石勝線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

石勝線(せきしょうせん)とは、JR北海道が運営する日本唯一の非電化新幹線である。最高速度は時速120km/hで途中には人家は皆無。なおかつ運行される列車はと言えば特急列車のみしかないので実態は新幹線といってもほぼ差し支えない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石勝線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「石勝線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

元々は平凡な運炭鉄道から始まったが、時を同じくして当時の鉄道省は札幌釧路を短時間で結ぶ弾丸列車構想を打ち出した。そこで鉄道省はこの運炭鉄道に目を付け強引に接収し夕張線として開業させた。そしてこのまま弾丸列車として道東方面に線路を造ろうとするも当時の技術では日高山脈を貫く工事は不可能だった。時は流れ戦後昭和30年代、長らく止まっていた石勝線に光が差し込んだのだった。先に開業させた運炭鉄道を廃止して新たに非電化の新幹線を造ろうとしたのである。かくして工事は開始され、1980年に興浜線美幸線に死刑判決が下されてもこの路線のみは黙々と工事が続けられて、1981年についに日本でも先例を見ない非電化の新幹線が開通したのである。

一応狭軌かつ非電化の新幹線であるためトンネルや橋梁も多いのが特徴である。また駅はないにせよ信号場が多いので複線化が望まれている。1986年には信号場を一か所廃止したうえで所要時間の短縮を図ったのだろうが全く効果はなかったのは公然の秘密である。

[編集]

北海道の鉄道といえば、営業不振なことで有名だが、石勝線自体は釧路や帯広といった、そこそこ規模は大きいが交通に不便な都市を救済するという需要があったことと、新幹線というスペックをいかし、道内3位の輸送力を誇ったため、比較的安泰なほうである。しかし、駅の廃止が相次いだため、駅間が20~30kmを超える区間もざらに存在する。もっとも、駅間20~30kmという距離は他の新幹線も同様なので、当たり前だろうという指摘もある。そのため、特急券無しで乗車できる区間を設けているのもこの路線の特徴である。[1]

車両たち[編集]

キハ283
最高速度110km/hで走る北海道唯一にして日本唯一の新幹線気動車。近々ソドー島へ輸出されスペンサーを置き換える予定。
キハ261-5000番台
期待の新人。最高速度は120km/hだが、停車駅が多い運用に入る。「こだま」的扱いである。
キハ183
初代気動車新幹線。最高速度は120km/hだが、22歳の若さで引退。
キハ22
各駅停車専用車両。最高速度は95km/h。追放され廃車となり特急しか走らなくなってしまった。さようなら。

脚注[編集]

  1. ^ 同じような状況の路線に博多南線があげられる。しかし、この路線は運賃に特急料金が含まれているため、厳密には区分が異なる。

関連項目[編集]