったため、さすがの主席も恥ずかしくなったのか、東京駅丸の内口の工事を口実に7年間で開催を打ち切った。

立ち枯れ日本[編集]

谷垣自民党が嫌になった人達が作った、基本政策が自民党と大差ない新党が発足。この新党結成にも石原主席が一役買い、センス皆無の党名も娯楽エロ売文家文学者・石原主席の麗しき命名であった。

しかし同党はいわゆる中堅・若手も、目玉となりそうな人物もおらず、立ち上がるどころか検閲により削除くなったようなベテランばかり、しかもたった5名での船出である。このことについて石原主席は「年寄りをなめるな」と吠えたが、いずれ頭を下げ自民へ戻るか引退するかのどちらかであろう事は明白であり、主席様にとってはお戯れのひとつであった。

石原主席の国政復帰を機に新党「太陽の党」を立ち上げたがメンバーは立ち枯れ日本とまったく同じ、若々しいパワーを補う必要に迫られ発足3日後に大阪維新の会と合併した。衆院選で初当選した若い議員たちを洗脳して日本維新の会の立ち枯れ化に成功したものの、制御が効かなくなり橋下徹が性犯罪防止策として在日米軍に買春を推奨するなど暴走をはじめ社会問題化して収拾がつかなくなってしまった。

天罰対応[編集]

東日本大震災により、福島第一原発がメルトダウンを起こし、石原都知事とシーシェパード代表ポール・ワトソンが意図する通りの天罰が起き、大喜びもつかの間、電気が足りなくなる事態になる。まずは花見を規制した。都内数ヶ所の公園に花見を行わないようにと都民に強制する看板が立てられ、こちらは実行されたが。その後、パチンコ屋と自動販売機の規制を口にしたものの、メディア規制のように言う事を聞かせる事もままならず、実効性が皆無となってしまう。そして、最後に東京湾に天然ガス(石原家と石原プロから提供された屁)による火力発電所を建造し、足りない電力を自家発電する事を発表した。 これからは自分ともども津波をうまく利用して洗い流す方針である。

尖閣諸島の購入[編集]

日本の領土はこの石原が守る!ということで尖閣諸島の購入に踏み切った石原都知事。しかし彼によって尖閣が要塞化され、勝手に宣戦布告して紛争をひき起こし、核の飛び交う第三次世界大戦に発展させ文明を破壊、石と棒切れで戦うことになった人類を統べる絶対的存在として君臨することを目論んでいるのは誰の目から見ても明らかであった。日本政府は石原都知事の野望を打ち砕き、国是である事なかれ主義へと回帰するために尖閣諸島の国有化を決定。そのころ中国政府上層部は、政権移行を間近に控え血で血を洗う権力闘争に明け暮れていた。尖閣国有化を受けた彼らは、誰が一番クールな反日であるかを決めるために反日武闘会の開催を秘密裏に決定。人民を使った略奪や放火、ペットボトル投げなどの種目が競われ、その標的となった日本企業は大損害をこうむった。これに対し石原都知事は「経済利益を失ったっていい。あの国の属国になることの方が、私はよっぽど嫌だね」と発言。以前から発露していた公私混同の姿勢を明確にすると共に、さらなる問題行動への意欲をにじませた。

宣戦布告[編集]

野望を問われ「支那戦争して勝つこと」と明言し勝利

エピソード[編集]

まばたき界のカリスマ[編集]

石原主席はまばたき界のカリスマである。

石原主席はまばたきを発明した人物である。つくる会教科書と産経新聞を読む際には、毎秒50回の高速まばたきで空中浮遊しそうになる。副業は「まばたきをする人」。毎日各地で「まばたきライブ」を行っている。現在、一日の世界中の人々のまばたき消費量の70%は、石原主席によるものである。

言動が物議を醸すこともしばしばであるが、全ては激しいまばたきによって世界の半分が見えないことに起因している。オリンピック招致のねらいとして、現在の正常なオリンピックから、まばたきの回数で勝ち負けを競う「まばたきオリンピック」に変える企てがあったことが明らかになっており、「招致が成功すれば、主席が参加することで金メダルを得ることは確実だった」と首都人民政府東京の幹部は振り返っている。

彼のまばたきの凄まじさを物語るエピソードとして、次のようなものがある。

  • まばたきで、飛んでいる虫を墜とした。
  • まばたきで、飛んでいる鳥も落とした。
  • まばたきで、飛んでいる飛行機も落とした。
  • まばたきで、飛んでいるテポドンも落とした。
  • まばたきで、実はアメリカにモールス信号を送っている。
  • まばたきで、クンニがわりに女をイカせる事ができる。
  • まばたきで、400億の資金を追加出資させた。
  • まばたきで、日本一警察官が多い空港まであやしいパンダ某社のチューブ歯磨を延長&勝手に競合相手を作った。
  • まばたきで、日本のアニメと漫画を封殺した。

まばたきのため、目を閉じる必要が無い。

[編集]

強面の人柄とは裏腹に、強い家族愛の持ち主である。これは主席が偏執的に傾倒する中華大陸の気質である「身内に甘く他人に厳しい」スタンスを受け継いだものである。特に末っ子の四男を溺愛しており検閲により削除。また、愛を人々に強制的に押し付ける中共的恐怖政治を行っていることでも有名である。公共の電波に乗せて「人を愛したこともない奴は死んだ方がいい」と発言し、一部の支持者が敵にまわることになった。

カウンター罠発動!天罰[編集]

死者・行方不明者合わせて2万人近くになる尊い命が失われた東北関東大震災に対して、主席は「津波は天罰。日本人はこれを活用し我欲と心の垢を洗い落とすべき」と言い放った。主席自ら罠カード激流葬を使った可能性がある。その後蓮舫から「被災者の皆様のことを考えても、正直理解できない」と神の宣告を受け、長渕剛からは「ふざけるな!東北の人々がどんな悪い事をした!」と罵倒されたが、魔宮の賄賂を使ったためか政治生命を危ぶまれることもなく、性懲りもなく自分の歳も八十に近いのに、「前頭葉の退化した六十、七十の老人に政治を任せる時代は終わったんじゃないですか」と過去に言っていたくせに、震災後の都知事選に出馬し、弟、石原裕次郎をいまだに慕っている高齢者の方の多くの支持で当選した。その後、(ってか都知事の仕事って、そんなに暇か?最近、『対岸の火事』みたいで偉そうに、国政の話しか話さないけれど)「新・堕落論―我欲と天罰 」という本を著した。と、いっても著者以外の全日本人の我欲をかき集めても比べものにはならないほど、著者一人の我欲はとても巨大なで、その分著者に天変地異なみのレベルで天罰が下るだろう。その時周りのみんなは、天罰のとばっちりに注意!!

華麗なる出馬表明[編集]

「辞める?」っていうと、「辞める」っていう。

「次はやらない?」っていうと、「次はやらない」っていう。

「考えてる?」っていうと、「考えてる」っていう。

そうして、後で震災が起きて、

「次もやる?」っていうと、「次もやる」っていう。

こだまでしょうか?いいえ、出馬表明です。

―しかし2012年10月下旬、正式に4期目中途での辞任と国政転身を宣言。

そして2年後の2014年12月、再び喧嘩別れして作った新党「次世代の党」から総選挙に出馬するが……。

結局のところ[編集]

政策はことごとく中共化しているということです。

また、この手の人間に限り、無駄に長生きして、最期は畳の上で安穏として死ぬ。世の中のクソッタレな宿命である。

宣戦布告[編集]

支那戦争して勝つ」と明言

受賞歴[編集]

主席に対するおもな反逆者[編集]

Uncyclopediaは弱者の味方なので、ここに名前を書けません。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石原慎太郎」の項目を執筆しています。

中国共産党そっくりの政治手法を取るツンデレさん仲間

外部リンク[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!