短足

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情乳酸菌が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

短足(たんそく)とは、体格に比して大腸小腸が発達している状態を指す言葉である。

こうした人々は栄養吸収の効率が良く、結果として燃費の良い体質となる。従って「短足」とは本来は褒め言葉であるはずなのだが、何故か悪口として扱われる。内蔵が発達していて何が悪いのであろうか。不思議な現象であるが、その理由については様々な説があり、意見は一致していない。

また、差別用語として扱われているので注意すること。そのようになるまでに様々な経緯があるが、それらについてはお察し下さい

短足の基準[編集]

ここで問題になるのが、どの程度短ければ短足であるという事なのだが、基本的に発言者側から見て少しでも短ければ短足と言って差し支えない物と考えられる。

なので、子供は短足であるし成人男性から見れば多くの女性もまた短足である。と言うより地球人類全てが短足であるとも考えられるが、その場合、少なくとも一人は短足と呼ばれない者が存在できる。それは間違ってもhydeでは無い。有力候補としてダルシムが挙げられるが、ウルトラマンの足の長さまで伸ばせるかは不明である上、彼ら巨人の足の長さも定かでは無い上に、ウルトラマンダルシムも人間では無い。(差別表現の可能性があります)

困惑する状況[編集]

ここで、短足と呼ばれて困る状況をピックアップしてみた。

  • 電車内等で隣に座った人に、突然「短足!」と呼びかけられた場合。
  • 水着など体のラインがよくわかる服装でいるときに、突然「短足!」と呼びかけられた場合。
  • 風俗で、立ち素股をした場合に、相手の風俗女に対して、上からキスをしているにも関わらず(背が自分の方が高い)、突然「短足!」と呼びかけられた場合。
  • 自分より背の低い友人から借りたズボンのサイズがぴったりであることに気づいた瞬間、「短足!」と呼びかけられた場合。
  • 自分より背の低い相手から、電気アンマを受け、その電気アンマのスタイルが、自分の足を腰の方に引っぱりながら行うものでなく、相手の股間に片足を引きつけながら、相手が自分の股間を足で振動させるスタイルの場合に、突然「短足!」と呼びかけられた場合。

どの場合も、「短足!」と言ったほうは悪口のつもりだと考えられるので注意が必要である。その意味では、以上の状況は足の長さに関係なく呼んだ方も呼ばれた方も気まずい思いをする事間違い無い。

こうした差別発言は周囲の目も引きつけてしまうので、軽率に使うべきでは無いし何よりお互いの関係が悪化する原因にもなるので、なるべく周囲に誰もいない環境で使うよう心がけたい。

関連項目[編集]