出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

(いし) は、などの性質を兼ね備えた、万物の根源である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

火としての性質[編集]

石が火としての性質を発揮している様子。

石は、高熱を放ち触れるものを焼き焦がす、火としての性質を有している。

石に火の性質があることは、火山から噴出する高熱のマグマが固まって石になることからも明らかである。

石焼き芋石焼ビビンバ瓦そばなどは、石の火としての性質を産業に活用したものである。

「炻」という漢字が存在する。

水としての性質[編集]

「流れに枕し石に嗽(くちすす)ぐ」という言葉があるように、石は水としての性質も有しており、石を使って口をすすぐこともできる。

また、石油と呼ばれる液体も、石が水としての性質を現した一態様である。

なお、龍安寺石庭は石を使って水の流れを表したものであるとしばしば誤解されるが、石そのものが水なのであるから、単に水で水を表したものに過ぎない。

「沰」という漢字が存在する。

木としての性質[編集]

太古の地層から化石化した樹木が発見されることがある。

質量保存の法則により、元の樹木と化石化した樹木とは同一といえる。ここから、石には木としての性質もあることがわかる。

つまらない物や人物をさす「木石」という言葉も、木と石とが同じものであることを示したものである。

「柘」という漢字が存在する。

金としての性質[編集]

石は、金としての性質も有している。

そもそもは非常に固く、それ自体が石と同様の性質を持つものといえる。

さらに、原始人は切り出した石をとして使用していた。また、鉱物や宝石と呼ばれる石は、売ればになることが知られている。

「鉐」という漢字が存在する。

石化した人間。石は人としての性質も持っているのか?

その他の性質[編集]

石をめぐっては次のような現象があることもよく知られている。これらの現象からは、石が火、水、木、金以外の性質も有していることが推測される。今後の研究が待たれるところである。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第20回執筆コンテストに出品されました。